UQモバイルの繰り越しは何ギガまで?くりこしプラン+5Gの場合は?のサムネイル画像

UQモバイルの繰り越しは何ギガまで?くりこしプラン+5Gの場合は?

#UQモバイル

UQモバイルは何ギガまで繰り越しできる?

UQモバイルの最新の料金プランは「くりこしプラン+5G」という名前です。

その名の通り、余ったデータ量を翌月に繰り越しでき、データをあまり使わなかった月があっても、月額料金が無駄にならない印象があります。

ただ、一体何ギガまで繰り越せるのか、いつまで繰り越し分のデータが使えるのか気になる方も多いでしょう。

そこで、当記事ではくりこしプランのデータ繰り越しに関する以下の事柄について解説します。

  • UQモバイルで繰り越しできるデータ量は、料金プランのデータ量と同じ
  • 繰り越したデータの利用期限は当月末まで
  • 月途中でプラン変更した場合、繰り越しできるデータ量は?

UQモバイルで繰り越しできるデータ量は、料金プランのデータ量と同じ

結論、UQモバイルのくりこしプラン+5Gで繰り越しできるデータ量は、契約している料金プランのデータ量と同じです。

くりこしプラン+5Gのプランには以下の3つがあり、それぞれ月間で使用できるプランが違います。

  • くりこしプランS +5G:3GB
  • くりこしプランM +5G:15GB
  • くりこしプランL +5G:25GB

そのため、料金プランによって翌月に繰り越せるデータ量も違ってくるので、理解しておきましょう。

他社から乗り換えでiPhone端末セット購入で最大22,000円機種代金割引!
UQモバイルオンラインショップを見る

※au、povo1.0からの乗り換えは対象外となります。対象機種購入と同時にくりこしプラン+5Gと増量オプションII加入の場合適用。

繰り越したデータの利用期限は当月末まで

また、繰り越したデータの利用期限は当月末までで、それ以上データを繰り越すことはできません。

つまり、それぞれのプランで使える最大のデータ量は以下のように考えられます。

  • くりこしプランS +5G:3GB+繰り越し分3GB=6GB
  • くりこしプランM +5G:15GB+繰り越し分15GB=30GB
  • くりこしプランL +5G:25GB+繰り越し分25GB=50GB

もし繰り越した分のデータ量を当月末までに使わなかった場合は、データ量が無駄になってしまうので注意しましょう。

他社から乗り換えでiPhone端末セット購入で最大22,000円機種代金割引!
UQモバイルオンラインショップを見る

※au、povo1.0からの乗り換えは対象外となります。対象機種購入と同時にくりこしプラン+5Gと増量オプションII加入の場合適用。

くりこしプランも同様の条件

なお、この条件は、くりこしプラン+5Gの旧プランである「くりこしプラン」でも同様の内容です。

プランによって条件が違うということはありません。

データ容量の消費は繰り越し分が優先的に消費される

また、データ容量消費の優先順位についても解説しておきます。

UQモバイルのくりこしプラン、くりこしプラン+5Gのデータ消費の優先順位は以下の通りです。

  1. 繰り越し分
  2. 月間データ容量
  3. 追加購入データ容量

次回に繰り越せるデータ量の優先順位は低いので、無駄なくデータを利用できることが理解できると思います。

UQモバイルで繰り越されるデータ量計算の例

ここで、想像がつきにくい方のために、例を出して繰り越されるデータ量の計算をしてみます。

例えば、もし15GBのプランで契約していて10GB繰り越した方が、次の月で9GB使用したとしましょう。

この場合、当月に利用できるデータ量は合わせて25GBで、16GBのデータが余る計算になります。

その16GBのうち、余った前月繰り越し分の1GBが消失し、プランのデータ容量の15GBがそのまま繰り越されるイメージです。

  • 当月利用可能データ容量:25GB
    10GB(前月繰り越し分)+15GB(当月基本データ容量)
  • 当月利用データ容量:9GB
  • 翌月の繰り越しデータ量:15GB
    1GB(前月繰り越し分)は消失

他社から乗り換えでiPhone端末セット購入で最大22,000円機種代金割引!
UQモバイルオンラインショップを見る

※au、povo1.0からの乗り換えは対象外となります。対象機種購入と同時にくりこしプラン+5Gと増量オプションII加入の場合適用。

月途中でプラン変更した場合、繰り越しできるデータ量は?

加えて、月の途中で料金プランを増額、減額した場合に繰り越せるデータ量についても解説しておきます。

結論、くりこしできる基本データ容量の上限は、翌月適用される料金プランの基本データ容量と同じです。

当記事ではわかりやすいように、以下の2つの場合の例を挙げて説明します。

  • データ容量が多い料金プランへ変更する場合
  • データ容量が少ない料金プランへ変更する場合

データ容量が多い料金プランへ変更する場合

例えば、「くりこしプランM+5G(15GB)」から「くりこしプランL+5G(25GB)」へ変更した場合、くりこしできる基本データ容量の上限は25GBです。

ですので、料金プラン変更時点の基本データ容量の上限は50GBです。

データ容量が少ない料金プランへ変更する場合

また、逆に「くりこしプランM(15GB)」から「くりこしプランS(3GB)」へ変更した場合は、くりこしできる基本データ容量の上限は3GBになってしまいます。

さらに、変更後に料金プランの基本データ容量を超える分は繰り越しされませんので注意する必要があります。

他社から乗り換えでiPhone端末セット購入で最大22,000円機種代金割引!
UQモバイルオンラインショップを見る

※au、povo1.0からの乗り換えは対象外となります。対象機種購入と同時にくりこしプラン+5Gと増量オプションII加入の場合適用。

UQモバイルは、料金プランのデータ量と同じだけ繰り越しできる!

UQモバイルで繰り越しできるデータ容量の上限や有効期限について解説しました。

UQモバイルでは、翌月適用される料金プランのデータ量分だけ繰り越すことが可能です。

このデータ量を繰り越せるプランは、格安SIMの中でもあまりない特徴であり、UQモバイルの強みと言えるでしょう。

月によって、使用するデータ量が上下する方は特に契約を考えてみても良いかもしれません。

この記事があなたの参考になれば幸いです。

他社から乗り換えでiPhone端末セット購入で最大22,000円機種代金割引!
UQモバイルオンラインショップを見る

※au、povo1.0からの乗り換えは対象外となります。対象機種購入と同時にくりこしプラン+5Gと増量オプションII加入の場合適用。

3GBで月額990円!ソフトバンクのLINEMOもおすすめ!【PR】

  • LINEMOミニプラン登場!3GBで月額990円(税込)!
  • LINEMOスマホプランに他社から乗換で10000円相当もらえる!
  • LINEMOはLINEアプリの通話やメッセージが通信量にカウントされないからオトク!

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

ahamoは20GBの大容量なのにリーズナブル!【PR】

  • 回線品質はドコモと同じ!
  • 月額2,970円(税込)で月間20GBまで使えて安心!※機種代金別途
  • さらに1回5分間までの電話が何度でも無料!※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。
  • ahamo(アハモ)は82の国と地域で20GBまで利用できる!
    ※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。

ahamoの公式サイトを見る

Profile

サイト運営者情報

「アプリポ」は「株式会社七変化」が運営を行っています。

「株式会社七変化」は企業のホームページ等を制作するWebデザイナーとして活動しつつ、スマホ・PCアプリの便利な使い方や携帯電話会社のオンライン専用料金プラン・格安SIMや新電力サービス等の情報を解説する当サイト「アプリポ」の運営を行っています。

詳細は運営者情報ページをご覧ください。