X(旧Twitter)でURLは文字数カウントに入る?【2023最新】のサムネイル画像

X(旧Twitter)でURLは文字数カウントに入る?【2023最新】

#X(Twitter)

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

X(旧Twitter)の文字数制限は?【2023最新】

全角140文字、半角280文字まで入力できる

X(旧Twitter)では、一つの投稿につき全角なら140文字、半角なら280文字まで入力することが可能です。

URLの場合はどのようにカウントされるのか、気になる人も多いのではないでしょうか。

この記事では、X(旧Twitter)でURLは文字数カウントに入るのか、どのようにカウントされるのか解説します。

また、X(旧Twitter)の文字数カウントについては他にも細かい特徴がありますので、一緒にご紹介していきます。

文字制限以上に入力すると投稿できない

文字数制限以上の文字数を入力すると、オーバーしている分の文字が赤くなり、右上の「ポスト」のボタンが押せない状態になります。

x 文字数制限以上の文字数を入力すると、オーバーしている分の文字が赤くなり、右上の「ポスト」のボタンが押せない状態になります。の画像

X(旧Twitter)アプリでは残り文字数「20」からカウントが始まる

X(旧Twitter)アプリでは、入力可能な文字数が残り「20」になるとカウントが始まります。

x X(旧Twitter)アプリでは、入力可能な文字数が残り「20」になるとカウントが始まります。の画像

X(旧Twitter)アプリの残り文字数は、半角の文字数でカウントされています。

つまり、残り「20」と表示されている場合は、

  • 全角ならあと10文字
  • 半角ならあと20文字

の入力が可能です。

ここからは、下の画像のように全角文字を139文字入力し、残り文字数「2」の状態から検証を行い解説していきます。

x ここからは、下の画像のように全角文字を139文字入力し、残り文字数「2」の状態から検証を行い解説していきます。の画像

全角の文字は「2」でカウントされる

全角の文字は、一文字「2」でカウントされます。

全角文字139文字の状態から全角文字を一文字入力すると、残りは「0」となりました。

x 全角文字139文字の状態から全角文字を一文字入力すると、残りは「0」となりました。の画像

半角英数字は「1」でカウントされる

半角英数字は、一文字「1」でカウントされます。

全角文字139文字の状態から半角英字を一文字入力すると、残りは「1」となりました。

x 全角文字139文字の状態から半角英字を一文字入力すると、残りは「1」となりました。の画像

改行は「1」でカウントされる

改行は、一文字「1」でカウントされます。

全角文字139文字の状態から改行すると、残りは「1」となりました。

x 全角文字139文字の状態から改行すると、残りは「1」となりました。の画像

半角スペースは「1」、全角スペースは「2」でカウントされる

半角スペースは一文字「1」、全角スペースは「2」でカウントされます。

全角文字139文字の状態から半角スペースを一文字入力すると、残りは「1」となりました。

x 全角文字139文字の状態から半角スペースを一文字入力すると、残りは「1」となりました。の画像

全角文字139文字の状態から全角スペースを一文字入力すると、残りは「1」となりました。

x 全角文字139文字の状態から全角スペースを一文字入力すると、残りは「1」となりました。の画像

X(旧Twitter)でURLは文字数カウントに入る

X(旧Twitter)ではURLを含んだポストを投稿することができます。

結論から言うと、X(旧Twitter)ではURLは文字数カウントに入り、一律で半角23文字となります。

試しに、26文字のURL「https://downtownreport.net」を入れてポストを作成します。

半角数字256文字、改行1文字、URL26文字を入力していますので、合計で283文字となり、3文字オーバーしている計算となるはずです。

しかし、URLは文字数に関係なく全て「23」でカウントされるので、画像のポストは280文字という計算になります。

 x しかし、URLは文字数に関係なく全て「23」でカウントされるので、画像のポストは280文字という計算になります。の画像

長めのURLを添付したい場合でも、意外と文字数を気にせずにポストできるでしょう。

今回ご紹介した文字制限の仕組みを頭に入れて、ぜひ有効活用してください。

この記事の情報更新履歴:

2023年8月25日:X(旧Twitte)の名称を修正、X(旧Twitte)のUI変更のため画像を修正

お役立ちリンク:twitter公式ヘルプセンター

画像引用元&出典:twitter

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

Profile

この記事の執筆者

アプリポ編集部

アプリポ編集部では、スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するコンテンツ制作を行っています。ネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営や、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時記事コンテンツをアップデートし続けています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)