twitter(ツイッター)のフリートはフォロワー外、フォロワー以外のユーザーも閲覧できる?

twitter(ツイッター)の新機能「フリート機能」とは?

twitter(ツイッター)に、フリートという新機能が追加されました。

フリート機能とは、Instagramのストーリーと似たような機能です。

フリート機能の特徴を一部ご紹介します。

フリートはタイムラインの上部に表示される

自分やフォロワーがフリート投稿すると、タイムラインの上部にアカウントアイコンが表示されます。

このアカウントアイコンをタップすると、フリート投稿を閲覧できます。

投稿から24時間経過すると自動的に削除される

フリートは、投稿してから24時間が経過すると自動的に削除されるという特徴があります。

すぐに削除したい場合は24時間待たなくても手動で削除することも可能です。

閲覧すると足跡がつく

フリートを閲覧すると、閲覧したことが投稿者にわかるようになっています。

画像のように、投稿者はフリートを見たアカウントのリストを確認することができます。

この記事では、twitter(ツイッター)のフリートはフォロワー外、フォロワー以外のユーザーも閲覧できるのか解説します。

twitter(ツイッター)のフリートはフォロワー外、フォロワー以外のユーザーも閲覧できる!

twitter(ツイッター)のフリートは、フォロワー外のユーザーも閲覧できます。

フォロワー以外のユーザーがフリートを閲覧する方法をご紹介します。

フォロワー以外からフリートを閲覧する方法

フリートを投稿したアカウント「applikoryaku3」をフォローしていないアカウント「applikoryaku2」を使用して確認していきます。

フリートが表示される部分には、自分またはフォローしているアカウントの投稿が表示されますが、フォローしていないアカウントのフリートはこちらには表示されませんので、別の方法で閲覧します。

フリートを閲覧したいアカウントを検索し、プロフィールページを表示したら、アカウントアイコンをタップします。

画面下部からメニューが表示されました。

「Fleetを表示」をタップします。

フリートが表示されました。

フォロワー以外のアカウントからフリートを閲覧しても足跡は残る

フリートは、フォロワー以外のアカウントからの足跡も残ります。

閲覧者のリストを見るためには、フリート投稿を表示し、画面下部をタップします。

フリートを投稿したアカウントをフォローしていない「applikoryaku2」の足跡も残っていることが確認できました。

フォロワー以外のアカウントの足跡も残りますので、閲覧する際はこのことに注意してください。

画像引用元&出典:twitter

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る