twitter(ツイッター)でフリートすると通知が相手に届く?

twitter(ツイッター)のフリート機能とは?

twitter Japanの公式ツイートなどによると、twitterにインスタグラムのストーリーズ風の新機能「フリート」が登場しました。

フリート(Fleet)は、iOS/Androidユーザー向けに段階的に提供され、インスタグラムのストーリーズのように、24時間で消える投稿を作成することができ、フリートが投稿された場合、知り合いのtwitterアプリ上の最上段など目立つ部分に丸いアイコンで表示されます。

デザインや仕組みはインスタグラムのストーリーズに非常に似通っており、類似の機能と言えそうです。

フリート(Fleet)をすると相手に通知されたり、リアルタイムでフリートをしたことがわかるのかどうかを解説します。

twitterのフリートすると相手に通知が届く?

twitterのフリートは、インスタグラムのストーリーズ似の、24時間で消えてしまう、リアルタイム性の高いSNS機能となっています。

フォロワーに対してリアルタイムで周知させたい方が多いものと思われます。

2020年11月時点では、twitterでフリート(Fleet)しても、通常のツイートと同様、相手に通知が届くことはありません。

フォローしたユーザーが多い利用者にとって、誰かがフリートした度に通知がされると、大量に通知が届いてしまい、煩雑に感じてしまいます。

ホーム画面の最上部の目立つ位置に表示されるため、あえて通知を標準で送る必要は無いと、twitter社が判断したものと思われます。

twitterのフリートは新機能で、今後も仕様変更が多く行われる可能性

現時点ではフリートをしても、相手にリアルタイムで通知されることは通常無いようですが、フリート機能は2020年11月にリリースされたまだまだ新しいテスト段階の機能です。

今後目まぐるしく改良や仕様変更が行われる可能性が高いので注意が必要です。

フリートしたら、フォロワーのtwitterアプリのホーム画面に目立つ位置で表示されるため、通知はされなくとも、フォロワーに早いうちに周知されるものと考えて良いでしょう。

画像引用元&出典:twitter

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る