アクアイグニス仙台は2021年10月オープン!大型温泉施設や農園・マルシェからなる複合商業施設

投稿日時:2019.4.3.13:59 / 最終更新:2019.6.8.08:05

温泉を中心とした複合施設「アクアイグニス仙台」が仙台市若林区に誕生!

東日本大震災による被災のため集団移転が行われた仙台市藤塚地区に、温泉やレストラン、マルシェ、農園などが複合する施設「アクアイグニス仙台」を開業する計画を仙台市の建設会社「深松組」が発表しました。

仙台市東部沿岸部の集団移転跡地の利活用に係る事業候補者の決定について

施設の規模

「アクアイグニス仙台」は、メインの約7,600㎡の温泉棟を中心に、マルシェ棟、物販棟、ベーカリー棟、レストラン棟、スイーツ棟の5棟合計約2,700㎡の計6棟で構成され、総延べ床面積は約10,300㎡を見込んでいます。

敷地面積は約34,000㎡と広大で、田んぼビオトープや収穫体験ができる畑、いちご、トマトのハウスも設置され、木々で囲われた平面の大型駐車場も整備されます。

仙台空港からのアクセスもよく、外国人観光客の来客も見込める、注目のスポットとなりそうです。

仙台市藤塚地区の他のブロックでは、アクアイグニス仙台のほかに、大型の太陽光発電所が設置されるほか、その他の土地は公共利用がされる予定となっています。

完成・開業時期

アクアイグニス仙台は2020年春の着工、2021年10月の開業を予定しています。

更新情報

2019/4/3記事作成

アクアイグニス仙台の完成予想イメージ

外観イメージ

外観イメージは、建設通信新聞のWebサイト上で公開されています。木質系の素材感のある、おしゃれで近代的なデザインの建物となりそうです。

丘のようなランドスケープも造成される予定となっています。(津波避難対策も兼ねる?)

深松組、21年10月完成へ/「AQUAIGNIS仙台」建設/温泉と食を複合

アクアイグニス仙台の計画概要

用途 温浴施設・商業施設・農園等
延床面積 約10,300㎡
階数 最大3階
敷地面積 約34,000㎡
完成予定時期 2021年10月

場所・アクセス

アクアイグニス仙台は、仙台市若林区の沿岸部・藤塚地区に開業予定です。

高速名取ICから近距離でアクセスでき、広域からの集客が見込めそうです。

仙台空港からのアクセスもよく、観光客にも好評な施設になりそうです。

仙台市中心街からは離れていますが、開業後は仙台市の新名所として脚光を浴びそうです。

仙台の再開発情報

仙台市内の再開発情報は下記のページにまとめてあります。

仙台の再開発情報

仙台市中心部の再開発情報は下記のページにまとめてあります。

仙台駅周辺・仙台市中心部の再開発情報

全カテゴリ一覧(サイトマップ)はこちら

再開発情報を地域別でまとめてあります。

再開発情報を地域から探す

全国で計画されている鉄道新路線・新駅をまとめてあります。

全国の鉄道新路線・新駅情報

Profile

運営者について

運営者プロフィール

工学院大学建築都市デザイン学科卒業。普段はフリーランスのWebデザイナーとして企業のホームページ制作やWebメディアの構築などを行っております。また、個人サイト運営にも力を入れており、このサイトの他にも複数のウェブサイトを運営しております。

運営者情報

運営者氏名 長島 圭佑 Keisuke Nagashima
事業内容 Webサイト・Webメディア運営
事務所所在地 〒380-0921 長野県長野市 栗田源田窪1020番地1ステラビル4B
連絡先 info[アットマーク]downtownreport.netまたは、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。