YouTube(ユーチューブ)で自分のブロックリストの見方&確認方法は?のサムネイル画像

YouTube(ユーチューブ)で自分のブロックリストの見方&確認方法は?

YouTubeにはブロック機能がある

YouTubeにはブロック機能が備わっていて、ユーザーをブロックすることができます。

YouTubeでチャンネルをブロックすると、以下の2つの効果があります。

  • オススメ動画や関連動画として表示されなくなる
  • ブロック相手のコメントが表示されなくなる

表示したくないチャンネルをブロックできる

YouTubeを利用していると、関連動画やオススメ動画として今まで視聴したことのない動画が表示されることがあります。

これは、視聴履歴や検索ワードの中から関連性のある動画を表示する仕組みですが、ピックアップされた動画の中には全く興味がないものや不快に感じるものもあるのではないでしょうか。

そんな時は、ブロック機能を活用して関連動画に表示させないようにしましょう。

不快なコメントをするユーザーをブロックできる

YouTubeに動画を投稿すると、視聴者からコメントをつけてもらえることがあります。

ポジティブな感想やためになる情報などを書き込んでもらえると、とても嬉しいですよね。

しかし、中には不快だったり攻撃的だったりするコメントが投稿されることもあります。

そういったコメントを投稿するユーザーをブロックすると、コメントを非表示にできます。

ブロックしたユーザーは一覧で確認できる

ブロックしたユーザーは、YouTubeのクリエーターツール「YouTube Studio」から確認することができます。

この記事では、YouTube(ユーチューブ)で自分のブロックリストの見方&確認方法をご紹介します。

YouTube(ユーチューブ)で自分のブロックリストの見方&確認方法

YouTubeで自分のブロックリストを確認する方法は、以下の通りです。

クイック解説

1.PCブラウザ版の「YouTube Studio」にログインし、左下の歯車のアイコン(設定)をタップします。
2.「コミュニティ」をタップします。

画像で詳しく解説

1.PCブラウザ版の「YouTube Studio」にログインし、左下の歯車のアイコン(設定)をタップします。

2.「コミュニティ」をタップします。

右側の「非表示のユーザー」欄に表示されているユーザーが、現在ブロック中のユーザーです。

なお、スマホアプリ版の「YouTube Studio」からはブロックリストを確認することはできません。

ブロックしたユーザー一覧を見たい時は、ご紹介した通りブラウザ版を利用してください。

関連リンク

お役立ちリンク

画像引用元&出典:YouTube

Follow

フォローして情報を受け取る