twitterに嫌いボタンが実装される可能性は?なぜ?ソースは?

twitterに嫌いボタンが実装されるという噂が

twitterで嫌いボタン(Dislike button)が実装されるという噂が駆け巡っています。

当記事では、なぜ嫌いボタンが実装されるという話が駆け巡っているのか?ソースはあるのか?

嫌いボタンが実装される可能性としてはどれくらいのものが考えられるのか?

等を解説します。

twitterに嫌いボタンが実装されるという噂のソースは?

twitterに嫌いボタンが実装されるという噂の出どころは、以下の、twitterの製品責任者であるケイヴォン・ベイポー氏と、サイバーセキュリティの専門家であるジャッキー・シン氏のツイートの掛け合い上で、

twitterの製品責任者であるケイヴォン・ベイポー氏が、嫌いボタンあるいは反対投票(Dislike button or downvote capability)の実装を模索している。とコメントしたことが発端のようです。

以下のツイートで、

#3, this is something we’re exploring.(日本語訳:3番(Dislike button or downvote capability)について探検・模索している)

とコメントしています。

上記のツイートが発端となり、日本国内のtwitterトレンドに「嫌いボタン」が表示されるまでの盛り上がりになりました。

twitterの製品責任者であるケイヴォン・ベイポー氏と、サイバーセキュリティの専門家であるジャッキー・シン氏の掛け合いについての解説は、engadgetの記事で詳しく解説されています。

<engadget>Twitter、「嫌い」ボタンや反対投票システムの追加を模索中

twitterで嫌いボタンの実装を模索しているのはなぜ?

twitterで嫌いボタンの実装が模索されている理由としては、偽情報の拡散の防止が考えられます。

偽情報や悪質な情報の拡散が起こってしまった際に、人々は現時点ではtwitter上では、ただただスルーすることでしか対策できません。

twitterに嫌いボタンや反対投票機能が実装されることで、偽情報や悪質な情報に対して明確にNOと伝えることが可能になり、結果的に偽情報や悪質な情報の拡散にブレーキがかかるのではないかという展望があります。

twitterに嫌いボタンが実装される可能性は?

現時点では、twitterの製品責任者であるケイヴォン・ベイポー氏も「嫌いボタンや反対投票機能」について「模索している」というコメントしか残しておりません。

文字通り、嫌いボタンや反対投票機能の実装予定や計画があるわけではなく、模索段階であると考えられます。

嫌いボタンや反対投票機能の実装によって、ネットいじめなどが加速されてしまう可能性も考えられ、実装の検討は慎重に行われそうです。

現時点では嫌いボタンや反対投票機能が実装される可能性は低めと考えられます。

お役立ちリンク

画像引用元&出典:twitter

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る