twitter(ツイッター)でフリートを報告するとどうなる?相手に通知でバレる?

twitter(ツイッター)のFleets(フリート)機能

TwitterのFleets(フリート)は、テキスト・写真・動画を共有できる機能です。フリートは24時間後には自動で消されるため、24時間後にはそのフリートを見ることができなくなります。

このフリートの機能は、インスタグラムのストーリーとほぼ同じように使うことができます。

これらフリートをTwitterユーザーが安全に、快適に使うことができるよう、不適切なフリートをTwitter側に報告できる機能があります。

報告することで、Twitter側に不適切な内容のフリートを見つけることができ、相応の対処をしてくれます。

今回はその「報告」機能について、詳しくご説明します。

相手のフリートを「報告」する方法

不適切なフリートを見かけた場合、Twitter側に報告することが可能です。

まず、報告したいフリートの画面で、右上にある下矢印のマークをタップします。

「Fleetを報告」をタップします。

次に、報告するフリートの問題点を選択します。

  • このFleetに興味がない
  • 不適切または攻撃的な内容を含んでいる
  • 自傷行為や自殺の意思をほのめかしている

の3つの中から選び、タップしてください。

その後、以下のような画面が表示されたら報告が完了です。

この画面では、Twitterを快適に使うために、Twitter側が推奨している対策が表示されます。

相手のフォロー解除やミュート、ブロックを選択できるので、必要に応じて設定をしてください。設定をする必要がない場合は、右上の「完了」をタップして終了です。

フリートを報告すると相手に通知でバレる?

フリートを報告しても、相手に「フリートが報告された」という通知が届くことはありません。
自分がフリートを報告したことが相手にバレることは一切ないので、安心して報告してください。

※報告完了後の画面で相手のアカウントをブロックした場合、相手が自分のツイートやプロフィール画面を見ることができなくなるので、ブロックしたことがバレてしまう可能性もあります。

今回は、フリートの「報告」の機能についてご紹介しました。

必要に応じて報告機能を使い、快適にTwitterのフリートを使えるようにしましょう。

画像引用元&出典:twitter

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る