楽天モバイルに乗り換え&変えるタイミングは月末がお得?のサムネイル画像

楽天モバイルに乗り換え&変えるタイミングは月末がお得?

#楽天モバイル

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

月額990円(税込)で3GB+LINE通話&ビデオ通話し放題のLINEMO

  • ソフトバンクがLINEと提携して直接提供する高速で快適なモバイル回線サービス

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

楽天モバイルにムダなく乗り換えるタイミングは月末

「1GBまで0円」が終了しても、3GBまで1,078円はまだまだ安い。

楽天モバイルは端末の安さや国内通話0円サービスもありサブ回線として契約する人も多く、大手通信事業者のドコモ・au・ソフトバンクや、UQモバイル・ワイモバイルの格安SIM、ahamo、povo、LINEMOからも乗り換え需要が増加中です。

せっかく月額の料金が安くなると思って乗り換えるのに、違約金が発生したり初月の基本料金が二重にかかったりと、無駄な料金を払いたくないですよね。

乗り換えにベストなタイミングは、月初よりも月末の申し込みがおすすめです。

今回の記事では楽天モバイルにお得に乗り換えるタイミングをご紹介しています。

契約を検討している人は、楽天ポイントがもらえるキャンペーンを利用して、お得にスタートさせましょう。

楽天モバイルの初月料金は3GBまでなら1,078円

楽天モバイルは2022年7月より料金プランが変更になりました。

「0GB~1GBまで0円」サービスの提供が終了し、「0GB~3GBまで1,078円」と0円プランが無くなってしまったのです。

そのため、契約月は最安の「3GBでおさまる日数」を考えて契約日を決めると1,078円でスタートできますよ。

使用したGBによって発生する料金は、以下のようになります。

  • 13GBまで:1,078円
  • 20GBまで:2,178円
  • 20GB以上無制限:3,278円

2023年6月からスタートしたRakuten最強プランでも変更はありません。1カ月3GBで足りる人は月初に契約してもいいし「3GBなんて3日くらいで使い切ってしまう」という人は、乗り換えるタイミングを月末に合わせると無駄がありません。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

解約月は日割りではなく満額請求

楽天モバイルの契約月の料金が分かった所で、次は今使っているスマホにかかる料金を確認しましょう。

ほとんどの事業者は乗り換え月(解約月)の基本料金は、日割り計算にはなりません。

月初めでも月末でも、丸々1カ月分の料金が請求されます。

また、契約状況によっては解約手数料や違約金が発生する場合もあるので、事前に確認が必要です。

代表的な事業者のルールをご紹介するので、参考にしてください。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

ドコモ

解約月の料金は日割り計算されません。

2021年9月21日以降、契約解除料は撤廃されたので違約金はかかりません。

au

解約月の料金は日割り計算されません。

2022年3月3以降、契約解除料は撤廃されたので違約金はかかりません。

ソフトバンク

解約月の料金は日割り計算されません。

締め日は10日、20日、月末 の3パターンあるので、マイページで確認しておきましょう。

2022年2月1日以降、契約解除料は撤廃されたので違約金はかかりません。

UQモバイル

UQモバイルは「5G対応料金」を契約している場合は、日割り計算されません。

「4G対応料金」プランを契約している場合は、日割り計算されます。

更新月や契約年数の縛りは無いので、契約解除料はありません。

ワイモバイル

解約月の料金は日割り計算されません。

新プランも旧プランも契約解除料はありません。

ahamo・povo・LINEMO

解約月の料金は日割り計算されません。

povo 2.0 はトッピング方式なので、楽天モバイルを申し込むタイミングでトッピングが無くなるように調整すると良いでしょう。

契約の年数に縛りはないので、契約解除料はありません。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

端末の分割料金が残っていても乗り換えできる

今使っている端末の分割支払いが残っている場合でも、通信事業者の乗り換えは問題なくできます。

基本的には今の支払い方法のままで乗り換え後(解約後)も分割で支払えますし、一括で支払うことも可能です。(格安SIMなど一括払いを受付けていない事業者もある)

しかし、滞納があるなどこれまでの利用状況によっては一括支払いを求められる場合もあるので、乗り換え前に確認しておきましょう。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

楽天モバイルの申し込みは手数料0円

楽天モバイルに申し込む際は、新規でも乗り換えでも手数料は全て0円です。

  • 契約事務手数料:0円
  • MNP転出手数料:0円
  • SIM発行手数料:0円

申し込み窓口は WEBでも店頭でも電話でも受付

格安SIMや大手通信事業者の格安ブランドでは、対応窓口をWEBのみにして料金を安くしているところが多いですよね。

楽天モバイルの窓口は多く、WEB以外でも楽天ショップや量販店、電話でも受け付けています。

WEBと店舗ではキャンペーンの内容が違うので、店舗申込を予定している人は事前に確認しておきましょう。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

楽天モバイルのお得なキャンペーンを利用しよう

2023年6月現在実施中の、乗り換えに関するキャンペーンは次の通りです。

1.楽天モバイル新規申込で3,000ポイント

2022年7月1日(水)9:00~終了日未定で、楽天モバイルを初めて申し込むと、楽天ポイント3,000分が付与されます。

2.iPhone対象端末ポイントバックキャンペーン

回線契約と同時に端末を購入すると6,000ポイントがキャッシュバックされます。

  • iPhone 14 Pro Max/iPhone 14 Pro/iPhone 14 Plus/iPhone 14/iPhone 13/iPhone 13 mini/iphone SE(第3世代):6,000 ポイント 

3.スマホク得乗り換えキャンペーンキャンペーン

対象のAndroid端末を最大で12,000円相当の値引きしています。

  • Galaxy S23:6,000円値引き+6,000ポイント還元
  • Xperia 10 V、AQUOS sence7、Galaxy A23など多数:6,000円値引き+3,000ポイント還元

4.楽天モバイル iPhoneアップグレードプログラム利用で10,000ポイント

このプログラムは、対象のiPhoneを48回の分割払いで購入し、24回目の支払いを終えた時点で端末を返却するプログラムです。

プログラムを利用し端末を購入すると、10,000ポイントが付与されます。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

契約期間に縛りなし いつでも解約可能

楽天モバイルは「最低〇年」というような、最低使用期間は設けていません。

「生活圏で電波が届かなかった」「Rakuten Link が使いづらい」など、理由を問わずいつでも手数料なしで解約できます。

楽天モバイルに乗り換えるなら 現スマホの締め日1週間前がベスト

楽天モバイルは使用したGB数によって料金が決まるため、契約月は最安の3GBにおさまる日数を考えて申し込めば1,078円でスタートできます。

今使っているスマホの解約月基本料金は、日割り計算にならないことが多いので、月末に乗り換えたほうが無駄になりません。

ギリギリで申し込んで翌月をまたいでしまうと再び基本料金が発生するので、余裕を持って月末(締め日)の「1週間前まで」に手続きが完了するようなスケジュールがおすすめです。

回線のみの契約でも3,000ポイントが付与されますが、端末も一緒に購入するとさらにポイントがもらえるので、乗り換えと同時に機種変更も考えてている人は、一度ホームページで対象端末を確認しておきましょう。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

この記事の情報更新履歴:

2023年6月4日:楽天モバイルのプラン名を修正、楽天モバイルの開催キャンペーンを修正、UQモバイルのプラン内容を修正

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

楽天モバイルはiPhone 15の販売価格が4キャリアで最安!【PR】

  • 楽天モバイルの最強プランはギガ(データ容量)をどれだけ使っても最大3,278円(税込)。人口カバー率は99.9%!
  • 毎月のデータ利用量が1GBなら1,078円(税込)でさらに安くなる
  • Rakuten Linkからの電話発信なら何度&何分間長電話しても通話料が無料!

楽天モバイル公式サイトを見る

楽天モバイルの平均データ:220件の投稿データを見る
【Download速度】64Mbps
【Upload速度】40Mbps
【Ping】44ms
【Jitter】25ms

Guide

楽天モバイルガイド

キャンペーンやお得情報
契約者数&シェアは? | 損する人&得する人 | 学割はある?
契約に関すること
店舗で契約申込は? | 契約期間は? | 契約事務手数料 | 初期費用は? | 何歳から使える?
サービス内容に関すること
通信回線は? | 電話やRakuten Linkの通話品質 | スマホ端末セット | 通信できるエリアは? | メールアドレスは? | LINEの年齢確認は? | iPhone対応機種は?

Profile

この記事の執筆者

アプリポ編集部

アプリポ編集部では、スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するコンテンツ制作を行っています。ネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営や、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時記事コンテンツをアップデートし続けています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

iPhoneが4キャリア最安。1円スマホも多数!
楽天モバイル公式サイトを見る