Twitter(ツイッター)で四角いアイコンのアカウントが増えたのはなぜ?のサムネイル画像

Twitter(ツイッター)で四角いアイコンのアカウントが増えたのはなぜ?

#Twitter

Twitterでアイコンが四角い企業やブランドのアカウントが増えた

【2023年1月更新】

2022年12月20日より、Twitterのアイコンが四角くなっている企業やブランドのアカウントが多く発見されています。

Twitterで四角いアイコンの公式アカウントの例

当記事では以下のトピックについて解説します。

  • 2022年12月以降にアイコンが四角になったアカウントは企業やブランドの公式アカウントでゴールドバッジの認証を受けたことを示す
  • 企業公式アカウント全部のアイコンが四角になったわけではない
  • 過去のTwitterは全ユーザーが四角いアイコンだった時代も。今もNFTアイコンは六角形

Twitterで四角いアイコンは新しい制度で企業認証済みを表す

Twitterは2022年秋のイーロン・マスク氏による運営会社の買収以降、サービスのリニューアルを加速させていて、認証バッジに関係する仕様や仕組みも変更になっています。

2022年12月20日以降にアイコンが四角になる条件は、企業やブランドがTwitterの新制度で本物のビジネスアカウントの認証を受けてゴールド(黄色)のバッジが付与された場合となっています。

Twitterで四角いアイコンの公式アカウントの例Twitterで四角いアイコンの公式アカウントの例

2023年1月現在、認証バッジには

  • 青色→従来の基準で認証済みのアカウント or 有料のTwitter Blueユーザー(一般人も含む)
  • ゴールド(黄色)→新制度で本物のビジネスアカウントの認証を受けた企業やブランド
  • グレー→新制度で本物の公的機関や国際機関として認証を受けた団体や個人

の3色に分かれていますが、アイコンが四角になるのはゴールドのバッジが付与されたアカウントのみとなっています。

ゴールドのバッジは企業やビジネスのアカウントのみが認証・取得できるものなので、ビジネスを持たない個人ユーザーのアイコンが四角になることは今の所ありません。

企業公式アカウント全部のアイコンが四角にはなっていない

2023年1月現在、なりすましではない企業やビジネスの公式アカウントであっても、ゴールド(黄色)のバッジの認証をまだ受けていない企業アカウントのアイコンは丸いままで、認証バッジの色は青色です。

(例)2023年1月25日現在の楽天Edy公式アカウントの場合

Twitterで丸アイコンの企業アカウントのスクリーンショット

現時点では同じサービス群の中でもゴールドバッジがTwitterから付与されてアイコンが四角になっているものと、そうでないものが混在している状況です。

(例)2023年1月25日現在のAmazonのアカウントの場合

Twitterで同じサービスでゴールドバッジと青色バッジのアカウントが混在しているスクリーンショット

青色バッジの企業アカウントが認証済みか見分ける方法は?

2023年1月現在、ゴールドとグレーのバッジのあるアカウントは新しい制度で企業や公的機関の正式なアカウントとしてTwitterが認証したユーザーのため、アカウント乗っ取り等特殊な状態でない限りなりすましではありません。

ですが青バッジのアカウントの場合、単にTwitterブルー有料ユーザーなのか?認証済みアカウントなのか?を見分けるには、Twitterアカウント上に表示された青色認証バッジをタップすると表示されるポップアップで見分けることができます。

Twitterブルーの有料ユーザーの場合は、「このアカウントは、Twitter Blueにサブスクライブしているため認証されています」という内容のポップアップが表示され、有料のTwitterブルー加入により認証バッジを取得したことがわかります。

TwitterでTwitterBlueのバッジのポップアップのスクリーンショット

一方、過去のTwitterの独自基準により著名人や注目度の高い人物の本人アカウントの場合は「従来の認証済みアカウントです。注目されているアカウントの場合とそうでない場合があります。」と表示されるため、過去の基準で認証された本人アカウントであることが判別できます。

Twitterで青色バッジのポップアップのスクリーンショット

Twitterは2017年6月までデフォルトで四角アイコンだった

Twitterのアイコンが四角になったユーザーがいることにある種の懐かしさを感じた利用者も多いと思います。

Twitterは2017年6月まで、全ユーザーがデフォルトで角が少し丸みを帯びた四角のアイコンで表示されていました。

<2017年7月のITMediaの記事>Twitterのアイコン、なぜ丸にしたの?

2017年6月のユーザーインターフェースのリニューアル時に全ユーザーのアイコンが丸になり話題になりました。

2022年12月にゴールドバッジの認証を受けた企業やブランドアカウントに導入された四角のアイコンも角が丸みを帯びていて、ほぼ同じデザインになりました。

NFTをTwitterアイコンに設定したアカウントは六角形になる

Twitterのアイコンの形は2017年以降は丸形がデフォルトでしたが、現在では丸形とゴールドバッジの企業アカウントの四角いアイコン以外にも六角形のアイコンが存在します。

NFT画像やNFTアートと呼ばれるブロックチェーン技術を活用したデジタルデータの証明書を取得したユーザーがTwitterアイコンにNFTを設定した場合、アイコンの形が六角形になります。

NFTをTwitterアイコンにしているユーザーはまだまだ少数のため、目にすることが少ない場合があります。

(例)大手NFTマーケットプレイスのOpenSeaの公式Twitterアカウント

NFTの六角形Twitterアイコンの例

お役立ちリンク:twitter公式ヘルプセンター

画像引用元&出典:twitter

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPCを上手に活用した生活や仕事の実現に役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」はスマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」の運営やWebデザイン事業などIT分野の事業を行っています。

Author

この記事の著者

Keisuke Nagashima(7henge, inc.)

東京都内の大学を卒業後、東京・渋谷の複数のIT系企業で働いた後に、2015年7月にフリーランスのWebデザイナーとして独立し、2021年8月に法人化し「株式会社七変化」を設立。企業のホームページ等を制作するWebデザイナーとして活動しつつ、スマホやPCを上手に活用した生活や仕事を行うのに役立つ様々なTipsや知識を提供するWebサイト「アプリポ」を始め、複数のWebサイトを運営しています。