SoftBank on LINEを使うデメリット&メリットは?

ソフトバンクの新ブランド「SoftBank on LINE」がついに発表!

Softbank on LINEの正式名称は「LINEMO」最新記事はこちら!

ソフトバンクは2020年12月22日の発表により、格安でギガ容量の多い新ブランドとして、「SoftBank on LINE」を発表しました。

月あたりのデータ通信量容量は20GBと豊富にありながら、月額2,980円(税抜)で利用できるという、大手携帯キャリアは高いというイメージを覆す、画期的な料金プランとして広く注目を集めています。

また、2020年12月3日にNTTドコモが発表した新料金プラン「アハモ」を強く意識した同価格帯・類似スペックのブランドとなっています。

SoftBank on LINEの特徴としては、サービス内容をシンプル&オンライン化し、ソフトバンクショップなどでの申込みやサポートは不要な方向けの、デジタルに強い若い世代にターゲットを絞ったプランとなります。

20GB+「LINEがギガノーカウント」を月額2,980円で提供

SoftBank on LINEの正式名称は「ラインモ(LINEMO)」

SoftBank on LINEとして当初発表されたソフトバンクのオンライン専用新ブランドの正式名称は「ラインモ(LINEMO)」であることが発表済みです。

ラインモは、月額2,480円(税抜)で月間データ通信容量が20GBの大容量で提供されます。2021年3月17日より提供が開始されます。

月額2,728円!LINEギガノーカウントはLINEMOだけ!5分以内の通話が無料の「通話準定額」も1年間無料キャンペーン実施中!

LINEMO公式サイトを見る

SoftBank on LINEを使うデメリットはある?

事前情報からは、ソフトバンクやドコモ、auの今のプランからSoftBank on LINEに変更すれば、大容量のプランを格安料金で使用できるため、SoftBank on LINEにすればメリットだけで、デメリットが無いじゃないか?という声も聞こえてきそうです。

当記事では、SoftBank on LINEを使うデメリットは存在するのか?解説いたします。

1.オンライン限定のサービスでソフトバンクショップでの申込みやサポートは不可

SoftBank on LINEを使うデメリットとしては、ソフトバンクショップでの取り扱い・申込みやサポートは一切行わず、WebやLINEを起点としたオンライン限定のサービス提供となる点です。

用紙などでの申込みや、端末の操作方法などを対面でサポートしてもらえるソフトバンクショップでのサービスは受けることができません。

SoftBank on LINEのウェブサイトやLINEアプリ上で、SoftBank on LINEへの申込み、契約後の手続きやサポートを承る予定となっています。

とは言っても、筆者などはキャリアショップにもう数年以上通っていないため、デジタル世代にとっては大きなデメリットと言えないかもしれません。

2.既存のソフトバンクの割引サービスの一部が併用不可

SoftBank on LINEはサービス料金をシンプルにしており、料金を大きく抑える代わりに、既存の割引は基本的に併用できなくなっています。

例えば「おうち割光セット」などは、適用対象外となっており、ソフトバンク光等とセットで割引を更に受ける…といったメリットを享受できないようになっています。

しかし、大手キャリアの利用者の平均スマホ代金は高額なことで知られており、既存の割引よりも、SoftBank on LINEの基本料金2,980円/20GBの安さのほうが強力になりそうです。

SoftBank on LINEを使うメリットは?

1.月間20GBまで利用可能、制限後も1Mbpsの通信速度で利用できる

SoftBank on LINEは月額2,980円という低価格な料金で、月間20GBまでのデータ通信に対応している点が魅力です。

20GBを超過して通信制限がかかった場合でも、1Mbpsの通信速度で通信が可能なため、緊急時にもなんとかなりそうです。

2.1回につき5分間の通話料金無料

さらに1回の通話につき5分間の通話料金無料がついており、短い電話をたくさんかける方には大変オトクなプランとなっています。

1回5分以上の通話においては、30秒ごとに20円の通話料がかかります。

3.「新規契約事務手数料」「機種変更手数料」「MNP転出手数料」がすべて無料

今までのソフトバンクのサービスでは、機種変更や新規契約、転出の際にそれぞれ手数料がかかる点がネックでしたが…

  • 新規契約事務手数料
  • 機種変更手数料
  • MNP転出手数料

などの煩わしい手数料がすべて無料となっており、月額料金の安さに加えてお得になっています。

SoftBank on LINEの正式名称は「ラインモ(LINEMO)」

SoftBank on LINEとして当初発表されたソフトバンクのオンライン専用新ブランドの正式名称は「ラインモ(LINEMO)」であることが発表済みです。

ラインモは、月額2,480円(税抜)で月間データ通信容量が20GBの大容量で提供されます。2021年3月17日より提供が開始されます。

月額2,728円!LINEギガノーカウントはLINEMOだけ!5分以内の通話が無料の「通話準定額」も1年間無料キャンペーン実施中!

LINEMO公式サイトを見る

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る