twitter(ツイッター)で予約投稿機能が表示されない、予約ツイートができない場合の対処法は?のサムネイル画像

twitter(ツイッター)で予約投稿機能が表示されない、予約ツイートができない場合の対処法は?

twitter(ツイッター)の予約投稿が便利!

twitterの予約投稿(予約ツイート)とは?

twitterの予約投稿とは、ツイートの投稿日時を指定し、時間になったら自動的にツイートされるという機能です。

twitterの予約投稿(予約ツイート)のメリット

予約投稿のメリット①時間を気にせずツイートを作成できる

ツイートしたい日時が決まっている場合、その時間にtwitterを起動して操作し、ツイートを投稿する必要があります。

時間を気にしてツイートを作成したり投稿したりするのは、手間も時間もかかって大変ですよね。

しかし、予約投稿を利用すれば、事前にツイートを作成&予約しておくことが可能です。

手が空いた時にツイートを作成しておけば後は時間を待つだけなので、リアルタイムで操作する必要はありません。

毎日ツイートしたいけれど、今週は忙しい…などという場合は、一週間分まとめて作成&予約しておくといったことも可能です。

予約投稿のメリット②ツイートし忘れることがない

毎日決まった時間にツイートしようと思っていても、うっかり忘れてしまうという可能性があります。

しかし、あらかじめ予約投稿しておけば、ツイートし忘れるということはなくなります。

予約投稿のメリット③ツイートを読んでもらえる可能性が高まる

twitterを見ている人が多い時間に投稿するように予約しておけば、より多くの人にツイートを読んでもらえる可能性があります。

このように、予約投稿機能を使えば計画的にtwitterを運用することが可能です。

この記事では、twitter(ツイッター)で予約投稿機能が表示されない、予約ツイートができない場合の対処法をご紹介します。

twitter(ツイッター)で予約投稿機能が表示されない、予約ツイートができない場合の対処法

予約投稿機能が表示されない場合、ブラウザ版のtwitterに切り替えよう

予約投稿は、ツイート作成画面の真ん中あたりに表示されているカレンダーのボタンをタップして操作します。

iPhoneのアプリ版twitterにはカレンダーのボタンは無く、予約投稿機能は利用できません。

予約投稿したい場合は、PCブラウザ版かスマホブラウザ版のtwitterを使いましょう。

ブラウザ版twitterにアクセスする ※アプリが開いてしまう場合は、長押しして「新規タブで開く」を押してください。

スマホブラウザ版twitterから予約投稿する方法をご紹介します。

1.ブラウザ版のtwitterを開き、ログインします。

2.ホーム画面右下に表示されている丸いツイートアイコンをタップします。

3.カレンダーのボタンをタップします。

4.日付と時刻を設定し、「確認する」をタップします。

5.ツイート本文を入力し、「予約設定」をタップします。

これで予約投稿が完了しました。

設定した時間をすぎると、自動的にツイートされます。

予約ツイートができない場合、予約済みツイートを確認しよう

予約投稿ができない場合、予約に失敗している可能性があります。

予約できているかどうか確認する方法をご紹介します。

1.ツイート作成画面を開き、「未送信ツイート」をタップします。

2.「予約済み」をタップします。

予約投稿の一覧が表示されました。

この一覧に表示されていなければ予約に失敗していますので、再度予約ツイートを作成しましょう。

お役立ちリンク

画像引用元&出典:twitter

Follow

フォローして情報を受け取る