Twitterのスペース(Spaces)はPC&ブラウザ版でもできる?【ツイッター】このスペースに参加できませんとは?のサムネイル画像

Twitterのスペース(Spaces)はPC&ブラウザ版でもできる?【ツイッター】このスペースに参加できませんとは?

Twitterに新機能「スペース(Spaces)」が登場!

人気SNSアプリのTwitterは、最近ではインスタのストーリーズ似の新機能「Fleet」を登場させ注目を集めていましたが、さらなる新機能「スペース(Spaces)」がスタートしました。

「スペース(Spaces)」は2021年初頭に話題となったSNSであるClubhouseに似た機能となっており、音声ベースのコミュニケーションができる機能です。

当記事では、Twitterのスペース(Spaces)がPCやブラウザ版のTwitterで使えるのか?当記事で解説します。

Twitterで「スペース機能」と検索

PCブラウザ版&スマホブラウザ版でスペースへの参加は可能!

2021年5月にPC&スマホブラウザ版でスペースに参加できるように

PCブラウザ版、スマホブラウザ版においても、Twitterのスペースを聞くことができるように、2021年5月に改修が行われました。

2021年5月現在、Twitterでスペースを開始するには、フォロワーが600人以上いることが条件となっています。

ですがブラウザ版Twitterではフォロワー数が600人以上いて、アプリ版ではスペースのホスト(主催)になれるアカウントでも、スペースを開始するボタンは見当たりませんでした。

現時点では、スペースに参加して聴取する機能がロールアウトしたようです。

ブラウザ版Twitterにおいては、スピーカーとして参加することも現時点ではできません。

「このスペースに参加できません」という表示が出る場合

スペースに参加しようとすると、「このスペースに参加できません」という表示がされ、iOS版、Android版といったスマホアプリ版のみにスペース機能が対応していることが表示されることもあるようです。

Twitterブラウザ版においてもスペースを聴取することは可能になりましたが、一部の環境やOSにおいて動作が異なる可能性があります。

その場合は、iPhoneやAndroidのアプリ版Twitterを利用しましょう。

Twitterのスペース(Spaces)はまだまだ始まったばかりの新機能

Twitterの音声系新機能「スペース(Spaces)」は、2020年12月にテスト導入を経て広がってきているまだまだ始まったばかりの新機能です。

現在は利用者の多いiPhoneやAndroidのスマホアプリ版Twitterに絞って開発が進められています。

お役立ちリンク

画像引用元&出典:twitter

Follow

フォローして情報を受け取る