LINEMO
ソフトバンクからpovo(ポヴォ)に乗り換えでSIMロック解除は必要?のサムネイル画像

ソフトバンクからpovo(ポヴォ)に乗り換えでSIMロック解除は必要?

ソフトバンクからpovo(ポヴォ)に乗り換えたい!

【2021年9月更新!】

「povo(ポヴォ)」は基本料0円で契約できユーザーの利用用途に合わせてデータ容量や通話料をトッピングすることができる柔軟なプラン設計から広く注目を集めています。

現在ソフトバンクの既存プランを使っていて、ソフトバンクのスマホ端末を持ち込みたいけれど、povoに移行する場合、SIMロック解除をしなくても持ち込めるのか?気になる方も多いと思います。

当記事では、ソフトバンクからauのpovo(ポヴォ)に乗り換える時にSIMロック解除は必要なのか?解説します。

ソフトバンクからpovo(ポヴォ)に乗り換える場合はSIMロック解除が必須!

結論から言うと、ソフトバンクで購入したスマホ端末を持ち込む形で、ソフトバンクからpovo(ポヴォ)に乗り換える際は必ずソフトバンク側でSIMロック解除の手続きが必要になります。

SIMフリー端末をソフトバンク以外で購入している場合や、一度SIMロック解除を行ったスマホ端末では、SIMロック解除の必要性はありません。

ソフトバンクでのSIMロック解除方法については、以下のページに詳しく記載があります。

<ソフトバンク公式サイト>ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する/SIMロック解除

ソフトバンクではMy SoftBank(オンライン)でのSIMロック解除と、ソフトバンクショップに持ち込んでSIMロック解除に対応してもらう方法の2つがあります。

My SoftBankからSIMロック解除する方法は、待ち時間が無くショップ側に引き止められる心配もなく、手数料も無料になるためおすすめです。

2021年9月下旬にpovo2.0で大幅進化して提供開始予定!

povo公式サイトを見る

他社で販売されたAndroid端末はau回線で電波が弱くなる可能性が

au以外の他社で販売されたAndroidスマホをpovoで使いたい場合の大きな注意点としては、

au以外の他社で販売されているAndroid端末は、購入した携帯電話会社の電波周波数帯(バンド)を中心に対応していることが多く、povoの対応端末に含まれているAndroidスマホでpovo等のau回線に乗り換えた場合、「エリアが狭い」「電波が弱いことが多い」と感じる結果になってしまう可能性があります。

参考記事:<ケータイWatch>au・ソフトバンクスマホを「SIMロック解除」してドコモ系MVNOで使うには?~IIJが解説

なお、iPhoneの場合は同様の問題が発生しません。

au以外の他社で販売されたiPhoneであっても、auで販売されたiPhoneと通信性能や対応電波周波数帯(バンド)に違いは無いため、iPhoneは携帯電話会社間の持運びにおいて問題が発生しづらいです。

2021年9月下旬にpovo2.0で大幅進化して提供開始予定!

povo公式サイトを見る

一度SIMロックを解除することで携帯会社の選択が自由に!

一度ソフトバンク側でSIMロック解除の手続きを済ませてしまえば、ソフトバンクからpovoに移行後、万が一他の携帯電話会社に移行することになっても、その際はSIMロックの解除などの手続きは不要となります。

SIMロック解除済みのスマホ端末はMNP手続きをするだけで、携帯電話会社同士を移行することが可能になります。

※携帯電話番号を使い続けたい場合は、MNP予約番号をソフトバンク側で発行してもらう必要があります。

また今後スマホ端末を買い換える際に、SIMフリー端末を選ぶことでSIMロック解除という作業が一切不要となります。

2021年9月下旬にpovo2.0で大幅進化して提供開始予定!

povo公式サイトを見る

3GBで月額990円!ソフトバンクのLINEMOもおすすめ!【PR】

  • LINEMOミニプランも登場!なんと3GBで月額990円(税込)!
  • 20GBのスマホプランなら10,000円相当あげちゃう!
    ※ソフトバンク、ワイモバイルからの申込はキャンペーンの対象外となります。
  • LINEMOはLINEアプリの通話やメッセージが通信量にカウントされないからオトク!

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

Follow

フォローして情報を受け取る

Featured

注目の記事