虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業は高さ323m!2023年完成

最終更新:2018.09.24

虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業について

前々から構想されていた、虎ノ門・麻布台地区の再開発の概要が明らかになりました。なんと現在日本一の高さを誇るあべのハルカスよりも高い、最高高さ323mの日本一の高層ビルを中心とした再開発が計画されています! イメージパースを見ても周辺の200m級の高層ビルが小さく見えてしまうほどの規模となります。

高さ323mを誇るA街区

A街区のビルはアークヒルズ仙石山森タワーを巨大にしたようなデザインで、高さ323m、主な用途はオフィスと住宅となります。住宅部分は日本最高層の300m超えの住戸も出てくると思われ、超高級なお値段になることが予想されます。

高さ263mのB1街区と高さ233mのB2街区

日本でも有数の高さとなる263mと233mの巨大タワーマンションが建設されます。こちらも立地とスペックを考慮すると庶民には手の届かない金額になることが予想できます。B2街区のタワーマンションの低層階には大型ホテルが入居する予定となっております。

完成予想イメージ

画像引用元:都市再生特別地区(虎ノ門・麻布台地区) 都市計画(素案)の概要

虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業A街区の計画概要

用途 オフィス・住宅・店舗・インターナショナルスクール・子育て支援施設等
延床面積 461,840㎡
階数 65階
高さ 約323m
完成予定時期 2023年3月

虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業B-1街区の計画概要

用途 住宅・オフィス・保育所等
延床面積 187,190㎡
階数 64階
高さ 263m
完成予定時期 2023年3月

虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業B-2街区の計画概要

用途 住宅・ホテル等
延床面積 167,520㎡
階数 53階
高さ 233m
完成予定時期 2023年3月

虎ノ門・赤坂・神谷町の再開発情報

Share

このページを共有

Follow

購読する

Pickup City

注目の都市

Pickup Contents

注目のコンテンツ

Profile

運営者について

運営者プロフィール

工学院大学建築都市デザイン学科卒業。普段はフリーランスのWebデザイナーとして企業のホームページ制作やWebメディアの構築などを行っております。また、個人サイト運営にも力を入れており、このサイトの他にも複数のウェブサイトを運営しております。

運営者情報

運営者氏名 長島 圭佑 Keisuke Nagashima
屋号 七変化デザイン
事業内容 ホームページ制作・Webデザイン
Webサイト・Webメディア運営
事務所所在地 〒380-0921 長野県長野市 栗田源田窪1020番地1ステラビル4B
連絡先 info[アットマーク]downtownreport.netまたは、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。