南池袋二丁目B地区市街地再開発

投稿日時:2018.4.25.15:01 / 最終更新:2018.9.24.13:58

南池袋二丁目B地区市街地再開発について

「南池袋二丁目B地区市街地再開発」は、豊島区役所が入居する超高層タワーマンション「としまエコミューゼタウン」の南側のブロックで進行中の再開発プロジェクトです。

超高層のA棟と低層のB棟・C棟で構成され、超高層のA棟は高さ約195m、地上57階建ての超高層タワーマンションとなります。2022年度の着工、2025年度の竣工を目指しており、A棟・B棟・C棟の合計延べ床面積は約137,800㎡の規模となります。

完成予想イメージ

画像引用元:延べ約14万㎡、総事業費560億/南池袋二丁目B準備組合

計画概要

用途 住宅・オフィス・商業施設・保育施設等
延床面積 約137,800㎡
階数 57階
高さ 約195m
完成予定時期 2025年度

再開発が活発化する東池袋駅周辺エリア

東池袋駅周辺では、「南池袋二丁目B地区市街地再開発」の他にも、高さ約190m・約185mのツインタワーマンションを中心とした再開発「南池袋二丁目C地区市街地再開発」や、高さ約125mのタワーマンション「東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業」も進行中で、既存のタワーマンションも含め、それなりの規模のタワーマンション街を形成しそうです。

また、サンシャインシティの東側のブロックには「東京国際大学 池袋国際キャンパス」が開学予定で、東池袋エリアの活性化が進みそうです。

池袋の再開発情報

全カテゴリ一覧(サイトマップ)はこちら

再開発情報を地域別でまとめてあります。

再開発情報を地域から探す

全国で計画されている鉄道新路線・新駅をまとめてあります。

全国の鉄道新路線・新駅情報

About

このサイトについて

都市レポについて

都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。まだまだ未熟なサイトですが、今後ともよろしくお願いいたします。

このサイトについて
お問い合わせ