Redevelopment

東京23区の再開発情報

東京では大規模再開発が目白押し!

東京では2000年代より老朽オフィスビル等の新陳代謝が進んでおり、丸の内・大手町・汐留・豊洲・品川など多くのエリアで再開発が行われました。

現在も大規模な再開発が都心3区を中心に無数に進行中です。

300m級ビルの計画が複数進行中!

現在300mを超えるビルは大阪の「あべのハルカス」のみで、横浜ランドマークタワーが300mを僅かに下回りますが、東京ではそれらを超える超高層ビルが2棟計画されています。

高さ390mの「常盤橋再開発B棟」は2027年度竣工予定、高さ325mの「虎ノ門・麻布台地区 A街区」は2023年度竣工予定と完成するのはまだ先になりますが、どちらも東京の景観を大きく変えるランドマークとなりそうです。

東京駅周辺エリアと虎ノ門周辺「大街区」エリアの再開発が熱い!

東京では様々な地区で再開発が進行中ですが、中でも東京駅周辺(丸の内・大手町・八重洲・日本橋等)エリアと虎ノ門・赤坂・神谷町周辺エリアに再開発案件が密集しています。どちらのエリアもすでに高密度な超高層ビル街が形成されていますが、東京のCBDとしてさらなる発展を遂げていきそうです。

Hot Area

東京23区主要エリアの再開発情報

About

都市レポについて

都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。今後ともよろしくお願いいたします。