twitter(ツイッター)で音声DM(ダイレクトメッセージ)ができない&送れない原因と対処法は?のサムネイル画像

twitter(ツイッター)で音声DM(ダイレクトメッセージ)ができない&送れない原因と対処法は?

#Twitter

twitter(ツイッター)のDM(ダイレクトメッセージ)に音声機能が追加に!

【2021年12月更新!】

twitterのダイレクトメッセージに、音声DM機能が追加されました。

音声DMとは?

最大140秒までの音声を録音し、ダイレクトメッセージで送信することができる機能です。

ダイレクトメッセージの画面で音声を録音し、すぐに送信できるので、とてもスピーディーにメッセージを送信できるのが魅力です。

音声DMが使えない?ダイレクトメッセージにボタンがない?

音声DMは、ダイレクトメッセージのメッセージ作成エリアの右側にあるボタンをタップして録音します。

しかし、DMの画面に音声メッセージを作成するボタンが表示されない場合があります。

この記事では、twitter(ツイッター)で音声DM(ダイレクトメッセージ)ができない場合の原因や対処法について解説します。

twitter(ツイッター)で音声DM(ダイレクトメッセージ)ができない&送れない原因と対処法

twitterで音声DMを利用できない場合の原因として考えられるものは以下の2つです。

  • twitterアプリのバージョンが最新バージョンではない
  • スマホブラウザ版・PCブラウザ版のtwitterを利用している

それぞれの場合の対処法など解説します。

音声DMができない原因①twitterアプリのバージョンが最新バージョンではない

音声DMは、2021年2月17日に追加された機能です。

利用できない場合、twitterアプリが最新バージョンではない可能性があります。

アプリのバージョンを確認し、適宜アップデートを行ってみてください。

twitterアプリが最新バージョンかどうか確認する方法【iPhone】

アプリ「App Store」で、twitterアプリの最新バージョンを確認することができます。

「アップデート」の下に「バージョン◯◯」と表示されています。

この数字と、現在インストール済みのtwitterアプリのバージョンが同じであれば、アプリは最新の状態ということです。

インストール済みのtwitterアプリのバージョンを確認する手順をご紹介します。

クイック解説

1.twitterのホーム画面を開き、左上の三本線のマークをタップします。
2.「設定とプライバシー」をタップします。
3.「Twitterについて」をタップします。
4.「バージョン」の数字が最新バージョンと同じかどうか比較します。

画像で詳しく解説

1.twitterのホーム画面を開き、左上のプロフィールアイコンのマークをタップします。

2.「設定とプライバシー」をタップします。

3.「その他のリソース」をタップします。

4.「バージョン」の数字が最新バージョンと同じかどうか比較します。

「App Store」で確認したバージョン「8.92.3」と同じなので、アプリは最新バージョンであることが確認できました。

この数字が「App Store」で確認したバージョンと異なる場合は、アプリをアップデートしてください。

音声DMができない原因②スマホブラウザ版・PCブラウザ版のtwitterは未対応

音声DMは2021年12月現在、スマホアプリ版でのみ対応している機能です。

そのため、スマホブラウザ版や、PCブラウザ版のtwitterから音声DMを利用することは不可能です。

音声DMを使用したい場合は、iOSやAndroidのスマホアプリ版のtwitterを利用するようにしてください。

お役立ちリンク:twitter公式ヘルプセンター

画像引用元&出典:twitter

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPCを上手に活用した生活や仕事の実現に役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」はスマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」の運営やWebデザイン事業などIT分野の事業を行っています。