Zoomでスクショ(スクリーンショット)を禁止&防止することはできる?

Zoomでスクショ(スクリーンショット)を禁止したい

在宅勤務の機会が増えたことで、Zoomを利用してミーティングを行う人も多いのではないでしょうか。

Zoomのビデオ機能を利用する上で、ミーティングの参加者が勝手にスクショをとっているのではないかと不安に感じることもあるかと思います。

この記事では、Zoomでスクショ(スクリーンショット)を禁止&防止することはできるのか?解説していきます。

Zoomでスクショ(スクリーンショット)を禁止&防止することはできる?

Zoomの設定でスクショを禁止することはできない

Zoomの画面をスクショする方法として、iPhoneのスクリーンショット機能や画面録画機能を利用してスクショ撮影することが考えられます。

Zoomの設定でこれらのスクショを禁止することはできません。

しかし、自分がミーティングのホストである場合、ミーティングの参加者に対してレコーディングを許可したり、禁止したりすることができます。

Zoomのレコーディングを許可・禁止する方法

Zoomのミーティング画面にメニューが表示されていない場合は、画面のどこかを1回タップしてください。

画面下部の「参加者」のボタンをタップします。

レコーディングの権限を変更したい参加者をタップします。

ミーティング開始時は、参加者の皆さんにはレコーディングする権限はありません。

レコーディングを許可したい場合は、「レコーディングを許可」をタップします。

レコーディングを禁止したい場合は「録画を許可しない」をタップします。

レコーディング中であっても、ホストが「録画を許可しない」を選択すれば、レコーディングは強制的に中断されます。

参加者がレコーディングしている場合どのように見えるか

参加者がレコーディングしている場合、参加者の一覧画面に「REC」のマークが表示されます。

また、ミーティングの画面の右上にも「REC」のマークが表示され、レコーディング中であることがわかります。

Zoomを利用する上での注意点

ご紹介したように、Zoomのミーティング中にスクショすることを完全に禁止することはできません。

また、スクショされても通知が届かないため、撮影されたことに気付けないということもあります。

Zoomでビデオ機能をオンにするのは信頼できる相手とミーティングを行う時に限定する、相手にスクショを撮影しないようにお願いしておく、などの対策をとるようにすることをオススメします。

お役立ちリンク

画像引用元&出典:Zoom

こちらも読まれています

Follow

フォローして情報を受け取る