福島駅東口で再開発の動き!野村不動産が事業協力者に決定!

野村不動産は2018年5月11日に、福島駅東口で構想されている再開発「福島駅東口再開発」の事業協力者に決定したことを発表しました。

福島駅東口再開発の敷地

「福島駅東口再開発」が計画されている敷地は、JR福島駅の駅前に位置し、福島市の賑わい軸である駅前通りに面するほか、福島県庁が近隣に立地するなど、交通結節点かつ賑わいの中心地に位置します。

また敷地の東側では隣接して福島県立医科大学が2021年4月の保健科学部の開校へ向けて校舎を建設しており、大学と連携した再開発の形も模索されると思われます。

画像引用元:『福島駅東口第一種市街地再開発事業』 事業協力者に決定

福島駅東口のランドマークが誕生!

「福島駅東口再開発」では、福島の新たなランドマークとなる高層ビルが計画されており、主な用途は住宅と商業施設、ホテル等を予定しています。

福島市で最も高いビルは現在福島県庁近くにある「シティタワー福島」です。当計画は敷地面積が広く、タワーマンションとなる場合は、「シティタワー福島」を大きく超える高さとなることも予想されます。

場合によっては、郡山市にある高さ約133mの郡山ビックアイを超える高さになり、福島県一の超高層ビルとなる可能性もあり、今後の詳報に期待です。

Follow

フォローして情報を受け取る

About

都市レポについて

都市レポは3大都市圏を中心に、都市を大きく変える再開発情報をデータベース化してまとめたWebサイトです。再開発情報は随時更新・追加していきます。今後ともよろしくお願いいたします。