画像引用元:横浜市の公式プレスリリース

関内・馬車道・山下ふ頭の再開発情報

Redevelopment Map

関内・馬車道・山下ふ頭の再開発マップ

馬車道駅付近は再開発ラッシュ

関内エリアはみなとみらいに比べて近年は勢いがなかったのですが、市庁舎が移転してくる馬車道駅周辺を中心に再開発が活発になってきています。

馬車道駅周辺は今後の開発次第で横浜市の新たな核になる可能性を秘めています。

関内エリアでも再開発が複数進行

また、関内駅近くに地上17階建ての関東学院大学の新キャンパスが建設されることが明らかになり、停滞が続いていた関内・伊勢佐木町エリア活性化の起爆剤となりそうです。

また、馬車道に横浜市役所が移転した後に、関内駅前の市役所跡地を再開発し、高さ約180m、地上34階の超高層複合ビルや、既存庁舎を活用した星野リゾートによるヴィンテージホテルなどが2025年3月までに完成予定です。

横浜市役所跡地隣接地では他にも、高さ約150mのオフィスを中心とした超高層ビル計画「関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業」が進行中で、関内駅周辺の景観が都会的に変貌しそうです。

山下ふ頭で再開発の機運が高まる

みなとみらい21開発の成熟が進み、既存中心市街地とも隣接する山下ふ頭の再開発の機運が高まっています。

構想案では大型の国際展示場(MICE施設)を誘致する計画や、IR(統合型リゾート)を整備する構想も検討され、IR事業者が興味を示しています。

Project

建設中・計画中の再開発一覧

北仲通北A-1・2地区

用途 ホテル・住宅等
延床面積 約98,960㎡
階数 41階
高さ 約162m
着工 2021年
完成予定時期 2025年
引用元資料
詳細リンク

北仲通北A-1・2地区の詳細記事

北仲通北B-1地区

用途 住宅・オフィス・商業施設等
延床面積 未定(敷地面積約12,300㎡)
階数 未定
高さ 未定
着工 未定
完成予定時期 2027年
引用元資料
詳細リンク

北仲通北B-1地区の詳細記事

横浜市中区海岸通計画(横浜郵船ビル・横濱ビル建て替え)

用途 オフィス・商業施設・教育施設等
延床面積 約88,600㎡
階数 22階
高さ 約112m
着工 2024年
完成予定時期 2028年以降
引用元資料 (仮称)横浜市中区海岸通計画に係る計画段階配慮書
詳細リンク

横浜市中区海岸通計画の詳細記事

関東学院大学キャンパス

用途 大学キャンパス等
延床面積 約25,221㎡
階数 17階
高さ 約75m
着工 2018年7月以降
完成予定時期 2022年4月
引用元資料 横浜市/教育文化センター跡地活用/事業予定者に関東学院大学、22年4月開校へ
詳細リンク

関東学院大学キャンパスの詳細記事

横浜ユナイテッドアリーナ

用途 アリーナ、ホテル、店舗等
延床面積 アリーナ棟約15,514㎡、ホテル棟約4,158㎡
階数 アリーナ棟3階、ホテル棟7階
高さ 調査中
着工
完成予定時期 2024年4月
引用元資料 横浜文化体育館再整備事業の落札者を決定しました!
詳細リンク

横浜ユナイテッドアリーナの詳細記事

横浜山下町地区第一種市街地再開発事業B-2街区

用途 ホテル等
延床面積 約20,076㎡
階数 19階
高さ 調査中
着工 2020年3月
完成予定時期 2022年春
引用元資料
詳細リンク

横浜山下町地区第一種市街地再開発事業B-2街区の詳細記事

横浜市役所跡地再開発計画

用途 イノベーションオフィス・新産業創造拠点・ウェルネスセンター・大学・ライブ書店・エデュテイメント施設・交通結節拠点・ホテル・ライブビューイングアリーナ等
延床面積 約131,000㎡
階数 34階
高さ 約180m
着工 2021年1月以降
完成予定時期 2024年6月行政棟先行オープン、2025年3月全体オープン
引用元資料 横浜市の公式プレスリリース
詳細リンク

横浜市役所跡地再開発計画の詳細記事

関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業

用途 オフィス・シェアキャンパス・ベンチャー企業成長支援拠点・住宅・商業施設・スカイラウンジ
延床面積 約88,500㎡
階数 31階
高さ 約150m
着工 2025年度以降
完成予定時期 2029年度
引用元資料 関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業 事業協力に関する基本協定書を締結
詳細リンク

関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業の詳細記事

山下ふ頭再開発

用途 未定
延床面積 未定
階数 未定
高さ 未定
着工
完成予定時期 2020年頃から着手予定
引用元資料 横浜市山下ふ頭開発基本計画
詳細リンク

Project

竣工した再開発

横浜市市庁舎移転新築工事

竣工年 2020年
用途 市庁舎・市議会議事堂・店舗など
階数 32階
高さ 約155m
延床面積 約143,449㎡
引用元資料 横浜市新市庁舎移転新築工事 基本設計
詳細リンク

横浜市市庁舎移転新築工事の詳細記事

ザ・タワー横浜北仲・北仲ブリック&ホワイト

竣工年 2020年
用途 住宅・ホテル・オフィス・店舗・学習塾等
階数 58階
高さ 約200m
延床面積 約168,286㎡
引用元資料 三井不動産 プレスリリース
詳細リンク

ザ・タワー横浜北仲商業施設北仲ブリック&ホワイトの詳細記事

ハイアットリージェンシー横浜

竣工年 2020年
用途 ホテル・店舗・婚礼施設等
階数 22階
高さ 約75m
延床面積 約29,336㎡
引用元資料 PR TIMES
詳細リンク

ハイアットリージェンシー横浜の詳細記事

横浜武道館

竣工年 2020年
用途 アリーナ、武道場、病院等
階数 アリーナ棟4階、病院棟7階
高さ
延床面積 アリーナ棟約14,514㎡、病院棟約7,600㎡
引用元資料 横浜文化体育館再整備事業の落札者を決定しました!
詳細リンク

横浜武道館・サブアリーナの詳細記事

アパホテル&リゾート<横浜ベイタワー>

竣工年 2019年
用途 ホテル・集会場・店舗等
階数 35階
高さ 約135m
延床面積 約64,517㎡
引用元資料 日本最大級ホテル アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉 本日起工式開催
詳細リンク

アパホテル&リゾート横浜ベイタワーの詳細記事

Follow

フォローして情報を受け取る

全カテゴリ一覧(サイトマップ)はこちら

都市レポへの広告掲載のご案内

Redevelopment News

関内・馬車道・山下ふ頭の再開発ニュース

横浜

北仲通北B-1地区開発計画は2027年完成予定。日新や東急不動産等が再開発に参画。

最終更新:2021年5月29日

横浜

横浜郵船ビル&横濱ビルが建て替え&再開発へ。日本郵船と三菱地所が「横浜市中区海岸通計画」を整備。

最終更新:2021年5月29日

横浜

関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業は三菱地所等が高さ約150mの超高層複合ビルを計画

最終更新:2021年5月29日

ラクシスフロントのフードホールの完成予想図内観イメージ

横浜

ラクシスフロントのテナント店舗&周辺のバイト求人は?京急による横浜市役所商業施設はいつオープン予定?

最終更新:2021年3月15日

横浜

「北仲通北A-1・2地区」計画判明。住友不動産と大和地所がホテルとタワーマンションからなる再開発

最終更新:2021年5月29日

北仲ブリックホワイト歴史広場完成イメージ

横浜

北仲ブリック&ホワイトのテナント店舗&周辺のバイト求人は?馬車道の商業施設はいつオープン予定?

最終更新:2021年3月15日

横浜

横浜市役所跡地に三井不動産等による超高層再開発、行政棟は星野リゾートによるホテル・商業施設。大学やライブビューイングも!いつオープン?

最終更新:2021年3月15日

横浜

ザ・タワー横浜北仲商業施設のテナント店舗&周辺のバイト求人は?いつオープン予定?

最終更新:2021年3月15日

横浜

横浜山下町地区第一種市街地再開発事業B-2街区は19階建ての高層高級ホテルを建設!

最終更新:2019年11月27日

横浜

アパホテル&リゾート横浜ベイタワーは2019年9月オープン予定!

最終更新:2021年3月15日

About

都市レポについて

都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。今後ともよろしくお願いいたします。