ソフトバンクエアーの仕組み&原理はどうなっている?のサムネイル画像

ソフトバンクエアーの仕組み&原理はどうなっている?

#ソフトバンクエアー

ソフトバンクエアーの仕組みって?

ソフトバンクエアーは、工事不要でWi-Fiを使うことができる置き型Wi-Fiです。

コンセントに差すだけで使えるので、回線工事をするのが嫌な方や引っ越しが多い方、また、マンションに住んでいる方におすすめの回線です。

ただ、今まで家に線を引いてインターネットを使ってきた方は、どうやって通信をしているのか、なぜ工事なしでWi-Fiが使えるのか気になる方もいると思います。

そこで、当記事では、ソフトバンクエアーの仕組みや原理に関する以下のことガレについて解説します。

  • ソフトバンクエアーの仕組み
  • ソフトバンクエアーとモバイルWi-Fiの違い
  • ソフトバンクエアーはどこで申し込むとお得?

ソフトバンクエアーの仕組み

まず、ソフトバンクエアーの仕組みについて解説します。

実は、ソフトバンクエアーは、光回線やケーブルテレビのように回線を家に引き込んで信号を受信するのではありません。

街中の基地局から飛ばされる電波を受信することでインターネットを使うことができる仕組みになっています。

受信した電波を自宅の中に拡散することで、Wi-Fiが使えるようになる原理です。

仕組みだけでいえば、モバイルWi-Fiと同じようになっています。

ネクストでSoftBank Airを申し込みで最大30,000円キャッシュバック!

SoftBank Airキャンペーンページ

通信のためのプロバイダ契約も必要ない

なお、ソフトバンクエアーは固定回線とは違い、プロバイダの契約も必要ありません。

なぜかというと、通信の際、モバイルWi-Fiやスマートフォンと同じように、携帯の基地局の電波を使っているからです。

例えば、いつも使っているスマートフォンはWi-Fiに繋がなくても、基地局からの電波だけでインターネットが使えます。

その原理と同じで、ソフトバンクエアーも本体の契約だけでインターネットを使用することが可能です。

ネクストでSoftBank Airを申し込みで最大30,000円キャッシュバック!

SoftBank Airキャンペーンページ

ソフトバンクエアーとモバイルWi-Fiの違い

では、似たような仕組みであるソフトバンクエアーとモバイルWi-Fiの違いはどこにあるのでしょうか。

それぞれの違いを以下の項目に分けて説明していきます。

  • データ容量の違い
  • 持ち運べるかどうかの違い
  • つながりやすさの違い
  • 有線接続のしやすさの違い

データ容量の違い

1つ目は、データ容量の違いです。

ソフトバンクエアーのはデータ容量の制限がありませんが、モバイルWi-Fiの場合は制限ありの場合と制限なしの場合があります。

また、制限なしのモバイルWi-Fiの場合でも、短期間に多くのデータを使うと通信制限がかかる場合があります。

そのため、もし動画コンテンツの視聴やオンラインゲーム、家族複数人で同時接続をすることが多い場合は、ソフトバンクエアーの方がいいといえます。

持ち運べるかどうかの違い

2つ目は、持ち運べるかどうかの違いです。

ソフトバンクエアーは、コンセントに差さないと使用ができないので、持ち運びには向いていません。

充電式ではないので、電源のオン・オフボタンもなく、再起動するにはコンセントを抜き差しする必要があります。

一方、モバイルWi-Fiは充電して外に持ち運びながら使うことができるので、家にいることが少なく外出先でWi-Fiを使いたい方は、モバイルWi-Fiの方がいいといえます。

つながりやすさの違い

3つ目は、つながりやすさの違いです。

ソフトバンクエアーは、モバイルWi-Fiに比べてアンテナが大きく、基地局からの電波が受信しやすくなっています。

また、接続端末へ電波を飛ばす力も強いので、部屋や階をまたいで使用することも可能です。

その分、端末の大きさもモバイルルーターに比べて大きいので、置き場所を確保する必要があります。

また、いくらつながりやすいとは言っても、速度が遅くなるときはどちらの場合でも起こりうることなので、理解しておきましょう。

有線接続のしやすさの違い

4つ目は、有線接続のしやすさの違いです。

ソフトバンクエアーには、パソコンやゲーム機に直接LANケーブルを繋ぐことができるLANポートが2口あります。

そのため、光回線などの固定回線と同じように優先接続をすることができます。

一方、モバイルWi-Fiを使って優先接続するには、専用の機械や線が必要です。

もし、有線接続したい機器がある場合は、ソフトバンクエアーの方がいいかもしれません。

ネクストでSoftBank Airを申し込みで最大30,000円キャッシュバック!

SoftBank Airキャンペーンページ

ソフトバンクエアーはどこで申し込むとお得?

最後に、ソフトバンクエアーはどこで申し込むとお得なのかについて解説します。

ソフトバンクエアーの申し込み窓口はさまざまありますが、1番お得に申し込めるのは代理店からの申し込みです。

なぜかというと、ソフトバンクエアーを少しでも多く申し込んでもらうために、高額のキャッシュバックキャンペーンが展開されていることが多いからです。

そのうえ、利用者も公式から申し込むのと変わらない製品を使えるので、商品が違うなどのリスクもありません。

ソフトバンクエアーは代理店からの申し込みがお得

ソフトバンクエアーを申し込める代理店はたくさんありますが、全ての代理店が安いとは限りません。

代理店によっては、難しい条件やキャッシュバックまでの期間が長いところもあるので、しっかりと確認することが必要です。

今回は、調査したうえでおすすめの代理店を3つ紹介するので、申し込みするならこの3つのどこかから申し込むといいでしょう。

おすすめ代理店1:株式会社ネクスト

株式会社ネクストは、申し込みから最短2ヶ月後に最大30,000円のキャッシュバックが受け取れる代理店です。

しかも、キャッシュバックの申請は電話で口座番号を伝えるだけなので、面倒な手続きなくお金を受け取れます。

また、乗り換えの場合、違約金や撤去工事費が前の会社でかかっても、最大100,000円まで還元してくれるので、乗り換えて損することがないといってもいいでしょう。

ネクストでSoftBank Airを申し込みで最大30,000円キャッシュバック!

SoftBank Airキャンペーンページ

おすすめ代理店2:株式会社エヌズカンパニー

株式会社エヌズカンパニーも、株式会社ネクストと同じく、最大30,000円のキャッシュバックを受け取れます。

違約金補填、キャッシュバック申請に関しても同じ条件のため、こちらの代理店もかなりの好条件で申し込むことができそうです。

エヌズカンパニーでSoftBank Airを申し込むと最大30000円キャッシュバック!

エヌズカンパニーのSoftBank Airキャンペーンページ

おすすめ代理店3:株式会社グッド・ラック

株式会社グッド・ラックは、ソフトバンクエアーの機器を使って、「モバレコAir」という新しいサービスを展開している会社です。

17,000円が申し込みの翌月にキャッシュバックされたり、独自の月額料金割引など、ソフトバンクエアーと違った料金設定も魅力です。

名前が違いますが、スマートフォンとのセット割は同じように効くので、月額料金も安く使いたい方はこちらから申し込むのもいいでしょう。

モバレコAirなら翌月に17,000円スピードキャッシュバック!

モバレコAirのサイトを見る

ソフトバンクエアーの仕組みは、携帯やモバイルWi-Fiと同じく基地局からの電波を受信する原理!

ソフトバンクエアーの仕組みやモバイルWi-Fiとの違いについて解説しました。

ソフトバンクエアーの原理としては携帯やモバイルWi-Fiと同じく、基地局からの電波を使ってインターネット通信を可能にしています。

また、ソフトバンクエアーは本体が大きいので内蔵アンテナも大きく、モバイルWi-Fiよりも基地局からの電波を多く受け取ることが可能です。

もし申し込む場合は公式からでもいいですが、公式とほとんど同じ手続きで多くのキャッシュバックがもらえる代理店の方が、お得に使うことができるでしょう。

この記事があなたの参考になれば幸いです。

ネクストでSoftBank Airを申し込みで最大30,000円キャッシュバック!

SoftBank Airキャンペーンページ

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」はスマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」の運営やWebデザイン事業などIT分野の事業を行っています。

以下サイトから申し込みで
最大30,000円キャッシュバック!

SoftBank Airキャンペーンページ