白金一丁目西部中地区再開発は地上40階建て!

投稿日時:2017.12.29.11:49 / 最終更新:2018.9.24.14:04

白金高輪駅近くで検討されていた「白金一丁目西部中地区再開発」の計画概要が明らかになりました。地上40階建て・高さ約140mのタワーマンションを中心とした開発計画で、住宅の他に工場や保育所、店舗なども整備されます。

白金一丁目西部中地区再開発の完成予想イメージ

画像引用元:白金一丁目西部中地区再開発(東京都港区)/総延べ10万平米規模に/準備組合

白金高輪エリアでは再開発計画が目白押し!

白金高輪エリアでは「白金一丁目西部中地区再開発」の他にも3件の再開発計画が進行中で、高層化が進み、超高層マンション街と言っても良い密度になると予想されます。最大規模の再開発は「白金一丁目東部北地区市街地再開発」で、高さ約160m・地上45階建て、延床面積約134,500㎡のタワーマンションが誕生します。

白金一丁目西部中地区再開発の計画概要

用途 住宅・工場・店舗・保育所等
延床面積 約100,000㎡
階数 40階
高さ 約140m
完成予定時期 2025年度

全カテゴリ一覧(サイトマップ)はこちら

再開発情報を地域別でまとめてあります。

再開発情報を地域から探す

全国で計画されている鉄道新路線・新駅をまとめてあります。

全国の鉄道新路線・新駅情報

About

このサイトについて

都市レポについて

都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。今後ともよろしくお願いいたします。

このサイトについて
お問い合わせ