LINEMO
povo 2.0は違約金や解約手数料・契約解除料はある?のサムネイル画像

povo 2.0は違約金や解約手数料・契約解除料はある?

auから新プラン「povo2.0」が登場!

auのオンライン専用ブランドから新プラン「povo2.0」の提供が告知されました。

基本料金0円のベースプランにデータ、通話、コンテンツをトッピングして利用するプランで、2021年9月下旬から受付開始予定です。

先行して提供されている「povo1.0」よりもさらに格安なので、注目を集めています。

しかし、従来のプランと異なる点が多いので、契約前に内容をしっかりと確認しておきましょう。

解約するときに違約金はかかる?

povo2.0は低価格なのが魅力ですが、その代わりに解約時に違約金が発生するといったことがあるのかどうか、気になりますよね。

この記事では、povo2.0では契約解除料や解約手数料がかかるのか解説します。

povo2.0は契約解除料や解約手数料はかかる?

povo2.0の契約解除料や解約手数料についての詳細は、今のところ発表されていません。

povo1.0・povo2.0の手数料や契約解除料について、現段階でわかっていることをご紹介します。

auからpovo1.0への乗り換えは契約解除料や手数料がかからない

auからpovo1.0への乗り換え時には、下記の料金が一切かかりません。

  • 違約金(契約解除料)
  • 契約事務手数料
  • MNP・プラン変更手数料

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povo公式サイトを見る

povo1.0からpovo2.0に移行した場合は契約解除料がかからない

povo1.0からpovo2.0に移行した場合、契約解除料はかからないことが発表されています。

povo2.0のリリースと同時にpovo1.0の新規受付は終了します。

そのため「もう一度povo1.0に戻りたい」と思っても不可能なので、povo1.0〜povo2.0間の移行の際は注意してください。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povo公式サイトを見る

トッピングなしで利用し続けると手数料がかかる可能性がある!

povo2.0は基本料金0円ですが、トッピングなしのまま0円で使い続けることはできません。

最後に購入した有料トッピングの有効期限の翌日から180日間トッピングの購入などがない場合、利用停止や契約解除となる可能性や、手数料がかかる場合もあるようです。

手数料の詳細については今後新しく発表される可能性があるので、続報を待ちましょう。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povo公式サイトを見る

3GBで月額990円!ソフトバンクのLINEMOもおすすめ!【PR】

  • LINEMOミニプランも登場!なんと3GBで月額990円(税込)!
  • 20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!
    ※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。
  • LINEMOはLINEアプリの通話やメッセージが通信量にカウントされないからオトク!

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

Follow

フォローして情報を受け取る

Featured

注目の記事