イオンモール平塚はいつオープン(開業)する?テナントは?着工延期は建設費高騰が理由

最終更新:2019.01.03

イオンモール平塚について

イオンモール平塚は、土地区画整理事業が進行中の「ツインシティ大神」地区に建設予定の大規模商業施設です。

平塚市と寒川町では、東海道新幹線新駅設置構想と連動した再開発・区画整理事業「ツインシティ」を進めています。

寒川町側の「ツインシティ倉見地区」と、イオンモール平塚が建設される平塚市側の「ツインシティ大神」の2地区に分かれて開発が進行中です。

施設の規模

延べ床面積は現在調査中です。敷地面積は約126,000㎡となっており、延べ床面積150,000〜200,000㎡の巨大な商業施設を建設可能と思われます。

完成・開業時期

2020年以降の開業を予定しています。

イオンモール平塚の外観・内観イメージ

外観イメージ

延期前の当初の計画での外観イメージ図です。分棟型の商業施設となっており、中央にトランジットモールも整備予定です。屋根についているのは太陽光発電設備でしょうか?ツインシティのコンセプトである「環境共生都市」と連動した計画ですね。

画像引用元:(仮称)イオンモール平塚 物件情報

イオンモール平塚の計画概要

用途 商業施設等
延床面積 調査中(敷地面積約126,000㎡)
階数 調査中
高さ 調査中
完成予定時期 2020年以降

場所・アクセス

イオンモール平塚は、平塚市北部の平塚市中心街よりも厚木市街に近い位置に建設予定です。

すぐそばを東海道新幹線が通っており、新駅の設置構想もあります。

鉄道でのアクセスは、土地区画整理事業の進行とともに計画されているツインシティ橋が整備されると倉見駅が最寄り駅となり、約2km弱の距離があり、徒歩での来館には気合が必要そうです。

イオンモール平塚の敷地は国道129号線に接しており、車でのアクセスは抜群です。

出店予定のテナント・店舗

出店予定の店舗はまだ具体的には明らかになっていません。分かり次第追記予定です。

神奈川・横浜・新宿の再開発情報

神奈川県内の再開発情報は下記のページにまとめてあります。

神奈川の再開発情報

横浜市内・横浜駅の再開発情報は下記のページにまとめてあります。

横浜の再開発情報

横浜駅周辺・ポートサイド地区の再開発情報

新宿の再開発情報は下記のページにまとめてあります。

新宿・西新宿・歌舞伎町の再開発情報

Share

このページを共有

Follow

購読する

Pickup City

注目の都市

Pickup Contents

注目のコンテンツ

Profile

運営者について

運営者プロフィール

工学院大学建築都市デザイン学科卒業。普段はフリーランスのWebデザイナーとして企業のホームページ制作やWebメディアの構築などを行っております。また、個人サイト運営にも力を入れており、このサイトの他にも複数のウェブサイトを運営しております。

運営者情報

運営者氏名 長島 圭佑 Keisuke Nagashima
屋号 七変化デザイン
事業内容 ホームページ制作・Webデザイン
Webサイト・Webメディア運営
事務所所在地 〒380-0921 長野県長野市 栗田源田窪1020番地1ステラビル4B
連絡先 info[アットマーク]downtownreport.netまたは、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。