Skype(スカイプ)でスクショ(スクリーンショット)を禁止&防止することはできる?

Skype(スカイプ)でスクショ(スクリーンショット)を禁止したい

在宅勤務の機会が増えたことで、Skypeを利用してミーティングを行う人も多いのではないでしょうか。

Skypeで通話する上で、参加者が勝手にスクショをとっているのではないかと不安に感じることもあるかと思います。

この記事では、Skype(スカイプ)でスクショ(スクリーンショット)を禁止&防止することはできるのか?解説していきます。

Skype(スカイプ)でスクショ(スクリーンショット)を禁止&防止することはできる?

Skype(スカイプ)の設定でスクショを禁止することはできない

Skypeの通話画面をスクショする方法として、iPhoneのスクリーンショット機能や画面録画機能を利用してスクショ撮影することが考えられます。

Skypeの設定でこれらのスクショを禁止することはできません。

また、通知が届くこともないためスクショを撮られたことに気付くことも難しいでしょう。

Skype(スカイプ)の機能を利用してスクショ撮影された場合は通知がくる

iPhoneやPCの機能でスクショされても通知は届きませんが、Skypeのスナップショット機能を利用して撮影された場合は通知が届きます。

スナップショット機能を利用してスクショを撮影するとどのように通知がいくのか解説します。

通話画面右下の「…」をタップします。

メニューが表示されました。

「スナップショットを撮る」をタップします。

通話画面のスクショを撮ることができました。

スナップショットを撮影した瞬間、通話相手の画面に「(アカウント名)さんがスナップショットを撮りました」のメッセージが表示されました。

また、撮影した画像はチャットで送信されています。

このように、Skypeの機能を利用してスクショを撮影された場合は通知が届きます。

事前にスクショを禁止することはできませんが、これ以上撮影されたくない場合は、その旨を相手に伝えると良いでしょう。

Skype(スカイプ)を利用する上での注意点

ご紹介したように、Skypeの通話中にスクショすることを完全に禁止することはできません。

また、スクショされても通知が届かない場合があるため、撮影されたことに気付けないということもあります。

Skypeでビデオ機能をオンにするのは信頼できる相手と通話を行う時に限定する、相手にスクショを撮影しないようにお願いしておく、などの対策をとるようにすることをオススメします。

Skype(スカイプ)通話中にビデオをオフにする方法

Skype通話中にビデオをオフにする方法をご紹介します。

ビデオがオンになっている場合、自分のアイコンは表示されず、映像が映し出されています。

通話画面の下にあるビデオのボタンをタップします。

ビデオのボタンが黒くなり、斜線が入りました。

また、先ほど映像が映っていた部分にアイコンが表示されています。

これで、ビデオ機能をオフに設定できました。

スクショを撮られたくない場合は、ビデオをオフに設定しておくとトラブルを防ぐことができるでしょう。

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る