楽天モバイルで審査は厳しい?審査に落ちる理由も解説のサムネイル画像

楽天モバイルで審査は厳しい?審査に落ちる理由も解説

#楽天モバイル

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

月額990円(税込)で3GB+LINE通話&ビデオ通話し放題のLINEMO

  • ソフトバンクがLINEと提携して直接提供する高速で快適なモバイル回線サービス

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

楽天モバイルの審査は厳しい?落ちる理由は?

楽天モバイルは、ギガをよく使う人も使わない人も月額料金を抑えることができる携帯キャリアです。

アプリ経由で通話すれば、通話料が無料になるRakuten Linkも人気の理由の1つです。

ただ、これまでに携帯電話会社の審査に落ちることが続いている人は、楽天モバイルの審査が厳しいかどうか気になる場合もあるでしょう。

また、本人確認の方法がうまくいかず、契約できない不安がある方もいると思います。

そこで、当記事では、楽天モバイルの契約審査に関する以下の事柄について解説します。

  • 楽天モバイルの審査落ちは書類の不備が多く収入の記載欄は無い
  • 楽天モバイルの審査に落ちる理由
  • 審査に落ちない対処法

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

楽天モバイルの審査落ちは書類の不備が多く収入の記載欄は無い

結論、楽天モバイルの審査は、他社を含む携帯電話会社に対する滞納など、過去に支払い関係でトラブルが無い場合は通過できる場合が多いです。

また、楽天モバイルには審査時に収入などを記載する欄はありません。

滞納歴が無く信用に特に問題がない場合、審査に落ちることはほとんどないでしょう。

楽天モバイルは大手3社の携帯キャリアと比べるとまだまだシェアが取れていないこともあり、ユーザー数を増やしたい思いもあると思われ、滞納などのリスクが顕在化していない場合は積極的に利用者として獲得しているものと思われます。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

セット端末を購入する場合は割賦販売のための審査がある

楽天モバイルの審査においては、

  • 回線契約のための審査
  • セット端末を分割払いで購入する場合に必要な割賦販売のための審査

の2つが存在しています。

セットスマホを楽天モバイルへの乗り換えや新規契約時に購入する場合は、回線契約のみ(SIMのみ)の契約の場合に比べて審査のハードルが少し上がります。

審査に不安がある方や楽天モバイルでセットスマホを同時に申し込んだ上で、一度審査に落ちてしまった場合は、SIMのみ(SIMカード or eSIM)で申し込んでみるのもおすすめです。

  • 楽天モバイルの審査に落ちてしまっても、同一名義で再度申し込むことが問題なく可能です

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

楽天モバイルの審査に落ちてしまう理由は?

ですが、楽天モバイルの審査は誰でも通過できるわけではありません。

楽天モバイルの審査に落ちる理由として、以下の事柄があります。

  • 信用に関する問題
  • 本人確認書類の不備
  • 契約者とMNP予約番号の発行者の名義が違う(ショップでMNPの場合)

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

信用に関する問題

審査に落ちる理由1つ目は、信用に関する問題です。

いくら審査が厳しくなくても、月の通信料が回収できない可能性があるとなると、楽天モバイルにとっては死活問題です。

明確な基準を出しているわけではありませんが、以下のように通信料金をちゃんと支払うことができる信用が少ないと判断された場合、審査が降りない場合があります。

  • 料金の未納、滞納履歴
  • 他社での督促状無視による強制解約の経験がある

1番注意したいのは、数回の料金滞納の末に強制解約になった方や端末にネットワーク利用制限をかけられた方です。

その影響で携帯会社のブラックリストに掲載されてしまうと、5年間の間は消えません。

このブラックリストは他社にも共有されているので、たとえ楽天モバイル以外で料金を滞納していた場合でも審査に通ることが難しくなってしまいます。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

本人確認書類の不備

審査に落ちる理由2つ目は、本人確認書類の不備です。

楽天モバイルを契約する際は、契約者情報を記入し、運転免許証などの本人確認書類を提出する必要があります。

その際に、いくつかの理由で確認がうまくできず審査に落ちてしまう可能性があります。

審査に落ちる理由としては、以下の理由が考えられます。

  • 写真がぶれているなどで、文字が確認できない
  • 契約者情報の誤入力
  • 古い住所を入力してしまった
  • 背景の色が本人確認書類の色と同じ

写真がぶれているなど、文字が確認できない

本人確認書類の撮影の際に、少しカメラがぶれて文字が確認できないと、住所などの情報をはっきり認識することができず、審査に落ちてしまうことがあります。

また、照明の関係で、文字の一部が見づらくなっているなどでも審査に支障が出る場合があるので、細心の注意をはらって確認しましょう。

契約者情報の誤入力

本人確認書類をきちんと撮影できていたとしても、入力する住所や氏名の情報に誤りがある場合審査が通りません。

審査は、本人確認書類に記載されている内容と、入力された情報が合致するかが判断基準になります。

うっかりふりがななどを間違えただけで審査し直しになると手間が増えてしまうので、しっかり確認してから提出しましょう。

古い住所を入力してしまった

引っ越しを最近行ったなど、住所に変更があるにもかかわらず古い住所を入力してしまった場合、審査が通りません。

また、本人確認書類に記載している住所を変更せずに申し込みをしても不備の原因となってしまいます。

申し込みの前に住所変更があった場合は、本人確認書類の記載を直すとともに、誤った住所を入力しないようにしましょう。

背景の色が本人確認書類の色と同じ

本人確認書類と背景の色が同じ色の場合、たとえ文字や写真が明瞭に写っていたとしても枠がどこにあるかが判別できず、審査が通らない場合があります。

審査に落ちると、もう一度送り直さないといけないので手間もかかります。

本人確認書類を撮影するときは、背景が似たような色ではないか確認しながら撮影するようにしましょう。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

契約者とMNP予約番号の発行者の名義が違う(ショップでMNPの場合)

審査に落ちる理由3つ目は、契約者とMNP予約番号の名義が違うことです。

契約者の状況によっては、以前契約していた携帯の名義人と、楽天モバイルを契約する名義人が違うことがあります。

例えば、子供の成人を機に、新しく楽天モバイルに乗り換える場合などです。

その場合、まず乗り換える前の回線の名義変更をしてから、子供の名義でMNP予約番号を取得しましょう。

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

楽天モバイルの審査に落ちない対処法

では、審査に落ちないためにはどうすればいいのでしょうか。

結論をいえば、本人確認書類の不備は写真撮影や入力内容に気をつけることで解消できます。

ただし、信用の問題に関しては、一度携帯電話会社間で共有されているブラックリストに入ってしまうと対処することは難しいです。

なので、楽天モバイル以外で審査が不要の携帯キャリアを選ぶことをおすすめします。

たとえば、だれでもモバイルという格安SIMであれば、審査不要で本人名義の携帯を持つことが可能です。

一般的に、信用問題で審査に落ちてしまう方は、本人名義ではなくレンタルで契約し、月額料金も高くなってしまう方が多いです。

そのため、本人名義の携帯を持てて、しかも料金も安いポケットモバイルは魅力的な点が多いといえます。

ポケットモバイルのサイトを見る

信用情報に問題がある場合は他の会社を選ぶのがおすすめ

楽天モバイルの契約審査や、審査が通らないときにおすすめの格安SIMについて解説しました。

契約審査においては、信用情報に問題がなければ、本人確認書類を鮮明に写し、記入情報を正しく入力すれば問題ありません。

ただし、過去に料金の未納があるなど信用情報に問題がある方は、だれでもモバイルなどの審査が厳しくない会社を選ぶのがいいでしょう。

この記事が、あなたの参考になれば幸いです。

ポケットモバイルのサイトを見る

他社から乗換で13,000円相当の楽天ポイントを還元キャンペーン中!2月からiPhone 15が33,000円さらに実質割引!【4キャリア最安】
楽天モバイル
公式サイトを見る>

この記事の情報更新履歴:

2023年6月3日:楽天モバイルのワンストップ化対応によるMNP手順修正、ポケットモバイル→だれでもモバイルに名称修正

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

楽天モバイルはiPhone 15の販売価格が4キャリアで最安!【PR】

  • 楽天モバイルの最強プランはギガ(データ容量)をどれだけ使っても最大3,278円(税込)。人口カバー率は99.9%!
  • 毎月のデータ利用量が1GBなら1,078円(税込)でさらに安くなる
  • Rakuten Linkからの電話発信なら何度&何分間長電話しても通話料が無料!

楽天モバイル公式サイトを見る

楽天モバイルの平均データ:220件の投稿データを見る
【Download速度】64Mbps
【Upload速度】40Mbps
【Ping】44ms
【Jitter】25ms

Guide

楽天モバイルガイド

キャンペーンやお得情報
契約者数&シェアは? | 損する人&得する人 | 学割はある?
契約に関すること
店舗で契約申込は? | 契約期間は? | 契約事務手数料 | 初期費用は? | 何歳から使える?
サービス内容に関すること
通信回線は? | 電話やRakuten Linkの通話品質 | スマホ端末セット | 通信できるエリアは? | メールアドレスは? | LINEの年齢確認は? | iPhone対応機種は?

Profile

この記事の執筆者

アプリポ編集部

アプリポ編集部では、スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するコンテンツ制作を行っています。ネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営や、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時記事コンテンツをアップデートし続けています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

iPhoneが4キャリア最安。1円スマホも多数!
楽天モバイル公式サイトを見る