twitter(ツイッター)は生年月日&誕生日や年齢がバレる?

twitter(ツイッター)は生年月日&誕生日や年齢がバレる?

twitterは匿名で利用できるSNSで、簡単な操作で気軽にツイートできるので便利で楽しいツールです。

そんなtwitterでは、生年月日が公開されて誕生日や年齢がバレることはあるのかと気になる人も多いのではないでしょうか。

結論ですが、twitterで生年月日や年齢がバレる可能性はあります。

この記事では、なぜtwitterで生年月日がバレるのか、バレないようにする方法はないかなど解説していきます。

twitter(ツイッター)のプロフィールには生年月日が表示されている

twitterのプロフィールには、以下の情報を設定できます。

  • 名前
  • 自己紹介文
  • 場所
  • Webサイトのリンク
  • 生年月日

生年月日を公開設定にしている場合、他のユーザーから画像のように見えています。

生年月日はタイムライン上に表示されたりはしませんが、アカウントのホーム画面へ行くと上部に表示されるようになっています。

twitter(ツイッター)は生年月日&誕生日や年齢がバレる!バレないようにする方法は?

twitterのプロフィールに生年月日を設定しておくと、誕生日を迎えるとバルーンが飛ぶアニメーションを見ることができたり、フォロワーからお祝いしてもらえたりします。

しかし、「年齢がバレてしまう」や「個人情報なので秘密にしたい」などの理由から非表示にしたいと考える人も多いのではないでしょうか。

そんな人は、これからご紹介する方法で生年月日の公開範囲の設定を変更してください。

twitter(ツイッター)で生年月日&誕生日を非表示&非公開にする方法

1.プロフィール画面を開き、右上の「変更」をタップします。

2.生年月日をタップします。

3.すでに生年月日を設定済みの場合は、確認のメッセージが表示されますので「次へ」をタップします。

4.「月日」をタップします。

5.「自分のみ」をタップします。

6.月日と年の公開範囲の設定が完了したら、「次へ」をタップします。

7.「保存」をタップします。

8.確認メッセージが表示されますので、問題なければ「確認」をタップします。

これで、生年月日の非公開設定が完了しました。

設定後に別のアカウントからプロフィールを確認したところ、生年月日が非表示になっていることが確認できました。

生年月日の公開設定は、「月日」と「年」で別の公開範囲を選ぶこともできます。

誕生日は公開したいけど年齢は秘密にしておきたい、といった場合には、「年」の公開設定だけを「自分のみ」にしておきましょう。

お役立ちリンク

画像引用元&出典:twitter

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る