コストコの店舗イメージ画像

画像引用元:コストコホールセールジャパンの公式ニュースリリース

コストコが三重県亀山市の亀山IC近くに出店へ!いつオープン?場所はどこ?

全国に続々出店中の大型倉庫型スーパー「コストコ」

大型倉庫型会員制スーパーのコストコホールセールは、アメリカのシアトル初の会員制「倉庫型」スーパーで、家電から食料品まで幅広い品揃えと、低価格さが特徴です。

北海道から九州まで、全国に27店舗を展開しており(2020年7月現在)ます。

東海地方には岐阜県羽島市に「岐阜羽島倉庫店」、愛知県常滑市に「中部空港倉庫店」、静岡県浜松市に「浜松倉庫店」が出店済みですが、三重県には未出店です。

2021年頃までにおいても、名古屋市守山区や、北海道石狩市熊本県御船町などへコストコの出店が具体的に進行中で、今後も出店が続くものと思われます。

三重県内へのコストコの出店は今後可能性があるのか?最新情報で解説いたします。

コストコには「出店条件」がある

コストコでは、

  • 半径10km圏内に50万人以上の人口がいる。
  • 車でのアクセスが良好(高速インターや幹線道路と接続できる)
  • 敷地面積約7,000坪(約23,140㎡)以上の敷地を確保できる
  • 駐車場収容台数が約800台以上

といった、施設の敷地と立地条件における条件があるようです。

三重県亀山市にコストコが出店する計画が最終調整段階へ

三重県は東海地方の一翼を担い、製造業などを始め大型の産業が発達した県のひとつです。

2021年6月の中日新聞の報道によると、今後3〜4年の間に三重県にコストコを出店する意向であることが、コストコホールセールジャパンによる報道機関向けの内覧会で明らかになっています。

<中日新聞>三重にコストコ出店を検討 支社長「3、4年の間」

さらに2022年2月の読売新聞の報道によると、三重県亀山市の亀山インターチェンジ近隣に出店予定として、最終調整段階に入っていることが明らかになりました。

三重県亀山市や地元との交渉が順調に進めば、2024年前後までにはコストコの大型倉庫店が進出しそうです。

<読売新聞>コストコ、三重県初出店へ…亀山IC近くで最終調整

三重県亀山市のコストコの場所はは亀山IC近くとなる予定

東名阪自動車道経由で広域から集客できる立地であることから、亀山IC近くにコストコの進出が積極的に検討されているようです。

コストコは10年後に60店舗を目指して出店!

  • 産経新聞の2021年3月の報道によれば、コストコは今後10年で全国で現在27店舗の倉庫店を、2倍以上の60店舗程度まで増やすことを明らかにしており、全国各地に続々と出店するものと思われます。

三重県から近い位置にあるコストコ

三重県から近い位置にて現在営業中のコストコを紹介します。

コストコホールセール中部空港倉庫店

コストコホールセール中部空港倉庫店は、セントレアの対岸のりんくうICに直結する、交通アクセスの良い立地にあるコストコです。

三重県からは高速道路でダイレクトにアクセスが可能です。

コストコホールセール岐阜羽島倉庫店

岐阜羽島ICからダイレクトにアクセスができ、三重県からは高速道路でアクセスが可能です。

周辺には大型のショッピングセンターなどもあり、開発が進んでいるエリアです。

Follow

フォローして情報を受け取る

About

「DOWNTOWNREPORT.NET」について

「DOWNTOWNREPORT.NET」は主に人気チェーンストアに関する情報や出店分析などのライフスタイルコンテンツで構成されるウェブサイトです。

今後も様々な情報を提供していきます。