YouTube(ユーチューブ)で後で見るにするとバレる?投稿者&相手にわかる?

YouTube(ユーチューブ)の後で見るのリストが便利!

YouTubeで気になる動画があるものの、今は見る時間がない!という時は、「後で見る」のリスト機能が便利です。

「後で見る」とは?

「後で見る」とは、YouTubeの動画リストのことで、視聴中の動画や、検索結果などの一覧画面に表示された動画をまとめておくことができる機能です。

通常のプレイリストとの違いは以下の通りです。

  • デフォルトで追加されている動画プレイリスト
  • 視聴済みの動画は一括で削除できる

「後で見る」はデフォルトで追加されているリストなので、新しくプレイリストを作成する手間がかかりません。

また、「後で見る」リストに追加した動画は、視聴後に一括で削除することができます。

詳しく分類してリストに保存しておくほどではないものの、すぐに見れるように一旦登録しておきたい、といった動画を「後で見る」リストに入れておくと良いでしょう。

「後で見る」リストは投稿者&相手にバレる?わかる?

「後で見る」リストに動画を追加した場合、動画の投稿者にバレるのか、リストは他人から見えてしまうのかと気になる人も多いのではないでしょうか。

この記事では、YouTube(ユーチューブ)の「後で見る」のリストは相手にバレるのか、投稿者にわかるのか、解説します。

YouTube(ユーチューブ)の「後で見る」リストは非公開!

結論、YouTubeの「後で見る」リストは非公開リストなので、他人から見られることはありません。

「後で見る」リストに動画を追加した時に、投稿者に通知が届いてバレるといったこともありません。

実際に「後で見る」リストや他のリストが他人からどう見えているのか、ご紹介します。

確認用のアカウントのプレイリストは、以下の状態です。

「後で見る」リストには、動画を1本追加した状態です。

YouTube(ユーチューブ)のリストは投稿者や相手からどう見えているか?

まず、確認用のアカウントのホーム画面を見てみましょう。

ここでは公開リストは見ることができますが、非公開リストや「後で見る」のリストは表示されませんでした。

次に、「再生リスト」のタブをタップします。

こちらでも公開リストは見ることができますが、非公開リストや「後で見る」のリストは表示されませんでした。

このように、「後で見る」リストは他人から見られることはありません。

関連リンク

お役立ちリンク

画像引用元&出典:YouTube

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る