Signal(シグナル)で配信済みにならない場合の原因は?【メッセージアプリ】のサムネイル画像

Signal(シグナル)で配信済みにならない場合の原因は?【メッセージアプリ】

Signal(シグナル)でメッセージが配信済みにならない

広告が無く、シンプルでプライバシー性が高く安全性の高いメッセージアプリとして注目を集め始めている「Signal(シグナル)」

Signalでメッセージを送信したけれど、配信済みを示す2つのチェックマークに表示が変化しない…

といった方向けに、当記事ではSignal(シグナル)で配信済みにならない場合の原因を解説します。

Signal(シグナル)で配信済みにならない原因は?

Signalで送信したメッセージが配信済みにならない原因は、以下の理由が考えられます。

相手のスマホがインターネットに接続されていない

相手のスマホが圏外になっている、電波の届かないエリアにいる等の理由で、インターネットに接続されていない場合は、相手のSignalアプリがメッセージを受信できない状況になっているため、メッセージは配信されません。

相手のスマホが再度ネットに接続するのを待ちましょう。

相手のスマホが「機内モード」になっている

相手が飛行機に搭乗している等の理由で、相手のスマホで「機内モード」を使っている場合でも、スマホがインターネットに接続されないため、メッセージは配信されません。

相手が機内モードをオフにするのを待ちましょう。

相手がSignalアプリを削除してしまっている

相手がSignalアプリを削除してしまった場合においても、Signalのメッセージは配信されません。

相手とSignalでメッセージをしたい場合は、相手を再度Signalへ招待しましょう。

関連リンク

メッセージが送信中のまま止まってしまっている場合は?

メッセージ右下のマークが、点線の丸1個の表示のままになっている場合は、相手に配信される前段階の送信中のまま止まってしまっていることになります。

その場合は、以下のトラブルシューティングを参考にしてみてください。

<Signal Support>メッセージの送信に関するトラブルシューティング

お役立ちリンク

画像引用元&出典:Signal

Follow

フォローして情報を受け取る