TikTok(ティックトック)の質問箱機能のやり方&仕方を解説!プロフィールで質問を受付!

TikTokのプロフィールで質問を受け付ける事ができる条件とは?

ダンスや歌、料理など様々なコンテンツの動画を楽しむ事ができるアプリTikTok。

日本だけではなく海外の方がアップする動画もついつい見てしまいますよね。

自分が撮りたい動画を一方的にアップするのも楽しいですが、自分の動画を見ている人達からの質問も受け付ける事が出来たらもっと楽しめますよね。

質問を受け付ける事によって、視聴者が気になっている事に答えたり、リクエスト動画を作ったりと交流を深める事もできます。

「有名なアカウントの人のプロフィールに行くと質問箱があるけど、自分のには何で設置されていないんだろう」、「フォロワーが沢山いないと設定出来ない機能なのかな」などと思った事はないでしょうか。

当記事ではTikTokの質問箱機能のやり方を解説致します!

TikTokで質問箱を設定するためにはプロアカウントが必要

まず質問箱を設定できる条件ですが、プロアカウントが必要になります。

プロアカウントの取得は無料で簡単にできます。

自分のプロフィールの右上をタップし、アカウント管理の「プロアカウントに切り替える」から進めて行きます。

最初にアカウントの種類を選択するのでご自身のTikTokの活用方法によって選択するものが異なるかと思いますが、個人で使用する場合には「クリエイター」を選んでください。

次に活動内容に当てはまるカテゴリーを選択する画面になります。

例として「アート」、「ビューティー・ファッション」などがあるので、該当するものを選択したあと、性別を設定して完了になります!

プロアカウントがあれば自分の動画の分析を見る事ができるので、研究する事によってフォローを増やしたりする事できます。

なので質問箱設定のためだけではなくとりあえず設定するのも良いと思います。

TikTokで実際の質問箱機能のやり方&仕方を解説

では実際の質問箱機能の設定方法を解説します。

プロアカウント設定後、マイページの右上を押すと「設定とプライバシー」画面が開きます。

その中の「クリエイターツール」をクリックし、次に「Q&A」を押します。

最後に「Q&Aをオンにする」をタップして完了です!

設定後にプロフィールに行くと、「質問はありますか?」と表示がされますので確認をしてみてください。

たまにプロアカウントに切り替えたにも関わらず、「クリエイターツール」のボタンや、質問箱が表示されない事もあります。

その時は自分のTikTokが最新版なのかを確認して、そうでなければアップデートをし、それでも表示されない場合にはアプリを再起動してみてください。

今まではフォロワーが最低1万人いないと質問箱を設定する事が出来なかったのですが、最近誰でもプロアカウントさえ設定すれば誰でも設置するができるようになりましたので皆様ご活用ください!

お役立ちリンク

画像引用元&出典:TikTok

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る