フリート(Fleet)でツイートの共有のやり方と投稿主へ通知は行く?相手にバレる?わかる?【twitter/ツイッター】

twitterの新機能「フリート」はツイートを引用・共有できる

twitterの新機能として、24時間で消えてしまう投稿を作成できる「フリート」が2020年11月に登場しました。

twitterのインスタグラムのストーリーズ似の新機能「フリート(Fleet)」は、他人や自分のツイートを共有(引用)してフリーと投稿を作成することができる「フリートで共有」機能があります。

「フリートで共有」のやり方や、「フリートで共有」するとツイートの投稿主に通知が行ってバレるのか?等の疑問に当記事で答えます。

他人のツイートをフリート(Fleet)で共有すると投稿主に通知が届いてバレる?

当サイトで検証してみたところ、フリート(Fleet)機能を利用して、他人のツイートを埋め込んだフリート投稿を作成したところ、ツイートがフリートに引用された投稿主アカウントに通知は届きませんでした。

そのため、フリートでツイートを共有しても、相手にバレる心配は無さそうです。

2020年11月現在の仕様のため、今後変更となる可能性がありますが、情報が入り次第更新します。

フリート機能は2020年11月に登場したまだまだ発展途上の新しい機能です。

今後さらなるテストや機能改善・変更が行われるものと思われます。

フリート(Fleet)でツイートを共有するやり方

1.フリートで共有したいツイートの下の上向きの矢印「↑」ボタンをタップします

2.「Fleetで共有 / Share in a Fleet」をタップします

3.フリートに記載するテキストや背景色などをカスタマイズします

4.「Fleet」ボタンを押すとフリートが投稿されます

フォロワーからは、ツイートが埋め込まれたあなたのフリートが24時間限定で閲覧できるようになります。

画像引用元&出典:twitter

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る