楽天モバイルの0円が廃止に!代わりの乗り換え先としておすすめなのは?のサムネイル画像

楽天モバイルの0円が廃止に!代わりの乗り換え先としておすすめなのは?

#携帯新プラン

楽天モバイルが0円プランを廃止&自動移行!

楽天モバイルは2022年7月1日より、現行の1GBまで0円スタートの料金プランの「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」を廃止し、1GB未満のデータ利用量でも1,078円(税込)となる「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」に自動移行を行うことが発表しました。

これによって、データ通信量を1GB未満に抑えて使っていた利用者からは不満の声も聞こえてきています。

  • 楽天モバイルが1GBまで0円じゃなくなるのはいつからなのか?
  • 0円プランが廃止になる楽天モバイルの代わりの乗り換え先としておすすめなのはどの通信会社なのか?

当記事で紹介します。

楽天モバイルの0円スタートが廃止されるのはいつから?

楽天モバイルのプランは2022年7月1日に現行プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」を「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」に改名し内容を変更します。

<Impress Watch>楽天モバイル「0円」終了。7月からは最低1078円

現行プランではデータ通信量が1GBまでの場合、月額料金が0円となっていましたが、2022年7月1日スタートの「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」は、データ通信量が1GB未満の場合でも、月額料金が1,078円(税込)かかるように改定されます。

楽天モバイルでiPhone13を購入すると最大30,000円相当分ポイント還元!
楽天モバイル公式サイトを見る
※地方・郊外では楽天回線エリアが未整備な場合があり必ずしもお得に使えない場合があります。契約前に楽天回線エリアを楽天モバイル公式サイトからご確認ください。

完全に1GBまで無料ではなくなるのは2022年11月1日から

しかし、2022年7月1日〜4ヶ月間は移行期間として、

  • 2022年7月1日〜2022年8月31日までの間は、1GBまでプラン料金が無料を継続
  • 2022年9月1日〜2022年10月31日までの間は、1GBまで「楽天ポイント還元による実質0円」

という措置が取られます。

2022年11月1日以降は1GBまでのデータ利用量であっても、月額料金が1,078円(税込)となります。

楽天アンリミットⅦの段階制料金はどうなる?

  • データ利用料0GB〜3GBまでの場合月額1,078円(税込)
  • データ利用量が3GB超20GB以下の場合月額2,178円(税込)
  • データ利用量が20GB超の場合無制限に月額3,278円(税込)

という段階制のプランとなります。

楽天モバイルでiPhone13を購入すると最大30,000円相当分ポイント還元!
楽天モバイル公式サイトを見る
※地方・郊外では楽天回線エリアが未整備な場合があり必ずしもお得に使えない場合があります。契約前に楽天回線エリアを楽天モバイル公式サイトからご確認ください。

楽天モバイルの代わりの乗り換え先としておすすめな低価格な格安SIMは?

楽天モバイルの代わりのモバイル通信サービスとしておすすめなのは以下の通信サービスです。

  • povo 基本料金0円でデータ量トッピングを都度購入する方式
  • LINEMO ミニプランなら月額990円(税込)でLINEの通話&ビデオ通話&メッセージ送受信等でデータ消費なし!
  • IIJmio 2GBプランなら月額850円(税込)の大手MVNO
  • OCNモバイルONE 500MBのミニマムなプランが月額550円(税込)

povo 2.0は基本料金0円で使える

povo 2.0は基本料金が0円となっており電話機能も搭載されたモバイル通信サービスです。

povo 2.0の運営会社である大手通信会社KDDIの社長が基本料金0円を「やめる理屈がない」と発言しており、楽天モバイルとは異なり今後も基本料金0円・オールトッピング方式を続ける予定が高いです。

<ITMedia>povo2.0の基本料0円「やめる理屈がない」 KDDI高橋社長が言及 楽天の月額0円プラン廃止で

データ通信を快適に行うためにはデータ追加3GB(990円・有効期限30日間)などといったデータトッピングを都度購入する必要がありますが、必要な分だけ通信量を購入することで、生活の変化に柔軟に対応できる点が魅力です。

また、電話の受発信は0円運用であっても可能である点、データ追加トッピングが無い場合でも128kbpsという低速ではありますがデータ通信が可能な点から、ほとんどデータ通信を必要としていない方にとってはpovo 2.0は0円〜利用でき魅力的です。

基本料金0円!povo2.0に大幅進化して提供開始!
povoの公式サイト

LINEMOのミニプランはLINE通話・ビデオ通話やメッセージ送受信でデータ消費なし!

LINEと提携する形でソフトバンクが提供するモバイル通信サービス「LINEMO」には、データ通信容量が3GB/月で990円(税込)で利用できる格安のミニプランが存在します。

LINEMOのミニプランのデータ通信容量は3GBと少なめですが、LINEアプリで

  • 音声通話をした場合
  • ビデオ通話をした場合
  • メッセージで文字や写真や動画などを送受信した場合

データ通信量が一切消費されません。

LINEMOはLINEで日常的にコミュニケーションをよく行っている方には大変オトクなサービスと言えそうです。

LINEMOに月額990円のミニプラン登場!スマホプランなら他社から乗換で10000円相当GET!
LINEMO公式サイトを見る
ソフトバンク、ワイモバイル、LINEモバイルからの申込はキャンペーンの対象外。

IIJmioは月間2GBで850円(税込)のミニマムなプランがある

MVNOと呼ばれる格安SIMジャンルの中では大手で長年のサービス提供実績のある「IIJmio」は月間2GBで850円(税込)で利用できるプランが存在しています。

月額850円(税込)という低価格でありながらSMSや電話機能もついており、電話やSMSが不要な方であればさらに格安な料金で契約・利用が可能です。

IIJmioのギガプランは音声通話機能付きSIMで月額858円(税込)〜とっても格安!

IIJmioの公式サイトを見る

OCNモバイルONEは月間500MBで550円(税込)の極小容量プランがある

NTTグループの「NTTコミュニケーションズ」が運営する格安SIMサービス「OCNモバイルONE」は月間データ容量が極小の500MBで550円(税込)で利用できるプランが存在しています。

月額550円(税込)という低価格でありながらSMSや電話機能もついています。

OCNモバイルONEのサイトを見る

ahamoは20GBの大容量なのにリーズナブル!【PR】

  • 回線品質はドコモと同じ!
  • 月額2,970円(税込)で月間20GBまで使えて安心!※機種代金別途
  • さらに1回5分間までの電話が何度でも無料!※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。
  • ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで利用できる!
    ※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。

ahamoの公式サイトを見る

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」は企業のホームページ等を制作するWebデザイナーとして活動しつつ、スマホ・PCアプリの便利な使い方や携帯電話会社のオンライン専用料金プラン・格安SIMや新電力サービス等の情報を解説する当サイト「アプリポ」の運営を行っています。

詳細は運営者情報ページをご覧ください。