povo 2.0の毎月購入はめんどくさい?ギガのトッピング更新が面倒?のサムネイル画像

povo 2.0の毎月購入はめんどくさい?ギガのトッピング更新が面倒?

#povo

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

povo2.0で現在開催中のキャンペーン

  • 12/31まで!povoへ新規契約&他社から乗換でpovo2.0のお試しトッピングが実質無料キャンペーンキャンペーンが月間ギガ3GB→6GBに増量中
  • 12/15開始!他社からpovoへ乗換+対象トッピング購入でau Pay残高を最大10,000円相当還元キャンペーン中!

基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povo 2.0は面倒&トッピング更新がめんどくさい?

povo 2.0は「スマホ料金=月額支払い」が常識の中、自分のタイミングで必要なデータ容量や通話オプションを追加する「トッピング方式」が特徴のプランです。

自動更新ではないので都度トッピングするわけですが、毎回購入するのはなんだかめんどくさそうという声も聞かれます。

実際にトッピングするにはめんどうな操作が必要なのでしょうか?

当記事では、以下のトピックについて解説します。

  • povoはトッピングを都度購入できるためよく使うギガ容量やオプションサービスが変わりやすいユーザーに優しい
  • povoの3GBで30日間有効なデータトッピングはオートチャージ機能に対応し更新が面倒にならない
  • トッピング購入がめんどくさい場合は60GBで90日間、150GBで180日間等の長期間有効なデータトッピングがおすすめ

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povo 2.0のトッピングは11種類で自動更新なし

povo 2.0のトッピングは、データトッピング6種類、通話トッピング2種類、コンテンツトッピング2種類とサポートトッピングが1種類あり、自動で更新されるものとされないものがあります。

データトッピング

1GBから150GBと幅広い選択肢が設定されているので、低容量ユーザーにも選びやすいプランです。

有効期限が決まっているのでその期間のみ使用することができます。

以下のデータトッピングはオートチャージ機能に対応しています。

  • 3GB(30日間):990円(税込)

以下のデータトッピングには自動更新機能(オートチャージ)はなく、都度購入が必要です。

  • 1GB(7日間):390円(税込)
  • 20GB(30日間):2,700円(税込)
  • 60GB(90日間):6,490円(税込)
  • 150GB(180日間):12,980円(税込)
  • データ使い放題(24時間):330円(税込)

それぞれ有効期限が異なる点に注意しましょう。

1GBは7日間しか期限が無いので次のトッピングのタイミングまでのつなぎとして利用するなど、スポット的に使う人が多いようです。

データトッピングを選ばない、または容量をオーバーした場合の速度は最大128kbpsと動画や画像の多いサイトを閲覧するにはストレスが溜まる速度まで落ちてしまいます。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

通話トッピング

通話トッピングは5分以内通話かけ放題と完全かけ放題の2種類で、通話オプションに力を入れているahamoには負けますが、LINEMOとは同等の価格です。

通話トッピングは毎月申し込む必要はなく、一度申し込めば自動で更新されます。

  • 5分以内通話かけ放題:550円(税込)
  • 完全かけ放題:1,650円(税込)

トッピングをしない場合は30秒/22円(税込)の通話料なので、37分30秒以上通話する人はかけ放題のオプションを付けた方がお得です。

コンテンツトッピング

コンテンツトッピングはpovo 2.0で新たに追加されたサービスで、動画配信サービスが期間限定で見放題になるトッピングです。

  • DAZN使い放題パック:760円(税込)/7日間
  • smash.使い放題パック:220円(税込)/24時間

DAZNは月額1,925 円のライブスポーツ配信サイトです。

povo 2.0のトッピングを使えば、興味のある大会やシーズン中だけ視聴できるので使い方次第では月額で加入するよりお得になります。

smash.はスマホ視聴に特化したシアターアプリで月額550円(税込)です。

お気に入りのアーティストのライブ配信があるときに1日だけ加入しても良いですね。

サポートトッピング

サポートトッピングはスマホの故障サポートで、登録した本体を料金の1部を年2回まで交換できるトッピングです。

規定の負担金を払えば(iPhoneの場合:税込12,900円/回、Androidスマートフォンの場合:税込5,500円/1回目、税込8,800円/2回目)同一機種の新品同等品に交換できます。

このトッピングは830円(税込)/月で、解約しない限り毎月自動で更新されます。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povo 2.0のトッピング方法はめんどう?

povo 2.0のトッピングは専用のアプリから購入します。

操作方法はたったの2ステップで卵型のキャラクターが特徴的なアプリ画面は直感的に分かりやすくなっており、操作方法に迷うことはなさそうです。

1.専用アプリをインストール

AppleStoreもしくはGooglePlayストアより「povo トッピングアプリ」をインストールします。

メイン画面で契約状況とデータ残容量が確認できるので、トッピング追加時期の目安になりますね。

2.必要なトッピングを選択

追加したいトッピングを選択すると、トッピング内容と支払い金額が表示されるので問題なければ決済画面へと進みましょう。

操作はこれだけです。

購入は即時決済されるので、間違わないように選択してください。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povo 2.0のトッピング管理はめんどう?

povo 2.0を検討している人が最も気になるのがトッピングの管理方法では無いでしょうか?

今までのキャリアなら一旦プランを決めてしまえば変更するまでずっと自動で更新されてきました。

povo 2.0の場合は、有効期限が切れるまたはデータ残量が無くなってしまえばトッピングの効果は切れてしまうため常に気を付けておかなければなりませんが、通知機能を活用すればそれほど気にしなくても問題ありません。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

トッピングアプリで確認

povo トッピングアプリのメイン画面には、データ残量が一目でわかるように表示されています。

トッピング購入履歴や利用中のトッピングも確認できるので「トッピングを購入し忘れた」ということはなさそうです。

通勤中やちょっとしたスキマ時間にアプリを触るクセが付けば、それほどめんどうな作業ではありません。

通知機能で確認

povo 2.0では、データ容量の残りが1GB・500MB・0MBになるとEメールやSMSで通知が来るようになっています。

また、有効期限の前日昼の12時ごろにも通知が行くので、アプリのチェックを忘れても安心です。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povo 2.0のトッピング更新はめんどうではありません

povo 2.0のトッピングは、有効期限切れやデータ残量がなくなるとトッピングの効果がなくなってしまうため自己管理が必須です。

通話トッピングとサポートトッピングは月額で自動更新のため問題ありませんが、データトッピングは有効期限がそれぞれ異なるためトッピングの追加忘れに気を付けなければなりません。

一見めんどうな作業にも思えますが、トッピングの購入はアプリでたったの2ステップ、有効期限やデータ残量はアプリの他にメールやSNSで通知が来るのでそれほど心配はいりません。

まずは今まで使っていたデータ容量で契約し、使っていくうちに自分にとってベストなスマホプランを設計してみましょう。

他社からpovoへ乗換&対象トッピング購入でau Pay残高最大10,000円相当還元!
基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

この記事の情報更新履歴:

2023年11月13日:オートチャージ機能の解説を追加

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

povo2.0で現在開催中のキャンペーン

  • 12/31まで!povoへ新規契約&他社から乗換でpovo2.0のお試しトッピングが実質無料キャンペーンキャンペーンが月間ギガ3GB→6GBに増量中
  • 12/15開始!他社からpovoへ乗換+対象トッピング購入でau Pay残高を最大10,000円相当還元キャンペーン中!

基本料0円!KDDIの料金プラン
povo 2.0をアプリから申し込む
povo 1.0やauからpovo 2.0へ変更はこちら

povo 2.0の平均データ:97件の投稿データを見る
【Download速度】68Mbps
【Upload速度】39Mbps
【Ping】41ms
【Jitter】43ms

Guide

povoガイド

キャンペーンやお得情報
povoのキャンペーンまとめ
povo & LINEMO & ahamo プラン比較
プラン人気度比較 | 開催キャンペーン比較
契約に関すること
店舗で契約できる? | 最低利用期間は?
サービス内容に関すること
通信回線でプラチナバンドは? | 通話品質 | LINEは使える? | スマホ端末セットはある? | メールアドレスは? | iPhone対応機種は?

Profile

この記事の執筆者

アプリポ編集部

アプリポ編集部では、スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するコンテンツ制作を行っています。ネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営や、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時記事コンテンツをアップデートし続けています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

\povoは月額基本料0円/
povo公式アプリで申込>