三宮の再開発情報

最終更新:2018.09.16

Redevelopment Map

三宮の再開発マップ

神戸阪急ビル東館建替計画が進行中

三宮は神戸市の中心街となっており、近年はタワーマンション中心の開発が進んでいましたが、現在三宮駅周辺で複数の商業系高層ビルの建設が構想・計画されています。その中でも一番乗りとなるのが神戸阪急ビル東館建替計画で、阪神・淡路大震災で被災した歴史的な駅舎の外観を復元する計画になっています。

神戸のフラッグシップオフィスタワー「雲井通5丁目地区再整備事業」

神戸市中央区役所など複数のビルが建つ街区で、「雲井通5丁目地区再整備事業1期」が進行中です。地上32階、延べ床面積約100,000㎡の規模となり、用途はオフィスや文化施設等の都市的機能となります。

神戸市に久しぶりに超高層のオフィスタワーが誕生します!

2期以降の開発も構想中で、三宮駅を取り囲むように超高層ビルが林立する光景が見られそうですね。

雲井通5丁目地区再整備事業1期は2025年度竣工を目指す。再開発で変わる三宮。2期以降も期待!

Project

建設中・計画中の再開発一覧

神戸阪急ビル東館建替計画

用途 オフィス・ホテル・店舗・駅施設・展望フロア等
延床面積 約28,500㎡
階数 29階
高さ 約120m
完成予定時期 2021年
引用元資料 神戸阪急ビル東館 建替計画について

雲井通5丁目地区再整備事業1期

用途 オフィス・ホテル・神戸文化ホール・バスターミナル等
延床面積 約100,000㎡
階数 32階
高さ 調査中
完成予定時期 2025年度
引用元資料 神戸市・三宮における「雲井通5 丁目地区再整備事業」 事業協力者の優先交渉権者に選定

雲井通5丁目地区再整備事業2期・3期

用途 未定
延床面積 未定
階数 未定
高さ 未定
完成予定時期 未定
引用元資料 神戸市・三宮における「雲井通5 丁目地区再整備事業」 事業協力者の優先交渉権者に選定

三宮ターミナルビル建て替え構想

用途 ホテル・商業施設等
延床面積 未定
階数 未定
高さ 未定
完成予定時期 未定
引用元資料

Share

このページを共有

Follow

購読する

Redevelopment News

三宮の再開発ニュース

Pickup City

注目の都市

Pickup Contents

注目のコンテンツ

Profile

運営者について

運営者プロフィール

工学院大学建築都市デザイン学科卒業。普段はフリーランスのWebデザイナーとして企業のホームページ制作やWebメディアの構築などを行っております。また、個人サイト運営にも力を入れており、このサイトの他にも複数のウェブサイトを運営しております。
ホームページ制作サービスの詳細はこちら

運営者情報

運営者氏名 長島 圭佑 Keisuke Nagashima
屋号 七変化デザイン
事業内容 ホームページ制作・Webデザイン
Webサイト・Webメディア運営
事務所所在地 長野県千曲市
連絡先 info[アットマーク]downtownreport.netまたは、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。