YouTube(ユーチューブ)のショート動画は履歴に残る?閲覧すると履歴がつく?

YouTube(ユーチューブ)のショート動画とは?

YouTube(ユーチューブ)に新しく「ショート動画機能」が追加されました。

YouTubeショート動画の特徴は以下の通りです。

  • 長さは最大60秒まで
  • 動画は縦向きで再生される

YouTubeショートは、短い縦長の動画を投稿&再生できるもので、TikTok(ティックトック)の動画と似ている機能です。

また、正式には「YouTube Shorts」という名称が付いています。

YouTube の動画作成ツールを使って作成したり、他のツールで作成した動画をアップロードしたりすることが可能です。

YouTubeの動画は3分以上あるものが多く見られますが、1分程度で観終わるYouTubeショート動画なら、すきま時間にも楽しむことができるでしょう。

この記事では、YouTube(ユーチューブ)のショート動画を再生すると履歴に残るのか、閲覧すると履歴がつくのかについて解説していきます。

YouTube(ユーチューブ)のショート動画を閲覧すると閲覧すると履歴に残る

結論から言うと、YouTubeのショート動画を再生すると、通常の動画と同じように再生履歴に残ります。

実際にショート動画を閲覧し、再生履歴を確認していきましょう。

YouTube(ユーチューブ)のショート動画を検索&閲覧する

1.YouTubeのアプリを開き、画面右上の虫眼鏡のマークをタップします。

2.ショート動画を検索する場合は、「#shorts」を入れて検索します。

3.「検索」をタップします。

4.動画のサムネイルをタップし、再生します。

動画の再生がスタートしました。

ショート動画を再生すると、画像のように縦長で表示されます。

YouTube(ユーチューブ)の再生履歴を確認する

YouTubeの再生履歴を確認する方法をご紹介します。

1.画面左上の下矢印ボタンをタップして、再生画面を縮小します。

2.画面下部にタブが表示されますので、「ライブラリ」をタップします。

3.「履歴」をタップします。

再生履歴が表示されました。

先ほど閲覧したショート動画が表示されています。

このように、ショート動画も通常の動画と同じように再生履歴に残ることがわかります。

お役立ちリンク

画像引用元&出典:YouTube

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る