Windows11でダークモード(テーマ)にするやり方を解説!のサムネイル画像

Windows11でダークモード(テーマ)にするやり方を解説!

#Windows11

Windows11で目に優しいダークモードに変更したい!

パソコンの画面は光を発しているため、明るい色のユーザーインターフェースを使用していると目が疲れてくることがあり、その防止策や、ビジュアル面でのかっこよさから「黒系のユーザーインターフェース(ダークモード)」が人気を集めています。

アプリごとに個別に設定するのではなく、OSレベルで一括でダークモードにできたら便利ですよね。

最近のスマホやアプリには搭載されていることが多いダークモード(ダークテーマ)はWindows11でも搭載されているのか?やり方を当記事で解説します。

Windows11でダークモード(テーマ)にする方法は簡単!

Windows11でダークモード(テーマ)に切り替える方法は簡単です。

クイック解説

1.タスクバーの「スタートボタン(Windowsマークのボタン)」を右クリックして、「設定」をクリックします。
2.サイドバーの「個人用設定」をクリックして、「色」をクリックします。
3.モードを選ぶのプルダウンを「ダーク」に変更することで、Windows11全体をダークモードに設定できます。

画像で詳しく解説

1.タスクバーの「スタートボタン(Windowsマークのボタン)」を右クリックして、「設定」をクリックします。

Windows11でタスクバーの「スタートボタン(Windowsマークのボタン)」を右クリックして、「設定」をクリックします。の操作のスクリーンショット

2.サイドバーの「個人用設定」をクリックして、「色」をクリックします。

Windows11でサイドバーの「個人用設定」をクリックして、「色」をクリックします。の操作のスクリーンショット

3.モードを選ぶのプルダウンを「ダーク」に変更することで、Windows11全体をダークモードに設定できます。

モードを選ぶのプルダウンを「ダーク」に変更することで、Windows11全体をダークモードに設定できます。の操作のスクリーンショット

Windows11のダークモードを適用した画面イメージ

Windows11でダークモードを適用してみたところ、すぐさま設定アプリがダークモードになり、下部のタスクバーも暗い色合いのデザインに変更されました。

Windows11のダークモードを適用した画面イメージ1

スタートメニューやエクスプローラーなどWindows11の標準的な機能やアプリは軒並みダークモードが一括適用され、黒系のデザインのユーザーインターフェースになっていることがわかります。

Windows11のダークモードを適用した画面イメージ2

Google Chromeなど有名サードパーティアプリも、Windows11のダークモードに対応しており、以下のように黒系のデザインに一括で変更されました。

Windows11のダークモードを適用した画面イメージ3

Windows11の個人用設定の「テーマ」とは?

Windows11の「テーマ」機能を使うことでも、ダークモードのユーザーインターフェースに変更することができます。

「テーマ」機能は、ダーク/ライトのユーザーインターフェースと、壁紙やサウンド、アクセントカラーなどを組み合わせた詳細なデザインテーマを設定することができる機能です。

すでにインストールされているテーマを利用することも、Microsoft Storeでテーマをダウンロードすることも可能です。

※当サイトは、マイクロソフトアフィリエイトプログラムを利用して収入を得ています。

Follow

フォローして情報を受け取る