povo 2.0でキャリアメールは使えない?トッピングで使える?ポヴォ新プランのサムネイル画像

povo 2.0でキャリアメールは使えない?トッピングで使える?ポヴォ新プラン

#povo

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

povo2.0で現在開催中のキャンペーン

  • 12/31まで!povoへ新規契約&他社から乗換でpovo2.0のお試しトッピングが実質無料キャンペーンキャンペーンが月間ギガ3GB→6GBに増量中
  • 12/15開始!他社からpovoへ乗換+対象トッピング購入でau Pay残高を最大10,000円相当還元キャンペーン中!

基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povo(ポヴォ)の新プラン「povo 2.0」がスタート

2021年7月にソフトバンクが提供するLINEMOから月間データ容量3GBで税込990円の「ミニプラン」が開始されました。

auやドコモでもLINEMOのような新プランの提供を待ち望む声が上がっていましたが、2021年9月、ついにauからpovoのオールトッピング方式の新プラン「povo 2.0」が発表されました。

当記事では、以下のトピックについて解説します。

  • povoでは有料のキャリアメール持ち運びサービスが利用可能
  • povoではGmailやYahoo!メール、iCloudメールなどのフリーメールが利用できる
  • povo2.0は基本料金0円で任意のデータトッピングを購入できる

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povo 1.0と同じくキャリアメールは使えないのか?

auのpovo、ソフトバンクのLINEMO、ドコモのahamoなどの大手携帯電話会社が提供する格安料金プランでは、キャリアメールが利用できないというデメリットがあります。

povo 1.0でもキャリアメールが利用できませんが、povo 2.0になると使えるのかどうか、気になりますよね。

この記事では、povo2.0ではキャリアメールを使えるのかどうか解説します。

povo(ポヴォ)2.0でもキャリアメールが「キャリアメール持ち運び」で利用可能に

結論ですが、ドコモ、au、ソフトバンクの3社がキャリアメールの持ち運びサービスを月額330円、年額3300円程度で順次提供を開始しています。

そのため、povoにMNPやプラン変更等で乗り換えても、有料の維持費を支払い続けることで、元の携帯電話会社のキャリアメールを利用し続けることができるようになります。

【独自】携帯アドレスそのまま、持ち運びOK…大手3社が月内にも新サービス

NTTドコモでは2021年12月16日から提供開始し、必ずMNP・解約後31日以内の申込みが必要となります。

「ドコモメール持ち運び」を提供開始

auでは2021年12月20日から提供開始し、必ずMNP・解約後31日以内の申込みが必要となります。

「auメール持ち運び」を12月20日から提供開始

ソフトバンクでは2021年12月20日から提供開始し、必ずMNP・解約後31日以内の申込みが必要となります。

<ソフトバンク公式サイト>メールアドレス持ち運び

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

トッピングでキャリアメールを追加できる?

povo 2.0では、povo 1.0と同様にかけ放題サービスや追加データ容量などを「トッピング」として購入して利用することになります。

従来のプランだと、利用しないサービスも自動的に付与されていることが基本でしたが、povoの「トッピング」は自分の使い方に合わせて必要な分だけ追加できるのが魅力です。

今のところ、キャリアメールを利用するためのトッピングは用意されていません。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povo(ポヴォ)でメールアドレスはどうなる?どうする?

povoではキャリアメールが利用できないため

メールアドレスは、

  1. GoogleのGmailやAppleのiCloudメール、Yahoo!JapanのYahoo!メールなど、大手IT企業が提供する、フリー(無料)メールを使用する
  2. 独自ドメインを取得してメールアドレスを運用する(有料)
  3. 光回線などのインターネット接続プロバイダ等が提供しているメールアドレスを使用する
  4. キャリアメール持ち運びサービスを利用して元の携帯電話会社のメールアドレスを利用し続ける(2021年12月より順次提供開始)

などの対応が必要です。

GmailはGoogleが運営する無料のメールアドレスで、長年の継続実績があります。大手IT企業運営のため信頼感が高いです。

また、初期状態で危険なメールやスパムメールを非表示にする、優れたフィルターが備わっている点も特徴です。

Gmailは企業や大学でも、法人向けのシステムとして多く導入されています。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povo(ポヴォ)でフリーメールを使用するメリット

povoでフリーメールをメールアドレスとして使用するメリットとして、以下のようなものがあります。

auなど携帯電話会社に縛られない

携帯電話会社が提供するメールアドレスは、その携帯電話会社を解約すると利用できなくなってしまうため、解約時にメールで多くの人にメールアドレスの変更連絡を行う必要があります。

Gmailなどのフリーメールを使用することで、au以外の携帯電話会社に今後変更したとしても、メールアドレスの変更の必要がなくなります。

利用サービスやアプリの登録メールアドレス変更の手間も省けるため、一石二鳥となります。

PCからも利用が可能

GmailなどのフリーメールはPCからも簡単に利用が可能なため、長い文章のメールを送る時はPCを使うといったように、スマホとPCを使い分けてメールを使いこなすことが可能になります。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povo 2.0は月額0円からはじめられる

povo 2.0では決まったデータ容量はなく、月額0円のベースプランに各自好きなデータ容量をトッピングしていく形になります。

  • 1GB…390円(7日間)
  • 3GB…990円(30日間)
  • 20GB…2,700円(30日間)
  • 60GB…6,490円(90日間)
  • 150GB…12,980円(180日間)
  • データ使い放題…330円(24時間)

自分の使い方に合わせてデータ量を決められるので、従来のプランでは難しかった「あまり利用しない月は月額料金を抑える」などができるのが魅力的です。

また、これらのトッピングを購入せずに利用することも可能です。

しかし、180日以上通話発信・SMS送信を利用しなかったりトッピングを購入しなかった場合は利用停止になる可能性があり、利用金額の最低ラインについては今後発表されるようです。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povo 1.0とpovo 2.0で異なる点は?

povo1.0とpovo2.0では、基本料金や月間データ容量の他にも異なる点があります。

データ容量が0GBの場合の通信速度がpovo1.0の最大1Mbpsに対し、povo 2.0では最大128kbpsと、より低速となっています。

また、auの家族割プラスの割引サービスについて、povo1.0ではカウント対象でしたが2.0では対象外となります。

そのほかにも異なる箇所が多数あるので、詳しく知りたい人はpovo公式ホームページのpovo 1 .0/povo 2.0比較表をチェックしてみてください。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

povo2.0で現在開催中のキャンペーン

  • 12/31まで!povoへ新規契約&他社から乗換でpovo2.0のお試しトッピングが実質無料キャンペーンキャンペーンが月間ギガ3GB→6GBに増量中
  • 12/15開始!他社からpovoへ乗換+対象トッピング購入でau Pay残高を最大10,000円相当還元キャンペーン中!

基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povo 2.0の平均データ:97件の投稿データを見る
【Download速度】68Mbps
【Upload速度】39Mbps
【Ping】41ms
【Jitter】43ms

Guide

povoガイド

キャンペーンやお得情報
povoのキャンペーンまとめ
povo & LINEMO & ahamo プラン比較
プラン人気度比較 | 開催キャンペーン比較
契約に関すること
店舗で契約できる? | 最低利用期間は?
サービス内容に関すること
通信回線でプラチナバンドは? | 通話品質 | LINEは使える? | スマホ端末セットはある? | メールアドレスは? | iPhone対応機種は?

Profile

この記事の執筆者

長島 圭佑 / Keisuke Nagashima

「株式会社七変化(7henge, inc.」の代表取締役。スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するWebサイト「アプリポ」を運営しています。他にもネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営し、投稿データの統計値をコンテンツ制作に役立てています。また、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時快適性や機能性を評価しています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

\povoは月額基本料0円/
povo公式アプリで申込>