楽天モバイルの対応バンドは?プラチナバンド周波数帯を獲得し2024年中にサービス開始。のサムネイル画像

楽天モバイルの対応バンドは?プラチナバンド周波数帯を獲得し2024年中にサービス開始。

#楽天モバイル

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

月額990円(税込)で3GB+LINE通話&ビデオ通話し放題のLINEMO

  • ソフトバンクがLINEと提携して直接提供する高速で快適なモバイル回線サービス

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

楽天モバイルのバンドはどの周波数帯?

楽天モバイルは、docomo、au、ソフトバンクと同じく、独自回線で電波を提供している携帯キャリアです。

プラン内容においては、データを使わなければ1,078円、データをどれだけ使用しても3,278円と設定されているので、月額料金を安く使いたい人に人気です。

ですが、楽天モバイルのバンド(周波数帯)についての評判を聞き、実際どうなのか気になる方もいるでしょう。

そこで、当記事では、楽天モバイルのバンドに関する、以下の事柄について解説します。

  • 楽天モバイルの周波数帯には4G用と5G用がある
  • 楽天自社回線の4GのバンドはBand 3のみでauのBand 18/26も使用
  • 5GのバンドはSub6のn77とミリ波のn257の2つ
  • 2023年10月に楽天モバイルが4Gプラチナバンドを獲得したことを発表

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

楽天自社回線の4GバンドはBand 3のみで一部エリアではパートナー回線も使用

楽天モバイルが持っている4G(LTE)のバンドはBand 3のみとなっています。

利用者数が多く積極的な設備投資や顧客獲得投資を行っている携帯キャリアに対して、優先的に多くのバンドが割り当てられている状況となっています。

MNOとしてのサービス開始の歴史が浅く利用者数が最も少ない楽天モバイルのバンドはau、docomo、ソフトバンクと比較すると少ない状況です。

  • au、docomoは7種類、ソフトバンクは8種類の4G(LTE)のバンドが割り当てられています

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

楽天モバイルがプラチナバンドの割り当てを正式に獲得

4G(LTE)の周波数帯のうち700〜900MHz帯はプラチナバンドと呼ばれ、建物の中や隅々まで電波が届きやすい特性を持ったバンドです。

他社と異なり、楽天モバイルの場合1種類の4G(LTE)のバンドしか割り当てられておらず、プラチナバンドとはバンド(周波数帯)が異なることから、現時点では楽天モバイル自社回線でプラチナバンドを使うことはできません。

2023年10月に楽天モバイルがプラチナバンドの割り当てを獲得したことが正式に発表されました。

獲得したバンドは770〜773MHzの3Hz幅、上りは715〜718MHzの4Hz幅となります。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

2024年中に楽天モバイルでプラチナバンドを運用開始予定

獲得したプラチナバンドの楽天モバイルでのサービス開始は2024年中に予定されています。

プラチナバンドがないと、建物の中などで電波が繋がらない事象が起こりやすい

プラチナバンドは、建物の中にも回り込みやすい周波数帯のため、電波のつながりが大事な携帯会社にとって利益の多い周波数帯です。

そのため「プラチナ」という言葉がついています。

現在楽天モバイルを利用している場合、現時点ではマンションなどの大きな建物の中心付近や地下空間、混雑するエリアで電波がつながらないという声も多いです。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

楽天モバイルではKDDIのプラチナバンドを借りている地域もある

肝心の電波が繋がらないと、スマートフォンが圏外になってしまい、大事な時に連絡などができません。

そのため、楽天モバイルの電波がつながりにくい場所は、KDDIのローミング(バンドはauのBand 18/26)で提供しています。

ただ、もともとKDDIのローミングは日本全国で使えるようになっていましたが、楽天モバイルの提供エリアが拡大するにつれ、提供を停止する都道府県も出てきています。

また、提供を停止すると発表されている都道府県でも、地下鉄や地下街、トンネルなどの場所では、引き続きローミングの電波が提供されている場所もあります。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

パートナー回線月5GB使用で速度制限が撤廃された

また、以前はパートナー回線で月に5GB使用した際に速度制限がかかっていました。

しかし、2023年6月に提供開始されたRakuten最強プランではこの制限が撤廃され、全エリア無制限で使用することができるようになりました。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

楽天モバイルの5GバンドはSub6のn77とミリ波のn257

一方、楽天モバイルが持っている5Gのバンドは、

  • 早期からエリアが拡大してきているSub6と呼ばれるn77
  • より高速通信が可能だがエリアが現状では限られるミリ波のn257

のどちらのバンドにも対応しています。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

楽天モバイルの電波の改善に向けた取り組み

電波のつながりが悪いという声をよく聞く楽天モバイルですが、何も対策をしていないわけではありません。

基地局の増設も進んでおり、人口のカバー率も2023年6月時点で99%となっています。

この章では、楽天モバイルが行っている電波改善の取り組みについて、以下の順に解説します。

  • Rakuten Casaの設置
  • 新タイプのアンテナの導入
  • 政府へのプラチナバンド再割り当ての要求
  • スペースモバイル計画

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

Rakuten Casaの設置

Rakuten Casaとは、屋内での楽天モバイルの電波状況を改善するために、楽天が提供する小型基地局のことです。

月額利用料などは不要で、店舗や個人宅への設置が進んでいます。

また、使用方法も複雑というわけではなく、屋内のインターネット回線に繋ぐだけで、その場所を楽天モバイル回線エリアにすることができます。

Wifiのルーターと同じような使用感と考えてください。

その手軽さから、現在では全国の数万箇所の設置がなされているため、スマホ決済を利用している店舗などで効果を発揮し、状況の改善が見込まれています。

新タイプのアンテナの導入

楽天は店舗のレジ部分に電波を集中させることができるアンテナを米国企業と開発しています。

こちらもキャッシュレスに対応するための策であり、屋内の通信が悪いというユーザーの声を反映させた結果ということがわかるでしょう。

まだまだ3大キャリアの電波の安定感には及びませんが、悪い口コミもどんどん少なくなってきているように思います。

ソフトバンクも過去に似たような策を実施

実は、昔のソフトバンクも、楽天モバイルのように電波が悪いという評判があった時期がありました。

その時の対策として、これまた楽天モバイルの対策と同じように、店舗や個人宅に小型の基地局を設置したりしています。

また、ソフトバンクは当時、iPhoneを独占販売することで、電波のつながりにくさというデメリットを補っていました。

これに対し、楽天モバイルは価格とデータ無制限という策で対応しているので、こちらも似たような策をとっているといえるでしょう。

つまり、時間が経つにつれて、大元の基地局や楽天モバイルのエリアが拡大していき、いつか「楽天モバイルは昔は遅かった」と話す時が来るかもしれません。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

楽天モバイルのプラチナバンド獲得で巻き返しを狙う

楽天モバイルは2024年3月よりプラチナバンドの運用を4Gで開始予定です。

プラチナバンドの楽天自社回線への導入によって、4Gエリアが全国で繋がりやすくなり他社との差が縮まることが期待されています。

現在の楽天モバイルは

  • 楽天自社回線の4GのバンドはBand 3のみで一部エリアではauのBand 18/26も使用
  • 5GのバンドはSub6のn77とミリ波のn257の2つ

のバンドを使用していて、他にKDDIのバンド(auのBand 18/26)をパートナー回線として一部エリアで使用しています。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

この記事の情報更新履歴:

2023年11月14日:楽天モバイルのプラチナバンドに関する記述を更新

2023年6月17日:楽天モバイルの人口カバー率を修正、楽天モバイルのパートナー回線の記述を修正

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

楽天モバイルはiPhone 15の販売価格が4キャリアで最安!【PR】

  • 楽天モバイルの最強プランはギガ(データ容量)をどれだけ使っても最大3,278円(税込)。人口カバー率は99.9%!
  • 毎月のデータ利用量が1GBなら1,078円(税込)でさらに安くなる
  • Rakuten Linkからの電話発信なら何度&何分間長電話しても通話料が無料!

楽天モバイル公式サイトを見る

楽天モバイルの平均データ:220件の投稿データを見る
【Download速度】64Mbps
【Upload速度】40Mbps
【Ping】44ms
【Jitter】25ms

Guide

楽天モバイルガイド

キャンペーンやお得情報
契約者数&シェアは? | 損する人&得する人 | 学割はある?
契約に関すること
店舗で契約申込は? | 契約期間は? | 契約事務手数料 | 初期費用は? | 何歳から使える?
サービス内容に関すること
通信回線は? | 電話やRakuten Linkの通話品質 | スマホ端末セット | 通信できるエリアは? | メールアドレスは? | LINEの年齢確認は? | iPhone対応機種は?

Profile

この記事の執筆者

アプリポ編集部

アプリポ編集部では、スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するコンテンツ制作を行っています。ネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営や、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時記事コンテンツをアップデートし続けています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

iPhoneが4キャリア最安。1円スマホも多数!
楽天モバイル公式サイトを見る