povo 2.0で留守電(留守番電話)は使える?トッピングはある?ポヴォ新プランのサムネイル画像

povo 2.0で留守電(留守番電話)は使える?トッピングはある?ポヴォ新プラン

#povo

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

povo2.0で現在開催中のキャンペーン

  • 12/31まで!povoへ新規契約&他社から乗換でpovo2.0のお試しトッピングが実質無料キャンペーンキャンペーンが月間ギガ3GB→6GBに増量中
  • 12/15開始!他社からpovoへ乗換+対象トッピング購入でau Pay残高を最大10,000円相当還元キャンペーン中!

基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povoは留守電機能に非対応でトッピングも用意されていない

povo 2.0は、基本料金0円のベースプランに各自好きなデータ量をトッピングして利用する形の料金プランです。

当記事では、以下のトピックについて解説します。

  • povo 2.0/povo 1.0では留守番電話が利用できない
  • povo 2.0の追加トッピング(有料オプション)でも留守電機能は用意されていない
  • 格安オンライン専用ブランドで留守電機能に対応するのはソフトバンクのLINEMO

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povo 2.0で留守電(留守番電話サービス)は利用できない

結論ですが、povo 2.0では留守番電話サービスは利用できません。

2021年春に提供開始されたpovo 1.0では、留守番電話サービスの利用は不可能でした。

その後にアップデート版サービスとして、2021年秋に提供開始されたpovo 2.0でも留守番電話の提供開始はありませんでした。

KDDIによるオンライン専用ブランドであるpovoはサービス提供幅をauよりも大幅に狭めることで、基本料金0円という大胆な安さとプランの柔軟性につなげています。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

トッピングで留守電(留守番電話サービス)の追加はできない

povo 2.0では、povo 1.0と同様に追加データ容量などを「トッピング」として購入して利用することになります。

通話に関するトッピングも用意されていますが、留守電に関するトッピングはありませんでした。

povo 2.0の通話トッピングにはどんなものがある?

povo 2.0の通話トッピングは、povo 1.0から変更はありません。

利用方法に合わせて、以下の2つのサービスをトッピングして利用できます。

  • 5分以内通話かけ放題…550円(1ヶ月)
  • 通話かけ放題…1,650円(1ヶ月)

普段から電話をよくかける人はもちろん、今月は電話をかけることが多くなりそう…という場合にもこの通話トッピングを追加しておくと安心です。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povo 2.0では着信転送サービスも利用できない

povo 1.0では着信転送機能に対応していたので、有料の「スマート留守電」アプリを使うことで留守電通知を受け取ることが可能でした。

しかし、povo 2.0では着信転送サービスの利用は不可能です。

そのため、「スマート留守電」アプリを利用して留守電機能を使うこともできません。

留守電をよく利用しているという人は、povo 2.0に切り替えて大丈夫かどうか、よく検討してから乗り換えるようにしてください。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

ソフトバンクのLINEMOは留守番電話に対応

携帯大手が提供するオンライン専用プランのうち、ahamoやpovoとは異なり唯一ソフトバンクが提供するLINEMOが、月額220円の有料オプションで留守番電話機能に対応しています。

月額220円で提供している留守電パックを契約することで、「留守番電話」「転送電話」「着信お知らせ機能」の3つが利用できるようになります。

現在格安SIMの契約を検討している方で、どうしても留守番電話機能が必要な方はLINEMOが有力候補となりそうです。

2/29までにLINEMOへ乗換で最大20,000円相当分をPayPayポイント還元!
LINEMO
公式サイトを見る>
スマホプランへ他社から乗換の場合。ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えは対象外。一部キャンペーンとの併用不可。PayPayポイントの出金・譲渡不可。オンライン専用。

povo 2.0の特徴や注意点を紹介

povo 2.0は、留守電サービス以外の部分でもpovo1.0と異なる部分が多いので、特徴や注意点をご紹介します。

povo 2.0は月額0円から始められるが0円で使い続けることはできない

povo 2.0は、基本料0円から契約できます。

しかし、0円のままずっと使い続けることはできません。

180日以上有料トッピングの購入がない場合や、通話発信・SMS送信を利用しなかった場合は利用停止・契約解除となる可能性があるので注意してください。

povo 2.0はデータトッピングが豊富で使いやすい

povo 2.0には、データトッピングが多数用意されています。

  • 1GB…390円(7日間)
  • 3GB…990円(30日間)
  • 20GB…2,700円(30日間)
  • 60GB…6,490円(90日間)
  • 150GB…12,980円(180日間)
  • データ使い放題…330円(24時間)

この中から自分の使い方に合わせてデータ量を決められるので、料金を安く抑えたい人も、大容量使いたい人でも利用しやすいのが魅力です。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povo 1.0と異なる点が多い

povo 2.0は、povo1.0と異なる点がいくつかあります。

povo1.0は20歳以上でなければ契約できませんでしたが、povo 2.0は13歳以上の人から契約可能です。

また、データ容量が0GBの場合の通信速度がpovo1.0の最大1Mbpsに対し、povo 2.0では最大128kbpsと、より低速に設定されています。

povo1.0との違いについて詳しく知りたい人はpovo公式ホームページのpovo 1.0/povo 2.0比較表をチェックしてみてください。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

povo2.0で現在開催中のキャンペーン

  • 12/31まで!povoへ新規契約&他社から乗換でpovo2.0のお試しトッピングが実質無料キャンペーンキャンペーンが月間ギガ3GB→6GBに増量中
  • 12/15開始!他社からpovoへ乗換+対象トッピング購入でau Pay残高を最大10,000円相当還元キャンペーン中!

基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povo 2.0の平均データ:97件の投稿データを見る
【Download速度】68Mbps
【Upload速度】39Mbps
【Ping】41ms
【Jitter】43ms

Guide

povoガイド

キャンペーンやお得情報
povoのキャンペーンまとめ
povo & LINEMO & ahamo プラン比較
プラン人気度比較 | 開催キャンペーン比較
契約に関すること
店舗で契約できる? | 最低利用期間は?
サービス内容に関すること
通信回線でプラチナバンドは? | 通話品質 | LINEは使える? | スマホ端末セットはある? | メールアドレスは? | iPhone対応機種は?

Profile

この記事の執筆者

アプリポ編集部

アプリポ編集部では、スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するコンテンツ制作を行っています。ネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営や、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時記事コンテンツをアップデートし続けています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

\povoは月額基本料0円/
povo公式アプリで申込>