天神コア・福岡ビル・天神ビブレが一体建て替え再開発を構想!2024年完成目標!

最終更新:2018.09.26

最新の記事はこちらです

福ビル街区建替プロジェクト1期の概要が判明!高さ96m!2023年12月竣工!

天神エリアで新たな再開発の動き!

天神エリアの中心地にある、「福岡ビル」「天神コア」そして「天神ビブレ」を一体的に再開発する構想が明らかになりました。再開発の中心となるのは、「福岡ビル」と「天神コア」を所有する西日本鉄道となりそうです。

対象となるビルの位置図

天神の中心地、地下鉄天神駅の直上の角地に位置するため立地条件は最高だと思います。オフィスビルやホテル、商業施設などの都市型施設の入居が検討されるのではないでしょうか?

天神ビックバンによる規制緩和で100m弱の高層ビルが誕生か?

「福岡ビル」「天神コア」「天神ビブレ」は、再開発促進のための規制緩和「天神ビックバン」の対象地域に入っています。

福岡市の下記資料によると、規制緩和後の高さ制限は、約94m〜99mと、100m近い高層ビルの建設が可能となっております。

敷地は福岡市役所にもほど近く、天神エリアのほぼ中心に位置しているため、高さ制限をほぼ使い切る高層ビルが建設される可能性が高いと思われます。

画像引用元:『天神明治通り地区』と『ウォーターフロント地区』における 航空法高さ制限が緩和されました!

天神コアは2020年3月末閉店

商業ビル「天神コア」は、1976年に開業し、天神エリアのファッション・商業ビルとして親しまれてきました。天神コアは2020年3月末で閉店を予定しており、テナントとの退店交渉を進行しているとのことです。

天神ビブレ部分の開発は遅れる可能性も

天神ビブレ部分の再開発は、地権者との交渉に時間がかかっており、場合によっては、「福岡ビル」と「天神コア」を先行再開発し、遅れて「天神ビブレ」部分を増築という形で再開発する計画も考えられています。

天神エリアでは他にも大規模再開発が目白押し!

天神エリアでは「天神ビックバン」構想の適用に伴い、雨後の筍のように再開発が進行中です。

地上16階建て、高さ約76mの高層オフィスビル「天神ビジネスセンター」や、地上24階建て、高さ約110mの超高層複合ビルを含む大規模再開発「旧⼤名⼩学校跡地活⽤事業」など街を大きく変えるインパクトのある計画が進行中です。

今後の天神の大変貌に期待です。

最新の記事はこちらです

福ビル街区建替プロジェクト1期の概要が判明!高さ96m!2023年12月竣工!

関連する記事

天神の再開発情報

福岡の再開発情報

Share

このページを共有

Follow

購読する

Pickup City

注目の都市

Pickup Contents

注目のコンテンツ

Profile

運営者について

運営者プロフィール

工学院大学建築都市デザイン学科卒業。普段はフリーランスのWebデザイナーとして企業のホームページ制作やWebメディアの構築などを行っております。また、個人サイト運営にも力を入れており、このサイトの他にも複数のウェブサイトを運営しております。

運営者情報

運営者氏名 長島 圭佑 Keisuke Nagashima
屋号 七変化デザイン
事業内容 ホームページ制作・Webデザイン
Webサイト・Webメディア運営
事務所所在地 〒380-0921 長野県長野市 栗田源田窪1020番地1ステラビル4B
連絡先 info[アットマーク]downtownreport.netまたは、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。