ワイモバイルの持込端末保証 with AppleCare Servicesは必要か?いらない?のサムネイル画像

ワイモバイルの持込端末保証 with AppleCare Servicesは必要か?いらない?

#ワイモバイル

広告当ページには事業者からのアフィリエイト成果報酬型の広告が含まれています。

月額990円(税込)で3GB+LINE通話&ビデオ通話し放題のLINEMO

  • ソフトバンクがLINEと提携して直接提供する高速で快適なモバイル回線サービス

LINEMO公式サイトを見る

LINEMO

ワイモバイルに持込端末保証 with AppleCare Servicesは必要か?

ワイモバイルをSIMのみで契約(端末持ち込み)する場合、端末保証には入るべきでしょうか?

2022年1月25日よりスタートしたiPhoneの持ち込み端末保証サービスは、購入後に付けられる保証として注目を浴びています。

故障や画面割れした時にしっかりカバーしてくれる内容の保証があれば、高額なiPhoneも安心して使えますよね。

今回の記事ではワイモバイルの持込端末保証は加入すべきかどうか?について解説しています。

月々の料金と保証内容のバランスを考え、検討しましょう。

持込端末保証 with AppleCare Servicesとは?

ワイモバイルでは購入後のiPhoneにApple公認の保証サービスとワイモバイルオリジナルの保証を受けられる「持込端末保証 with AppleCare Services」を開始しました。

Apple公式の AppleCare+はiPhone製品購入と同時に加入するタイプの保証サービスですが、持込端末保証 with AppleCare Services は文字通り「持ち込み端末に対して付ける」保証で、SIM単体契約者向けのサービスです。

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

対象端末

保証サービスに加入できる端末は、現在販売中でなくても中古や他社で購入した物でも対象です。

最新のiPhone 15シリーズから、古いものはiPhone 7 と、かなり前に発売されたモデルでも加入できます。

対象プラン

保証を受けるにはワイモバイル シンプル2 S/M/L へ申し込みが条件です。

  • シンプル2S(4 GB) :2,365円
  • シンプル2M(20 GB) :4,015円
  • シンプル2L(30 GB) :5,115円

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

料金

保証サービスの料金は端末ごとに異なり、毎月に利用料金と合算して請求されます。

  • iPhone 15 Pro Max、iPhone 15 Pro:1,580円/月
  • iPhone 14 Pro Max、iPhone 14 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPhone 13 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 12 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 Pro、iPhone XS Max、iPhone XS、iPhone X:1,480円/月
  • iPhone 15 Plus:1,380円/月
  • iPhone 14 Plus:1,350円/月
  • iPhone 15、iPhone 14、iPhone 13、iPhone 13 mini、iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 11、iPhone XR、iPhone 8 Plus、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 7:1,180円/月
  • iPhone SE(第1/第2/第3世代):950円/月

保証内容

Apple公式のサポートに加え、ワイモバイルのオリジナルサービスも受けることができます。

Apple公式保証内容

  • 自然故障:無償修理
  • バッテリー交換:本来の容量の80%になった場合、無償で交換
  • 画面修理:3,700円
  • 背面ガラスの修理:3,700円
  • その他の損傷に対する修理(水没・水濡れなど):12,900円
  • 90日間無償電話サポート
  • 1年間ハードウェア製品保証
  • iPhone エクスプレス交換サービス(修理の際、代替え機にすぐに交換できる)

ワイモバイルオリジナル保証

  • 紛失ケータイ捜索サービス
  • データ復旧支援サービス

バッテリー交換は、保証に入っていない場合5,940 円~8,140 円かかるので、電池の消耗が激しい人にとっては安く交換できます。

うっかり落としてしまったときの画面割れも、3,700円は市場で修理するよりもかなり安いですね。

しかし、月額料金で考えると、最も高い場合でも1,480円×2年間=35,520円です。

12,900円で本体が手に入るのは端末本体代金が10万円を超えるハイスペック機種であればお得ですが、4万円台前後であればあまりメリットはないかもしれません。

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

故障安心パックライトは修理対応なし 

ワイモバイルにはもう一つSIM単体契約で持込機種でも加入できる「故障安心パックライト」という保証サービスがあります。

月額550円と持込端末保証 with AppleCare Services よりはかなり安くなりますが、その分保証内容は限定されており、「取り換えサービス」と「紛失ケータイ捜索サービス」の2つのみです

取り換えサービスは、端末が破損や故障などした際にワイモバイル指定機種に特別価格で取り換えができます。

価格は、例えばiphone12 128GB であれば103,420円で交換可能です。

※故障安心パックライトは2022年7月13日をもって新規受付を終了しました

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

端末購入と同時加入なら故障安心パックプラス

ワイモバイルではiphoneやワイモバイルが指定した端末を購入した場合に加入できる「故障安心パックプラス」という保証サービスがあります。

料金は 759円/月 で、持込端末保証 with AppleCare Services よりも安いですが、端末の破損に対する保証は少ないです。

  • 故障交換サービス:8,250~13,750円で新品同等の同一機種と交換
  • 紛失ケータイ捜索サービス
  • データ復旧支援サービス

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

Apple公式の AppleCare+も端末購入と同時加入が条件

ワイモバイル契約とiPhone同時購入で保証サービスに加入するなら、故障安心パックプラスよりもAppleCare+ for iPhone の方がおススメです。

403~770円/月で、以下の保証サービスを2回/年 まで受けられます。

端末購入と同時加入(手続きをふめば購入日から30日以内でも受付可)であることが条件です。

  • 自然故障:無償修理
  • バッテリー交換:本来の容量の80%になった場合、無償で交換
  • 画面または背面ガラスの損傷:3,700円
  • 過失や事故によるそのほかの損傷:12,900円
  • 盗難または紛失:12,900円
  • 90日間無償電話サポート
  • 1年間ハードウェア製品保証
  • iPhone エクスプレス交換サービス(修理の際、代替え機にすぐに交換できる)

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

ワイモバイルの持込端末保証まとめ

ワイモバイルの端末保証はいくつか選択肢があるので、保証内容と端末購入状況によって自分に合ったものを選択しましょう。

Proシリーズのような高額端末であれば、加入のメリットは十分にあります。

持ち込み端末の場合

  • 持込端末保証 with AppleCare Services:950~1,580円/月

修理保証やバッテリー交換サービスがある 持込端末保証 with AppleCare Services の方がサービス内容が手厚く、安心して利用できます。

ワイモバイルで端末購入する場合

  • 故障安心パックプラス:759円/月
  • AppleCare+for iPhone:403~770円/月

故障安心パックプラスは修理に対する保証はなく、故障時の交換サービスのみなので画面割れの保証が欲しい人はAppleCare+for iPhoneの加入をおススメします。

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

高額の持ち込み端末なら加入のメリットあり

持込端末保証 with AppleCare Services は、これまではSIM契約と同時に購入した端末でしか受けられなかった保証が、自分の使っている端末や中古端末でも加入できるようになった新しい保証サービスです。

画面割れや水没などの際手厚くケアしてくれるメリットがありますが、端末そのものが高額でない場合は月額料金とのバランスを考え加入を検討しましょう。

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!
ワイモバイル
オンラインショップ>

この記事の情報更新履歴:

2023年10月31日:ワイモバイルの料金プランを更新、持ち込み端末保証の料金を更新

本ページの情報は記事掲載日または最終更新日時点のものです。最新の情報は各サービス公式サイトにてご確認ください。

ワイモバイルの平均データ:117件の投稿データを見る
【Download速度】77Mbps
【Upload速度】49Mbps
【Ping】31ms
【Jitter】39ms

楽天モバイルはiPhone 15の販売価格が4キャリアで最安!【PR】

  • 楽天モバイルの最強プランはギガ(データ容量)をどれだけ使っても最大3,278円(税込)。人口カバー率は99.9%!
  • 毎月のデータ利用量が1GBなら1,078円(税込)でさらに安くなる
  • Rakuten Linkからの電話発信なら何度&何分間長電話しても通話料が無料!

楽天モバイル公式サイトを見る

ahamoは月額2,970円で20ギガのデータ容量と1回5分間通話無料!【PR】※機種代金別途

  • ahamoはドコモ回線だから高品質で5Gも速い!月間20ギガまで使える!
  • ahamoは最新のiPhone 14や格安iPhone SEもセット販売中で安心!※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。

ahamoの公式サイトを見る

Profile

この記事の執筆者

アプリポ編集部

アプリポ編集部では、スマホやアプリ、ネット回線/VPN等のオンラインツールを上手に活用するためのTipsを提供するコンテンツ制作を行っています。ネット回線速度の投稿型サイト「回線ちぇっく」を開発・運営や、LINEMOやpovo等の格安SIM回線各社やVPN等のサービスを実際に契約し、随時記事コンテンツをアップデートし続けています。

郵送で届いたラインモのミニプランのSIMカードと案内 povo 2.0で到着したSIMカード一式の画像 ahamoのSIMカード一式の画像

Company

サイト運営会社概要

株式会社七変化のコーポレートロゴ

「株式会社七変化」はスマホやPCの使い方やモバイル回線に関する解説コンテンツを提供するWebサイト「アプリポ」の運営、ネット回線速度の測定&ユーザー投稿型サイト「回線ちぇっく」の運営、Web制作事業などの事業を行っています。

会社名 株式会社七変化(7henge, inc.)会社概要
代表取締役 長島圭佑(Keisuke Nagashima)
会社設立 2021年8月10日
事業内容 Webメディア運営/Webサービス開発&運営、Webサイトの制作&開発やマーケティング支援等
本店事務所所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階
資本金 100万円
株主 発行株式の100%を代表取締役が保有

About

アプリポについて

アプリポはスマホやPC、ネット回線を上手に活用するために役立つTipsを提供するWebサイトです。

  • 有名アプリやサービスの使い方や疑問の解説
  • 携帯会社や格安SIMの新料金プランのレビューやTips
  • 無料Webツールやデジタルコンテンツの提供
  • モバイル・デジタルデバイスのレビュー(記事広告や製品提供案件の場合は必ず明記)

オンライン限定!SIMのみ申込で最大10,000円相当のPayPayポイント還元!

ワイモバイルのキャンペーンサイト