Twitter(ツイッター)は有料化する?見るだけの場合や内容&なぜなのか解説のサムネイル画像

Twitter(ツイッター)は有料化する?見るだけの場合や内容&なぜなのか解説

#Twitter

Twitterが有料化する可能性はある?

電気自動車のテスラや宇宙開発事業で有名な実業家のイーロン・マスク氏が、2022年10月にツイッター運営会社を巨額で買収したことで、ツイッターの仕組みや機能に大きな変更が加えられる可能性が高まっています。

Twitterのマスク氏による買収完了、上場廃止は11月8日(公式)

当記事では以下の事柄について解説します。

  • Twitterは有料のサブスク機能を大幅に強化し無料版アカウントより便利に使える
  • Twitterが無料で一切使えなくなる可能性は低いが有料のサブスク加入者を優遇する可能性は高い
  • Twitterを見るだけの場合は無料ユーザーでも問題ない可能性が高いが一部制限の可能性が

「Twitterブルー」という有料月額サービスを強化予定

Twitterではイーロン・マスク氏の買収前から有料のサブスクリプションサービスとして「Twitterブルー」を一部の英語圏の国々で提供していました。

Twitterブルーの現在の主な限定機能は以下となります。

  • ツイート投稿を投稿してから最長30秒間(他の秒数にカスタマイズすることも可能)の間は、ツイートを取り消しすることができる。
  • 気に入ったツイートをフォルダで分別
  • Twitterの背景をカラーテーマで変更でき、アプリアイコンも変更できる機能
  • 長いスレッドを読みやすいデザインに変換してくれる機能
  • Twitterブルーメンバーであることを表す「青バッジ」と通知での優先枠表示 ※従来の認証バッジとは意味合いが異なるが今の所同様のデザイン

Twitterブルーの青バッジ付与は米国やカナダなど一部の国でのみ開始していますが、今後は収益化を強化するために全世界的に展開される可能性が高いです。

最新の情報はTwitter Blue公式アカウント(グローバル)のツイートや、Twitter公式ヘルプ内のTwitter Blueに関するページを確認することで取得できます。

<英語版Twitterヘルプ>How to get verified on Twitter

Twitterブルーの現在の提供機能の詳細は、Twitter公式ヘルプ(英語版 or 日本語版)にも記載がありますが、英語版の情報がより最新になる傾向があります。

Twitterブルーの機能や優遇サービスは今後大幅に強化される

イーロン・マスク氏のツイートでは、今後有料課金ユーザーに対して以下のような特典を与えることがアイデアとしてあるようです。

  • 返信やメンションで優先表示・通知
  • Twitter上での検索での優先表示
  • 長いビデオや音声を投稿できる機能

イーロン・マスク氏がTwitterの経営者として関わり始めてから多数の施策が明らかになっていますが、今後も目まぐるしくテストが行われ仕様が大きく変わる見込みです。

Twitterブルーの機能の一つとして青い認証バッジを提供予定

Twitterブルーの一つ機能として、従来は一部の一定以上有名なユーザーのみに付与されていた青い認証バッジ(チェックマーク)がTwitterブルーの月額料金を支払うことで取得できるように仕様が変更されました。

現時点では偽アカウント等の対策に追われたことから、現在はTwitter Blue認証バッジの受付を停止しています。

イーロン・マスク氏は英語圏の一部の国で提供していたTwitter Blueでの青色の認証バッジの有料付与は2022年11月29日に再開予定としていましたが、

2022年11月22日のツイートでは、日程が延期となったことを明らかにしています。

また、個人アカウントと組織アカウントでは認証バッジの色を変えるアイデアがあることも発表しました。

Twitterが無料で一切使えなくなる可能性は低い

Twitterは無料のSNS・マイクロブログサービスとして利用者数や認知度を高めてきたため、無料では一切Twitterを見ることやつぶやくことができない…といった可能性は現時点では低めです。

しかしTwitter運営会社の収益性や経営状況は良いとは言えない状態だっため、今後は有料版のTwitterブルー向けの機能を優先して追加していくことになりそうです。

そのため無料でTwitterを利用しているユーザーと比べると、有料のTwitterブルーメンバーがより快適にツイッターを使えるように変化しそうです。

Twitterブルーは一部の英語圏を中心とした地域で展開中

Twitterブルーは2022年11月現在、米国、カナダ、オーストラリアとニュージーランドなど英語圏の北米やオセアニアの国において提供中で、現時点では日本国内では提供されていません。

現時点ではTwitterブルーの加入者は全世界でもごくわずかですが、今後収益強化のためにTwitterが人気な国の一つである日本を含む幅広い国や地域でTwitterブルーが利用できるようになる可能性が高いです。

Twitter運営は有料ユーザーを増やし広告収入への依存を減らしたい

イーロン・マスク氏の買収後は企業が掲載する広告収入への過度な依存を減らし、収益源を多角化するためにTwitterブルーの加入者を大幅に増やす対策やプロモーションが行われる予定です。

YouTubeをより便利で快適に使える様になる有料月額プラン「YouTube Premium」のTwitter版のようなイメージになりそうですが、Twitterブルーを利用すると広告が完全に非表示になるかどうか?は明らかになっていません。

見るだけの場合は無料でも問題ないが機能制限の可能性も

無料でTwitterを使う場合は機能制限を掛けるアイデアもTwitter運営会社の経営者となったイーロン・マスク氏には存在するようで、

有料・課金ユーザーを増やすことによって、不正なbotやスパム行為などのノイズを大きく減らし、Twitterユーザーの満足度を上げる効果を見込んでいるようです。

<+Digital>Twitter有料化? 認証バッジ課金に続き、マスク新CEOが利用時間課金に言及か

Twitterブルーの月額料金や値段は米国価格で7.99ドル

Twitterブルーはサブスクリプションの提供開始から価格改定や機能が変更されており、現時点では米国価格で7.99ドルを基準に各国の為替レートに合わせて価格設定がされています。

当初は2.99ドルでスタートしましたが、途中で何度か値上げされており今後も価格や機能・提供サービスが大きく変わる可能性があります。

Twitter Blue サブスクリプションは月単位で支払われ、現在の米国の月額 $7.99 に基づいて地域ごとに価格設定されます。 Twitter Blue を購入できる場合は、iOS のアプリ内で地域通貨の価格情報を確認できます。

引用元:<英語版Twitterヘルプ>About Twitter Blue

日本でTwitterブルーが利用可能になる際は、米ドルの金額設定をベースに為替レートに合わせて金額が設定される可能性が高いです。

お役立ちリンク:twitter公式ヘルプセンター

画像引用元&出典:twitter

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」はスマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」の運営やWebデザイン事業などIT分野の事業を行っています。

Author

この記事の著者

Keisuke Nagashima(7henge, inc.)

東京都内の大学を卒業後、東京・渋谷の複数のIT系企業で働いた後に、2015年7月にフリーランスのWebデザイナーとして独立し、2021年8月に法人化し「株式会社七変化」を設立。企業のホームページ等を制作するWebデザイナーとして活動しつつ、スマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」を始め、複数のWebサイトを運営しています。