Signal(シグナル)でブロックの確認方法!ブロックリストは?【メッセージアプリ】

Signal(シグナル)でブロックした相手の一覧を確認したい

プライバシー性・安全性の高い暗号化メッセージアプリとして注目を集めているSignal。

Signalを使っていて、不快なメッセージを送ってくるユーザーや、執拗に音声通話を掛けてくるユーザーなど、迷惑なユーザーに困っており、ブロック機能を使った…

けれども、今までに誰をブロックしていたのか、確認や見直しのためにリストとして表示させたい場合があると思います。

当記事では、Signal(シグナル)でブロックリストの確認方法を解説します。

Signal(シグナル)でブロックしたユーザーを確認する方法!

Signal(シグナル)でブロックしたユーザーをリストで確認する方法は以下の通りです。

クイック解説

1.Signalアプリを開いて、左上の自分のアイコンをタップします。
2.「プライバシー」をタップします。
3.「ブロックリスト」をタップすると、自分がブロックしたユーザーの一覧が確認できます。

画像で詳しく解説

1.Signalアプリを開いて、左上の自分のアイコンをタップします。

Signalアプリを開いて、左上の自分のアイコンをタップしますの操作のスクリーンショット

2.「プライバシー」をタップします。

「プライバシー」をタップしますの操作のスクリーンショット

3.「ブロックリスト」をタップすると、自分がブロックしたユーザーの一覧が確認できます。

「ブロックリスト」をタップすると、自分がブロックしたユーザーの一覧が確認できますの操作のスクリーンショット

Signal(シグナル)でブロックされたかどうかを確認する方法は?

Signalで相手にブロックされているかどうかを確認する方法は用意されていないと、Signal公式サポート上で解説されています。

  • あなたが誰かからブロックされているかどうかを Signal が教えることはありません。
  • あなたをブロックしている人には、あなたからのメッセージは見えません。
  • その後相手がブロックを解除しても、それまでに送ったメッセージは再送されません。ブロックされている間に送信した情報は相手には見えません。

引用元:電話番号またはグループのブロック > ブロックされているかどうかを知る方法

実際に検証用アカウントで相手をブロックし、ブロックされたユーザー側から、ブロックしたユーザーのプロフィールを確認しましたが、何も変化はなく、ブロックされたことがわかりませんでした。

Signalでブロックされた相手からブロックしたユーザーのプロフィールを確認した場面のスクリーンショット

お役立ちリンク

画像引用元&出典:Signal

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る