北広島ボールパーク構想!日本ハムファイターズ新球場はいつどの場所にできる?

最終更新:2018.05.15

北海道日本ハムファイターズの新球場・ボールパーク建設地が候補地の1つだった北広島市の「きたひろしま総合運動公園」内に決定しました。

候補地はいくつかありましたが、最終的に残ったのは札幌市南区の「道立真駒内公園」と北広島市の「きたひろしま総合運動公園」の2箇所でした。

北広島ボールパークはいつ開業するの?

北広島ボールパークは日本ハムファイターズ、北広島市、各報道機関の発表によると、2023年の開業を目指すことになりそうです。

2023年にすべての施設を完成させることが難しい場合は、新球場など中核施設のみの開業とし、レクリエーション施設等は段階的に整備していくことも検討されているようです。この施設規模となると、着工は2020年〜2021年ごろとなるのではないでしょうか?

建設費はボールパーク全体で500億円〜600億円を想定しており、社運をかけた一大事業となりそうです。

北広島ボールパークの場所・予定地・住所はどこになる?

北広島ボールパークは、北広島市の「きたひろしま総合運動公園」内を予定しています。きたひろしま総合運動公園の敷地面積は約36.7ヘクタールと大変広く、自由な設計でボールパークを整備でき、また公園の緑と両立したボールパークを整備することが可能だと思います。

北広島ボールパークの予定地地図

北広島ボールパークの交通アクセスは?新駅はできる?

北広島ボールパーク予定地は、JR千歳線北広島駅からおよそ1.5kmの位置にあります。ボールパーク予定地のすぐ北側を千歳線の線路が走っているので、そこに新駅を設置する構想もありますが、既存の北広島駅からの距離が近く、JR側は整備計画は未定と発表しています。

既存の北広島駅を最寄り駅として活用する場合は、1.5kmと徒歩圏内ではありますが距離が少々遠く、バス便の増発など対策が必要になってきます。

ボールパーク開業後の賑わいを見て、JR側は新駅の整備を検討したいというのが本音なのではないでしょうか?

北広島市側はJR北海道に新駅設置や列車の増便を要望し、同時に道路等のインフラ整備も進める方針で、北海道も支援を表明しています。

また、北広島市は札幌市よりも新千歳空港に近く、海外からの観光客の誘致に有利な面も魅力です。

北広島市のボールパーク提案書

北広島市は、2016年12月20日に「北海道日本ハムファイターズ ボールパーク用地に関する提案書」を提案しています。そこにボールパーク構想の詳細や北広島市案を採用するメリットなどが詳細に記述されています。

北海道日本ハムファイターズ ボールパーク用地に関する提案書

新球場に屋根はあるの?ドーム化はされる?

北広島市の提案書を見ると、現在整備が中途半端な状態となっている「きたひろしま総合運動公園」を新球場を核としたボールパークに生まれ変わらせることがわかります。

公園の北西側に「スタジアム」が描かれていますが、可動式の屋根が描かれていることから、開閉式屋根つきのスタジアムとなることを検討していることがわかります。

また、開閉式ではなく透明の樹脂を使った屋根を設置する案もあるようです。

画像引用元:北海道日本ハムファイターズ ボールパーク用地に関する提案書

新球場は天然芝?人工芝?

日本ハムグループの構想によると、新球場は、天然芝となるようです。開閉式の屋根もしくは透明の樹脂の屋根とすることで、雨天や冬季の雪にも対応する予定となっています。

北広島ボールパークには新球場の他に何ができるの?

新球場の周辺には、

  • ファンや観光客が宿泊、滞在ができるホテル
  • 温浴施設(スーパー銭湯的な施設)
  • レストラン
  • 公園
  • 屋外球場
  • 住宅・子育て支援施設

などの整備が計画されているようです。中でもボールパーク内にある住宅、子育て支援施設とはどのようなものになるのでしょうか?日本ハムファイターズファンにとっては最高の住宅になるのではないでしょうか?

また、北広島市の提案書によると、ショッピングモールに加え、既存の緑地資源を活かしたゴーカート、森のキャンプ場などといったレジャー施設も構想されているようです。

都市レポは全国の再開発情報をまとめたサイトです

札幌・北海道の再開発情報は以下のページにまとめております。よろしければご覧ください。

札幌・北海道の再開発情報

Share

このページを共有

Follow

購読する

Pickup City

注目の都市

Pickup Contents

注目のコンテンツ

Profile

運営者について

運営者プロフィール

工学院大学建築都市デザイン学科卒業。普段はフリーランスのWebデザイナーとして企業のホームページ制作やWebメディアの構築などを行っております。また、個人サイト運営にも力を入れており、このサイトの他にも複数のウェブサイトを運営しております。

運営者情報

運営者氏名 長島 圭佑 Keisuke Nagashima
屋号 七変化デザイン
事業内容 ホームページ制作・Webデザイン
Webサイト・Webメディア運営
事務所所在地 〒389-0804 長野県千曲市戸倉1866-1市川ビル2F
連絡先 info[アットマーク]downtownreport.netまたは、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。