川崎駅西口開発計画は2021年春完成!ホテル棟は2020年春完成!

投稿日時:2018.5.19.21:28 / 最終更新:2018.9.24.13:48

川崎駅西口開発計画について

川崎駅西口開発計画は、JR東日本グループにより建設が進められている、大規模再開発計画です。敷地は川崎駅の南西側(一部川崎駅西口ロータリーに面する)の約12,400㎡で、高さ約128m・地上29階建ての超高層オフィスビル、高さ約59m・地上16階建ての高層ホテル、低層の商業・フィットネス施設が建設されいます。全体の延べ床面積は約137,000㎡に及び、現在進行中の川崎駅周辺の再開発としては最大級となります。

ホテル棟は2020年春に完成し、東京オリンピック前の開業となる予定です。施設全体は2021年春の完成を予定しております。

完成予想イメージ

画像引用元:川崎駅⻄⼝開発計画の本体⼯事着⼿について

計画概要

用途 オフィス・ホテル・商業施設・フィットネス施設・保育施設等
延床面積 約137,000㎡
階数 29階
高さ 約128m
完成予定時期 2021年春(ホテル棟は2020年春)

川崎駅東口では川崎市役所新本庁舎の建設も進行!

川崎駅は最近は西口の勢いが強かったですが、川崎駅東口でも超高層オフィスビルとなる「川崎市役所新本庁舎」が建設中です。こちらは地上25階、高さ約116m、完成は2022年度を予定しています。

川崎駅周辺の再開発情報

全カテゴリ一覧(サイトマップ)はこちら

再開発情報を地域別でまとめてあります。

再開発情報を地域から探す

全国で計画されている鉄道新路線・新駅をまとめてあります。

全国の鉄道新路線・新駅情報

About

このサイトについて

都市レポについて

都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。まだまだ未熟なサイトですが、今後ともよろしくお願いいたします。

このサイトについて
お問い合わせ