LINEMO
povo 2.0で通話定額かけ放題トッピングでアプリは必要?電話に専用アプリは不要?のサムネイル画像

povo 2.0で通話定額かけ放題トッピングでアプリは必要?電話に専用アプリは不要?

povo 2.0で通話定額かけ放題トッピングでアプリは必要?

povo 2.0は基本料金0円で必要なオプションを必要な時だけ付ける「トッピング方式」が話題の新プランです。

3大キャリアから登場したサブブランドは全て20GBプランでスタートしましたが、povo 2.0は6種類のデータ容量と2種類の通話オプションを選択できるプランを開始しました。

通話オプションを選ぶ基準として「アプリ経由で発信しなければならないのか?」は重要なポイントで、povo 2.0はアプリを使わずに電話をかけられるのか、気になっている人も多いのではないでしょうか?

今回の記事ではpovo 2.0の通話定額かけ放題トッピングは、別アプリが必要なのかを解説しています。

電話をかける機会が多くかけ放題プランを検討している人は、参考にしてみてください。

povo 2.0で通話定額かけ放題トッピングでアプリは不要です!

かけ放題オプションがある事業者のほとんどは通話用のアプリを経由して発信をしなければなりませんが、povo 2.0では専用アプリを使う必要はなくいつも通りの操作でかけ放題になります。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povo公式サイトを見る

かけ放題に専用アプリはなぜ必要?

電話機能を使用する時に専用アプリが必要な事業者と不要なところがありますが、その違いは中継電話という仕組みを使って電話を繋いでいるどうかです。

中継電話とは、事業者ごとに決められた「プレフィックス」という番号を頭につけたりアプリ経由で発信すると、中継電話を通って電話がつながる仕組みで、主に自社で回線を持たない格安SIM(MVNO)で採用されています。

この仕組みを使って電話機能を設定している事業者は、通話料を独自で設定できるためかけ放題や通常より安い通話料を設定することができます。

povo 2.0はau回線を持っているため、専用アプリを使わずにかけ放題や通話料割引サービスを提供することができるのです。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povo公式サイトを見る

povo 2.0で通話定額かけ放題のメリットは?

通話品質が落ちない

専用アプリを使った通話(中継電話)は、通常の電話よりも品質が落ちてしまいます。

中継電話は電話回線を使っているのでLINEやSkypeのようなインターネット回線を使ったIP電話よりも品質は高いですが、通常の電話よりは劣ります。

povo 2.0はau回線を使っているので、安定した高品質な通話を楽しむことができるのです。

アプリを立ち上げる手間がかからない

電話をかけるときに別アプリを起動させるのは、ほんのちょっとの手間ですが毎回となるとめんどうですよね。

うっかり通常アプリから発信してしまうと、せっかく通話オプションに加入していても割引やかけ放題の対象外となってしまい、後から想定外の料金が請求されてしまいます。

povo 2.0ならいつもと同じ操作で電話をかければ良いので、よけいな手間がかかりません。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povo公式サイトを見る

povo 2.0で通話定額かけ放題のデリットは?

料金が高い

povo 2.0のかけ放題トッピングは、他の事業者と同等か少々高い金額設定です。

他社かけ放題プラン料金比較

  • ahamo:1,100円(税込)
  • LINEMO:1,650円(税込)
  • povo:1,650円(税込)
  • UQモバイル:1,870円(税込)
  • Yモバイル:1,870円(税込)
  • OCNモバイル:1,430円(税込)

「業界最安値」ではありませんが、通話品質とのバランスを考えると高額とまではいかない金額でしょう。

専用アプリを使わない3大キャリアで比較すると、LINEMOとは同等ですがahamoよりは高くなってしまいます。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povo公式サイトを見る

povo 2.0で通話定額かけ放題は付けるべき?

povo 2.0のかけ放題は、1,650円(税込)/月で国内通話が24時間かけ放題になるプランです。

毎月どのような使い方をする人がお得になるのか、シミュレーションしてみましょう。

かけ放題トッピングを付けない場合の通話料金は30秒/22円(税込)なので、37分30秒以上通話するという人はかけ放題を付けた方がお得です。

povo 2.0 20GB:2,700円+かけ放題トッピング:1,650円=月額:4,350円

povo 2.0には5分以内のかけ放題も選べる

かけ放題トッピングを付けるほど通話はしないけれど、ちょっとした電話をかける機会が多い人は5分以内かけ放題のトッピングはいかがでしょうか?

povo 2.0は完全かけ放題の他に550円(税込)で5分以内かけ放題の2種類のトッピングがあるので、以下のような使い方をする人は5分以内かけ放題オプションがおすすめです。

  1. お店や会社など、5分以内の通話が月に12回以上ある人
  2. 5分を超える通話になりそうなとき、1度切ってかけ直しができる人

 5分以内の通話であれば回数は決まりはないので、家族や友人など親しい間柄であれば5分を超えそうになったらかけ直すという方法もあります。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povo公式サイトを見る

povo 2.0で通話定額は対象外の通話もあり

かけ放題トッピングを付けても、すべての通話が無料になるわけではなく一部対象とならない通話があるので事前に確認しておきましょう。

かけ放題対象外通話一覧

  • 海外での発着信
  • 104(番号案内)
  • 0570(ナビダイヤル)0180(テレドーム)
  • 188特番(消費者ホットラインへつながる番号)

上記の番号にかけた場合は通常の通話料30秒/22円がかかり、かけ放題の対象外なので注意が必要です。

SMSは文字数に応じた送信料

SMS(ショートメッセージサービス)は電話番号を使って670文字まで(機種によって相違)メッセージを送ることができます。

Eメールのようにパケットを使わず電話番号を使って送受信しますが、通話ではないのでかけ放題の対象にはなりません。

SMS送信料※受信は無料

  • 70文字:3.3円
  • 71 ~ 134文字:6.6円
  • 135 ~ 201文字:9.9円
  • 202 ~ 268文字:13.2円
  • 269 ~ 335文字:16.5円
  • 336 ~ 402文字:19.8円
  • 403 ~ 469文字:23.1円
  • 470 ~ 536文字:26.4円
  • 537 ~ 603文字:29.7円
  • 604 ~ 670文字まで:33円

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povo公式サイトを見る

かけ放題を付けなくても無料で通話ができる?

「通話する人はほとんど決まっている」という人は、通話アプリを使って無料でかけ放題にすることができます。

通話アプリを使えば、電話番号やIDを使って24時間通話やチャットが無料です。

家族や同一グループでなくてもやり取りは全て無料のコミュニケーションツールなので、上手く使えば月々の料金を安く抑えることができるでしょう。

かけ放題アプリ1:LINE

LINEは無料のコミュニケーションツールの中では最もユーザー数が多く、お店や公共機関でも取り入れられているため、無料通話を使える場面が多いアプリです。

LINE同士の音声通話やビデオ通話、チャット機能など全て無料でやり取りすることができるので、通常の電話は全く使わないという人もいます。

LINE Out(ラインアウト)を使えば、固定電話やガラケーなどLINEアプリをインストールしていない人にも格安料金で通話可能です。

かけ放題アプリ1:Skype

無料通話アプリとしては歴史は古く、マイクロソフトが提供しているのでWindowsパソコンには標準でインストールされているアプリです。

PCユーザーから広まり、今ではスマホ用のアプリを使って電話をしたり会議やプレゼンテーション、オンライン英会話など幅広い用途で使われています。

かけ放題アプリ1:Zoom

ZoomはWeb会議システムとして広がっていましたが、コロナ禍でも遠隔で友達同士のコミュニケーションを取れるツールとして急速に利用者が増えたツールです。

グループチャットやビデオチャットなど、ビジネスからプライベートまで幅広く利用できます。

無料版と有料版があり同時接続できる人数が異なりますが、単なる電話として使うのであれば無料版で十分活用できます。

無料アプリはネット回線を利用した通話

無料アプリは通話料はかかりませんが、通信料は発生するので厳密にいうと無料ではなく、LINEの場合音声通話で18MB/1時間、ビデオ通話なら307MB/1時間のデータ通信量が発生します。

また、インターネット回線を使ったIP電話なので、音声品質はpovo 2.0より劣ります。

通話品質の高さを求める人は、かけ放題トッピングを付けた方が安心です。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povo公式サイトを見る

povo 2.0通話定額かけ放題トッピングはアプリ不要で月額1,650円

povo 2.0のかけ放題トッピングは、月額1,650円で国内通話であれば無料で楽しむことができます。

アプリを立ち上げず通常の操作で発信でき、au回線を使用しているので安定した通話品質を保つことができます。

  • 月に37分30秒以上通話するならかけ放題トッピングがおすすめ
  • 5分以内の通話が月に12回以上あるなら5分以内かけ放題トッピングがおすすめ

また、トッピングを付けなくても無料の通話アプリをインストールすればかけ放題で通話できるので、まずはインストールしておきましょう。

アプリを必要とする格安SIMや無料アプリを使った通話は料金面ではお得ですが、通話品質を考えるとpovo 2.0のかけ放題トッピングが圧倒的にメリットがあります。

通話時間を気にせずに高品質な通話を楽しみたい人は、ぜひかけ放題トッピングをお試しください!

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povo公式サイトを見る

3GBで月額990円!ソフトバンクのLINEMOもおすすめ!【PR】

  • LINEMOミニプランも登場!なんと3GBで月額990円(税込)!
  • 20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!
    ※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。
  • LINEMOはLINEアプリの通話やメッセージが通信量にカウントされないからオトク!

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

Follow

フォローして情報を受け取る

Featured

注目の記事