LINEMO
povo 2.0は面倒&トッピング更新がめんどくさい?のサムネイル画像

povo 2.0は面倒&トッピング更新がめんどくさい?

povo 2.0は面倒&トッピング更新がめんどくさい?

povo 2.0は「スマホ料金=月額支払い」が常識の中、自分のタイミングで必要なデータ容量や通話オプションを追加する「トッピング方式」が特徴のプランです。

自動更新ではないので都度トッピングするわけですが、毎回購入するのはなんだかめんどくさそうという声も聞かれます。

実際にトッピングするにはめんどうな操作が必要なのでしょうか?

今回の記事ではpovo 2.0のトッピングの種類と、トッピング購入方法について解説しています。

トッピング購入を忘れないための通知機能についてもご紹介しているので、トッピングがめんどうでpovo 2.0を迷っているという人はぜひ参考にしてみてください。

povo 2.0のトッピングは11種類で自動更新なし

povo 2.0のトッピングは、データトッピング6種類、通話トッピング2種類、コンテンツトッピング2種類とサポートトッピングが1種類あり、自動で更新されるものとされないものがあります。

データトッピング

1GBから150GBと幅広い選択肢が設定されているので、低容量ユーザーにも選びやすいプランです。

有効期限が決まっているのでその期間のみ使用することができます。

データトッピングは自動更新はなく、都度購入が必要です。

  • 1GB(7日間):390円(税込)
  • 3GB(30日間):990円(税込)
  • 20GB(30日間):2,700円(税込)
  • 60GB(90日間):6,490円(税込)
  • 150GB(180日間):12,980円(税込)
  • データ使い放題(24時間):330円(税込)

それぞれ有効期限が異なる点に注意しましょう。

1GBは7日間しか期限が無いので次のトッピングのタイミングまでのつなぎとして利用するなど、スポット的に使う人が多いようです。

データトッピングを選ばない、または容量をオーバーした場合の速度は最大128kbpsと動画や画像の多いサイトを閲覧するにはストレスが溜まる速度まで落ちてしまいます。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

通話トッピング

通話トッピングは5分以内通話かけ放題と完全かけ放題の2種類で、通話オプションに力を入れているahamoには負けますが、LINEMOとは同等の価格です。

通話トッピングは毎月申し込む必要はなく、一度申し込めば自動で更新されます。

  • 5分以内通話かけ放題:550円(税込)
  • 完全かけ放題:1,650円(税込)

トッピングをしない場合は30秒/22円(税込)の通話料なので、37分30秒以上通話する人はかけ放題のオプションを付けた方がお得です。

コンテンツトッピング

コンテンツトッピングはpovo 2.0で新たに追加されたサービスで、動画配信サービスが期間限定で見放題になるトッピングです。

  • DAZN使い放題パック:760円(税込)/7日間
  • smash.使い放題パック:220円(税込)/24時間

DAZNは月額1,925 円のライブスポーツ配信サイトです。

povo 2.0のトッピングを使えば、興味のある大会やシーズン中だけ視聴できるので使い方次第では月額で加入するよりお得になります。

smash.はスマホ視聴に特化したシアターアプリで月額550円(税込)です。

お気に入りのアーティストのライブ配信があるときに1日だけ加入しても良いですね。

サポートトッピング

サポートトッピングはスマホの故障サポートで、登録した本体を料金の1部を年2回まで交換できるトッピングです。

規定の負担金を払えば(iPhoneの場合:税込12,900円/回、Androidスマートフォンの場合:税込5,500円/1回目、税込8,800円/2回目)同一機種の新品同等品に交換できます。

このトッピングは830円(税込)/月で、解約しない限り毎月自動で更新されます。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

povo 2.0のトッピング方法はめんどう?

povo 2.0のトッピングは専用のアプリから購入します。

操作方法はたったの2ステップで卵型のキャラクターが特徴的なアプリ画面は直感的に分かりやすくなっており、操作方法に迷うことはなさそうです。

1.専用アプリをインストール

AppleStoreもしくはGooglePlayストアより「povo トッピングアプリ」をインストールします。

メイン画面で契約状況とデータ残容量が確認できるので、トッピング追加時期の目安になりますね。

2.必要なトッピングを選択

追加したいトッピングを選択すると、トッピング内容と支払い金額が表示されるので問題なければ決済画面へと進みましょう。

操作はこれだけです。

購入は即時決済されるので、間違わないように選択してください。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

povo 2.0のトッピング管理はめんどう?

povo 2.0を検討している人が最も気になるのがトッピングの管理方法では無いでしょうか?

今までのキャリアなら一旦プランを決めてしまえば変更するまでずっと自動で更新されてきました。

povo 2.0の場合は、有効期限が切れるまたはデータ残量が無くなってしまえばトッピングの効果は切れてしまうため常に気を付けておかなければなりませんが、通知機能を活用すればそれほど気にしなくても問題ありません。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

トッピングアプリで確認

povo トッピングアプリのメイン画面には、データ残量が一目でわかるように表示されています。

トッピング購入履歴や利用中のトッピングも確認できるので「トッピングを購入し忘れた」ということはなさそうです。

通勤中やちょっとしたスキマ時間にアプリを触るクセが付けば、それほどめんどうな作業ではありません。

通知機能で確認

povo 2.0では、データ容量の残りが1GB・500MB・0MBになるとEメールやSMSで通知が来るようになっています。

また、有効期限の前日昼の12時ごろにも通知が行くので、アプリのチェックを忘れても安心です。

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

povo 2.0のトッピング更新はめんどうではありません

povo 2.0のトッピングは、有効期限切れやデータ残量がなくなるとトッピングの効果がなくなってしまうため自己管理が必須です。

通話トッピングとサポートトッピングは月額で自動更新のため問題ありませんが、データトッピングは有効期限がそれぞれ異なるためトッピングの追加忘れに気を付けなければなりません。

一見めんどうな作業にも思えますが、トッピングの購入はアプリでたったの2ステップ、有効期限やデータ残量はアプリの他にメールやSNSで通知が来るのでそれほど心配はいりません。

まずは今まで使っていたデータ容量で契約し、使っていくうちに自分にとってベストなスマホプランを設計してみましょう!

2021年9月29日午前9時にpovo2.0に大幅進化して提供開始!

povoの公式サイト

LINEMO

3GBで月額990円!ソフトバンクのLINEMOもおすすめ!【PR】

  • LINEMOミニプランも登場!なんと3GBで月額990円(税込)!
  • 20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!
    ※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。
  • LINEMOはLINEアプリの通話やメッセージが通信量にカウントされないからオトク!

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

ahamoは20GBの大容量なのにリーズナブル!【PR】

  • 回線品質はドコモと同じ!
  • 月額2,970円(税込)で月間20GBまで使えて安心!※機種代金別途
  • さらに1回5分間までの電話が何度でも無料!※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。
  • ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで利用できる!
    ※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※ahamoでは、キャリアメールなど一部ご利用できないサービスがあります。

ahamoの公式サイトを見る

Follow

フォローして情報を受け取る

Featured

注目の記事