Signal(シグナル)で消えるメッセージ機能のやり方は?【メッセージアプリ】

Signal(シグナル)で消えるメッセージ機能を使いたい!

広告が無く、プライバシー性が高く安全性の高いメッセージアプリとして注目を集め始めている「Signal(シグナル)」

Signalアプリで、「消えるメッセージ機能」を使いたいけれど、やり方がわからない…

といった方向けに、当記事ではSignal(シグナル)で消えるメッセージ機能のやり方&仕方を解説します。

Signal(シグナル)で消えるメッセージ機能のやり方&仕方

iPhone版Signalで消えるメッセージを有効にする

iPhone版Signalでの消えるメッセージ機能を有効にするやり方は、以下の通りです。

クイック解説

1.消えるメッセージを設定したい相手やグループの名前とアイコンの部分をタップします。
2.「消えるメッセージ」をタップします。
3.メッセージの表示時間を選択して、右上の「完了」をタップします。

画像で詳しく解説

1.消えるメッセージを設定したい相手やグループの名前とアイコンの部分をタップします。

消えるメッセージを設定したい相手やグループの名前とアイコンの部分をタップしますの操作のスクリーンショット

2.「消えるメッセージ」をタップします。

「消えるメッセージ」をタップしますの操作のスクリーンショット

3.メッセージの表示時間を選択して、右上の「完了」をタップします。

メッセージの表示時間を選択して、右上の「完了」をタップしますの操作のスクリーンショット

4.消えるメッセージが設定されたので、左上の「<」ボタンをタップしてチャット画面に戻ります。

消えるメッセージが設定されたので、左上の「<」ボタンをタップしてチャット画面に戻りますの操作のスクリーンショット

5.「消えるメッセージのタイマーを◯分に設定しました」と表示され、消えるメッセージ機能がこのチャットで有効になったことがわかります。

「消えるメッセージのタイマーを◯分に設定しました」と表示され、消えるメッセージ機能がこのチャットで有効になったことがわかりますの操作のスクリーンショット

Android版Signalで消えるメッセージを有効にする

クイック解説

1.消えるメッセージを設定したい相手やグループの名前とアイコンの部分をタップします。
2.「消えるメッセージ」をタップします。
3.縦にスクロールしてダイヤルを回してメッセージの有効時間を選んだ上で、「OK」をタップします。

画像で詳しく解説

1.消えるメッセージを設定したい相手やグループの名前とアイコンの部分をタップします。

消えるメッセージを設定したい相手やグループの名前とアイコンの部分をタップしますの操作のスクリーンショット

2.「消えるメッセージ」をタップします。

「消えるメッセージ」をタップしますの操作のスクリーンショット

3.縦にスクロールしてダイヤルを回してメッセージの有効時間を選んだ上で、「OK」をタップします。

縦にスクロールしてダイヤルを回してメッセージの有効時間を選んだ上で、「OK」をタップしますの操作のスクリーンショット

4.消えるメッセージが設定されました。

消えるメッセージが設定されましたの操作のスクリーンショット

5.チャット画面において「消えるメッセージのタイマーを◯分に設定しました」と表示されます。

チャット画面において「消えるメッセージのタイマーを◯分に設定しました」と表示されますのスクリーンショット

有効にすると相手がメッセージを開いてから一定時間でメッセージが消える

消えるメッセージのタイマーを有効にすることで、相手がメッセージを開いてから、指定の時間が経過すると、自動でメッセージが消えるようになります。

※自分がメッセージを送信してからの経過時間ではなく、相手がメッセージを初めて開いてからの経過時間が基準となります。

セキュリティ性やプライバシーが守られる「消えるメッセージ機能」を活用することで、より安全にメッセージを楽しむことができますね。

関連リンク

お役立ちリンク

画像引用元&出典:Signal

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る