LINEMO
povo 2.0で通話料はどうなる?ポヴォ新プランを解説!のサムネイル画像

povo 2.0で通話料はどうなる?ポヴォ新プランを解説!

ポヴォの新プラン「povo2.0」の通話料はどうなる?

2021年3月から、auのpovo、ドコモのahamo、ソフトバンクのLINEMOといった格安料金プランの提供が開始されました。

どれも月間データ容量20GB、基本料3,000円以下という、大手携帯電話会社にしては破格の安さが魅力です。

auのpovoは、月間データ容量20GB、基本料(税込)2,728円というプランでしたが、2021年9月にさらに料金を抑えることができる新プラン「povo2.0」の提供が告知されました。

povo2.0は、基本料0円のベースプランにデータ・コンテンツ・通話のトッピングを追加して使用するタイプのプランです。

「povo2.0に乗り換えしたいけど、通話料が心配」という人も多いでしょう。

この記事では、povo2.0の通話料はいくらになるのか解説します。

povo2.0で通話料はかかる?通話トッピングはある?

結論、povo2.0では、現行のpovoと同様に通話料がかかります。

また、通話をよくする人向けに通話トッピングが用意されています。

国内通話は30秒ごとに税込22円かかる

povo2.0では、国内通話料は(税込)22円/30秒かかります。

この料金設定は、現行のpovo(povo1.0)と同じです。

また、衛星船舶電話への通話は30秒ごとに税込55円かかり、他社が料金設定している電話番号へは指定の通話料がかかります。

従量課金制なので「つい長電話してしまった」という場合は高額な通話料を請求される可能性もあるので、注意が必要です。

電話をよく利用する人は、次に紹介する「通話トッピング」の利用がおすすめです。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povo公式サイトを見る

通話トッピングにはどんなものがある?

povo1.0と同等に、povo2.0でも通話に関するオプションサービスを追加できます。

povo2.0で用意されている通話トッピングは2種類あります。

  • 5分以内通話かけ放題…550円(税込)/月
  • 通話かけ放題…1,650円(税込)/月

短い通話を月に何度もかけるという人は、「5分以内通話かけ放題」のトッピングをしておくと安心です。

長電話をよくするという人は、「通話かけ放題」がおすすめです。

トッピングはpovoのアプリから簡単に申し込みできるので、「今月は電話が多くなりそう」と思ったらすぐに追加できます。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povo公式サイトを見る

通話トッピングの自動更新設定はできない

「毎月通話かけ放題を使いたい」という場合、トッピングをいちいち追加するのは面倒ですよね。

毎月自動的にかけ放題のトッピングを追加するような設定にしたいと考える人も多いでしょう。

しかし、povoではトッピングを自動更新設定にすることは不可能です。

トッピングを使い続けたい場合は、有効期限が切れたらその都度トッピングの追加が必要です。

通話トッピングの有効期限が切れていることに気付かないまま長時間の電話をしてしまわないよう、注意してください。

povoで通話料金を節約したい人は無料通話アプリの利用がおすすめ

povoで通話料金をかけたくない人は、電話アプリではなく無料通話アプリを使っての通話がおすすめです。

LINEやSkypeなどのアプリは、インストールから通話まで無料で利用可能です。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povo公式サイトを見る

3GBで月額990円!ソフトバンクのLINEMOもおすすめ!【PR】

  • LINEMOミニプランも登場!なんと3GBで月額990円(税込)!
  • 20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!
    ※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。
  • LINEMOはLINEアプリの通話やメッセージが通信量にカウントされないからオトク!

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

Follow

フォローして情報を受け取る

Featured

注目の記事